姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢中になれる何かを持つこと

<<   作成日時 : 2008/05/12 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

その作品を日本語で読めることを喜びとしている作家の一人に、池波
正太郎があります。これは、その一冊の『ないしょないしょ』。
於福という娘の16歳から36歳で亡くなるまでの、数奇な運命を
たどった本ですが、彼女を取り巻く登場人物のなかに、かの「剣客
商売」の秋山小兵衛も出てきたりするので、「剣客商売」を堪能して
読んだ人にも楽しめる小品です。

於福が江戸にやってきて、奉公にあがった三浦という粋な老人に
手ほどきを受け一心に稽古するものとして、手裏剣術が描写されています。
世話になったその老人が、因縁のあった浪人に斬殺されてからというもの、
またその後さまざまなひとびとのもとで働いているときも、於福は手裏剣の
稽古を怠りませんでした。
池波正太郎が書くところの「何も彼も忘れて……」うちこめる、とくに躯を
使った何かをもつことが、人間にとって重要だというメッセージは、いつも
頭のどこかにおいておきたいと思うのです。

商売柄パソコンのキーを日がな叩いていることが多くて、なんだか右の
手首が痛い……どうせ痛いと思うなら、於福のように手裏剣の稽古で
もって痛くなりたい、などと身勝手を言ってみたりして。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
早速お邪魔します★
本棚メインなんですね(^^)
私はミステリと歴史ものが好きなので、
参考にさせてもらいたいと思います〜
よろしくお願いします!

うちにも良かったら遊びに来て下さいねー(・ω・)
http://ameblo.jp/tukine318/
月猫
2008/05/13 23:47
月猫さん、さっそくご訪問ありがとうございます。
ミステリ好きとは、うれしい限りです(>O<)P
ゆっくりした更新ですが、またいらしてくださいね〜

月猫さんの方にも、お邪魔させていただきます!
よろしくお願いします!
小むらさき
2008/05/14 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢中になれる何かを持つこと 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる