姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 推理漫才

<<   作成日時 : 2008/07/25 18:08   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

軽〜い感じの推理ものではイチオシの黒崎 緑著、『しゃべくり
探偵』をご紹介します。

なんと学生二人の掛け合い漫才のような形で話が進み、地の文が
ほとんどない、というユニークな形式です。ボケつつもホームズ
役を務めるのは東淀川大学の学生、保住純一くんと、友人で意外
にも(?)鋭いツッコミのワトソン役は、和戸晋平くん……二人
とも大阪弁のしゃべりで、どんどん話が進んでいくのです。

たとえ和戸くんいうところの「しょ〜もないシャレ」であっても、
ついついぷぷっ、とか吹き出してしまいそうになるので、一人に
なれるところで読んだ方がいいかと思われます(笑)。関東人の
サガなのか、どうしても大阪弁で書いてあると笑えてしまいそう
で、脳がちょっとしたシャレであっても過敏に反応してしまうの
かもしれませんが。

物語は4つの短編からなっているのですが、最初は、和戸くんの
ゼミの守屋教授(なんとなく感づいたでしょう……原作で言えば
かの犯罪の帝王モリ○ーティ教授です)に無理にでも参加する
ようにと勧められた旅行費用を作るために始めたヘンなバイトに
ついて、和戸くんから相談を受けた保住くんは、話を聞きながら
とある結論に達します。
また、2話目と3話目はどうにかつくったお金で参加した和戸くん
の旅行先、英国からも、そこで起きたハプニングについて、日本
からの遠隔操作(捜査?)で、見事に謎を見破るのです。
最後に、ここに1話から3話までのすべての謎が集約しているの
ですが、帰国後の第4話で締めくくられているのです。そして真の
黒幕とは……。

テンポの良い文体がなんとも心地よくて、楽しめる一冊です。



しゃべくり探偵―ボケ・ホームズとツッコミ・ワトソンの冒険 (創元推理文庫)
東京創元社
黒崎 緑

ユーザレビュー:
著者解説がすてきです ...
読みやすいです 4つ ...
ホームズのいる関西  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
推理漫才 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる