姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 私も欲しい!

<<   作成日時 : 2009/03/04 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

『鴨川ホルモー』にて青地に龍を背中にしょったそろいの
浴衣の使い人たち、というのでまたぞろ再燃してきたこの熱
……そう、着物です。着物関連本ということで読んでみた
のが群ようこ著、『きものが欲しい!』です。

とかく着物というものははまるとなかなか出られない蟻地獄
のようなもので、呉服屋さんとのおつきあいもその一つで
ある、と著者は言っています。まさしく私もそう思っていた
とおりで、やれ何とかの会でお食事、だのかんとかのツアー
で展示会、だのの度に電話が鳴っては断るのに苦労したもの
です(最近はそこのお店の店長も代わり、もといた店員さん
も退職されたらしく静かなものですが)。

しかし! しかしなのです。何かの拍子に眠っていた着物を
箪笥から出してしまうと一人ファッションショーが始まって
しまうのです。こっちの帯をあわせたら、鹿の子の帯揚げを
入れてみようか、いくら渋好みでもあの帯締めは地味すぎる
かしら、等々、こういうことに知恵をまわすのだけは苦労が
苦労とは思えなくなるから不思議なんですね〜。

和の生活についていろいろ書いている平野恵理子さんとの
対談も、着物好き同士らしく話が弾んで、着物関連の小物は
増殖する、というくだりはまったくもってそのとおり、と
大きく頷いてしまいます。

著者自身は名古屋帯を自分で結べるようになる所まで先生に
ついた、とのことですが、着方は人それぞれだとつくづく
思います。かつては日常に着ていたものであり、また誰もが
雑誌に出てくるようなキレイキレイな着物ばかりを着たいと
思っているわけではないのですから。かくいう私も街着派で、
普段に着る着物が、つまり紬とかが欲しいなあ、と思って
いるのです。

着物を着ると、姿勢も良くなって、何かがピンと張られると
いうか、一本スジが通ったような感じがします。自分しか
見る者がいないからと言って、見苦しくなることがないよう
にする部分が大事、というようなことも著者は言っています。
こういう気合い、というか矜持などというものも、一見面倒
に見える着物を着ること自体によって培われるのかも、と
ふと思ってみたりして。



きものが欲しい! (角川文庫)
角川書店
群 ようこ

ユーザレビュー:
偶然に手にとって男に ...
365と一緒ではない ...
おもしろかったですど ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓姐としては縞の着物に黒紋付♡
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
にぽぽ母は、着物が好きで一時期あれこれと着物を買っておりましたが、その娘はそれを
しろーい目で見てました。
けど、血は争えないのか、最近は着物っていいな〜と思うようになってます。
江戸好き、和の生活が好きになったから影響もあるけど。
着物を着れるところまで至っていないのですが、最近は下駄サンダルを愛用してます。
鼻緒があると親指の付け根に力がはいって、姿勢がよくなりますね!

小むらさきさんの着物コーディネート、見せて欲しい〜!
応援( v^-゜)σ★
にぽぽ
2009/03/05 21:00
いいですよ〜やっぱり着物は♡
歴史好きの女性が増えてそういう
人向けのお店がある、という
ニュースを見ましたら、お気に入り
の武将の像に(例えば、伊達政宗
とか)会いにいく時は着物で行く、
という女性がいる、などと紹介
されていました。

にぽぽさんもお散歩がてら、
土方さんに和の雰囲気で会いに
行ってみられては……?!
お母様も母娘で和服でお出かけ
の楽しみができてきっと喜ばれ
ますよ♪

いつか、写真が撮れたらワタシの
コーディネートも見てやって
くださいまし(^o^;;)A.

小むらさき
2009/03/09 21:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
私も欲しい! 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる