姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS ハードボイルド幽霊

<<   作成日時 : 2008/10/20 22:17   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

未亡人の書店主と、そこのお店にとり憑いてしまった私立探偵
(1949年に死亡 現在幽霊としてこの世に在留中(笑))の
コージーミステリを紹介したいと思います。著者は、アリス・
キンバリー、タイトルは『幽霊探偵と銀幕のヒロイン』この
シリーズの4冊目です。

ロードアイランド州キンディコッドという田舎町の町おこしの
ために、フィルム・ノワールの映画館が設立されました。主催者
は、書店主ペネロピー・ソーントン・マクルアの幼なじみで
大学の准教授のブレイナート・パーカー。そのこけら落としに、
かつての銀幕のヒロイン、ヘッダ・ガイスト、その孫娘の
ハーモニー・ミドルトン、ヘッダのかつての恋人(あくまでも
サプライズで)のピアス・アームストロング、が招かれます。
映画史家のアイリーン・リリー博士や脚本家なども講演を
行ったりサイン会をするために、ペネロピーのお店<バイ・
ザ・ブック>に出入りするのですが……。

幽霊になる前の私立探偵ジャック・シェパードは、このヘッダと
ピアスに絡んだ事件に遭遇したことがありました。生前の彼に、
夫の浮気調査をしてほしい、と依頼され、そのターゲットの
尾行中にヘッダの恋人と元恋人が鉢合わせした場面に居合わせた
のです。ペネロピーの夢の世界にかつて自分が関わった事件を
見せ、彼女を秘書にしたり相棒にしたりしながら現在の事件と
どうつながるか、二人で謎解きをしていくのです。

何故かペネロピーにしか見聞きできないタフでハードボイルドな
故・私立探偵とペネロピーの関係が、これからどうなっていくのか
が毎回の楽しみです。目覚めている現実では触れたりできない存在
の男性と、眠りの世界にいるはずなのに現実のような感覚で彼と
の触合いに心ときめかせるヒロイン……なんともステキなシチュ
エーション! ペネロピーを呼ぶ「なあ、ベイビー」がサマに
なる男はそうはいないでしょう。

キンディコッドの街の住人たる登場人物の皆さんとも、巻を重ねる
につれて顔なじみになってきました。それにしても、毎回イベントを
行うたびに事件がまきおこる本屋さんです(笑)。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミステリ書店inアメリカ
★★★本日発売 漫画★★★ ...続きを見る
職業、本屋さん。
2008/11/17 20:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
海外ミステリーは登場人物の名前が覚えづらくてあまり読まないのですが、ちょっと読んで見たくなりましたよ。

でもイベント事に事件の起こる本屋は嫌ですね〜。あと幽霊のお客…というよりスタッフ?も要りませんね(笑)夜中に本出ししてくれるとうれしいですが。
花曜
2008/10/21 14:29
確かにね〜、サイン会ごとに
その著者や関係者があの世行きでは
困ったものですが、でもそうでない
とミステリーになりませんし……
ジレンマですね(^ -^;;)d

この本の中の幽霊はまったく実用
向きではありません(笑)。
叩くはへらず口ばかりですが、
彼のコメントで多少は登場人物に
色彩がついて、読みやすくなると
思われます。シリーズものです
ので、人の名前は慣れです!!

小むらさき
2008/10/22 21:31
ミステリ書店読みましたよ。とても面白かったです♪
ジャックはなかなか魅力的ですね。
流石に本出しはしてくれなさそうです(笑)
ペネロピーはちょっと欲求不満なのかとも思えますが…。
S.マクラウドを読んだ高校生時代を思い出しましたよ。

記事にしてトラックバックなんかさせて頂きましたm(__)m
花曜
2008/11/17 20:21
おぉ〜お読みいただけましたか♪
楽しんでもらえたようで何より
です。しかもトラックバックまで
していただけたとは、こちらこそ
ありがとうです!!

ジャックはやっぱり街の路地とか
バーが似合いますよね。
ペネロピーも気を張ってなきゃ
ならないしがらみもあってなかなか
大変かも知れません。

こういうコージーミステリって、
謎解きプラス登場人物に味があって
とっても好きなんですよ〜(^O^)//
小むらさき
2008/11/17 20:51
初めてトラックバックをさせて頂きましたが、トラックバックって一方的なものなのですね。

トラックバックした(私)方にはリンクは貼られず、してもらった方(小むらさきさん)の方は貼られるようです。

記事にもリンクはしておきましたが、もし良かったら私の記事へトラックバックして頂けると、私のブログのサイドバーに表示されるんでお暇な時にやってみて下さい。

せっかく紹介してもらって一方的なのも悪いんで…。
花曜
2008/11/19 22:16
お知らせありがとうございました!
私も初めてトラックバックなる
ものをしてみましたので、うまく
いっているか不安なのですが……
どうでしょうか?!

もしちゃんと貼れてなかったら
教えてくださいませm(_ _)m.
小むらさき
2008/11/27 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハードボイルド幽霊 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる