姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の中の7分の4

<<   作成日時 : 2008/07/02 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

偶然見つけた、しかも現在は絶版の本ですが、とても
面白かったので、書いてみたいと思います。絶版とは
いっても、このタイトル『女はみんな女神』を検索すると、
PDFのダウンロードファイル(無料)で読めますので、
かえって手軽かもしれません。

著者は日系アメリカ人のジーン・シノダ・ボーレンという
精神科医で、もともとユングに興味があったとのことです
が、単なる二元論(外向型/内向型)だけでは説明が
つかない、ということで、一人の女性の中に7つの元型を
見いだしました。ギリシャ神話の女神たちです。それぞれ
性質や役割や強みが異なり、女性の人生のステージごとに、
発言力を増す女神や、まったく働かない女神がいる、と
述べています。 7人の女神たちとは:

アルテミス(狩と月の女神):自分の目標を決め、それを
   達成できる。独立心に富む。女性との友情。
アテーナー(知恵と工芸の女神):論理的思考で戦略が
   建てられる。男性との同盟関係。
ヘスティアー(炉と神殿の女神):孤独を楽しめる。
   精神性を重視。
ヘーラー(結婚の女神):生涯にわたり他人にコミット
   できる誠実さ。
デーメーテール(穀物の女神):母性的に養育できる。
ペルセポネー(冥界の女王): 受容的な性質。想像力や
   夢を重視。
アプロディーテー(愛と美の女神):快楽と美を享受。
   官能的で創造的。

これらの女神が何人か一緒に、あるいは一人だけが顕著に
一人の女性の心中で、彼女が人生を全うしていくための
(その時々での)基礎となります。

読んでいて、あ、この女神の性質は私と似てるかも、とか、
この面ではこの女神風の対応を、無意識のうちにとっている
かも……などと、自分と当てはめながら先へ先へと読み
進められてしまいます。
ちなみに、私の中に住んでいそうなのは、アルテミス、
アテーナー、ヘスティアー、ペルセポネーです。残りは、
多分、どこかへ旅行中かも(笑)。

著者は、何か問題が起きたときに、例えば自分の中の
デーメーテールに、寛大さを使う方法を教えてほしい、と
祈ることで、現実の困った局面に対処できるきっかけを
得られる、と書いています。実際、この方法は私も試して
みたいと思っています。生きていくのが、少しでも楽に
させてくれる本(?)だと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小むらさきさん、こんばんは♪
にぽぽもヘーラーとデーメーテール、アプロディーテーはしばらくお目にかかっていないです(笑)

ギリシャ神話はとっても身近なので、楽しく読み進めそうな本ですね!
最近は日本の神話を読んでいるのですが(名前が複雑で、読んでてこれは誰だっけ?となってますが)、とてもギリシャ神話に類似しているので、おもしろいな〜と思っています。
にぽぽ
2008/07/03 21:43
にぽぽさん、こんばんは〜!

まぁ、なんという共時性♪神話を
読んでいらっしゃるとは(^-^)。
日本の神話と、ギリシャ神話の
モチーフで、似ているところのある
エピソードもありますよね。
かたや東の果てと、かたや西の
文明の源に類似点があるとは……
ちょっと興味をかきたてられるような
気がしてきますね〜!!
小むらさき
2008/07/04 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の中の7分の4 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる