姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫にはミステリ

<<   作成日時 : 2009/03/18 21:12   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

その忠実さと主人思いの点では犬の方に軍配があがるかも
しれませんが、神秘性という観点でみると、猫の方が多少
分があるように思われます。今回の本は若竹七海著、『猫島
ハウスの騒動』です。

神奈川県にあるという葉崎という街から、干潮時には歩いて
いける通称猫島の民宿の孫娘杉浦響子は、夏休みを祖母が
営む民宿の土産物コーナーで働いていました。両親が早くに
他界してしまったため、当時としてはちょっと高級だった、
洋風の民宿をしていた祖母に育てられてきたのです。
夏休みを幼なじみの菅野虎鉄(この名前に私は惚れてしまい
ました(笑))と一緒にバイトしながら過ごすつもりだった
のですが、二人は高校の修学旅行中のある事件で絶縁状態
なのです。

とはいえ、気になる虎鉄くん、猫島に渡ってきて、罰当たり
なものを見つけてしまうのです。この見つけるまでの経緯は
ちょっと横に置いておいて、ともあれ、たまたま休みで奥さん
孝行をしにきた刑事に通報されます。なんと被害者は刃物が
突きたった猫のぬいぐるみ(笑)!

猫のグッズ、島中を気ままに闊歩する猫、はては猫がご神体
の神社もあることもあって、こんな悪質ないたずらをした輩
を追いかけていくのですが、一人、二人と死体が増えていく
のはミステリのお約束でしょう。

離れ小島とはいっても横溝正史的におどろおどろしい(私の
勝手なイメージですが)場所ではありません。猫関係の書籍
を扱う翻訳家や、ロハスな生活をめざすイラストレーターに
コーヒーショップもあったりして、猫好きの人がちょっと
遊びにくるにはとてもいいところです。実は、そうした人々
の様子の方に気をとられて、すっかり謎を追う頭が働かなく
なっていたワタシです。

最後に犯人を取り押さえるときに何が活躍したかは、読んで
みてのお楽しみです。……そうそう、ちなみに、響子と虎鉄
の修学旅行での事件は最後まで分かりません。まったくこの
作者にはやきもきさせられました(笑)。



猫島ハウスの騒動 (カッパ・ノベルス)
光文社
若竹 七海

ユーザレビュー:
ミステリ初心者にも良 ...
猫たちににんまりミス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓台風一過、犯人逮捕!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
小むらさきさんの本のセレクトはユニークですね(^^
設定に頬が緩んでしまう。
猫島とは魅力的なところですけど、猫は好きなのに猫の毛アレルギーのにぽぽ・・・
近寄る事ができなそうです(TT)
にぽぽ
2009/03/19 22:32
えへへ、そうですか(^o^;;)?
微妙に広く、所々深く、偏って
狭く、笑っちゃうほど浅い……
カンジがします、我ながら(苦笑)。

ここの猫島はややさびれた
リゾート風ですが、人の生活が
あって哀しくなんかはならない、
バランスのとれた場所のような
気がします。
ま〜それでも島中を猫が闊歩
(ちなみにボス猫はポリス猫の
DCです)しているだけに、
アレルギーの方にはちょっと
ツライかも(-.=)y~~。
小むらさき
2009/03/23 21:38
こんにちは(・∀・)ノ   こむらさきさん、   猫づくしで猫好きが集まるそんな島があったら住んでみたいです。
猫吉
2009/03/27 11:42
猫吉さん、コメントありがとう
です。お元気ですか?

猫好きにはきっとたまらない
お話だと思いますよ〜。いつか
こんな島に住めるといいです
よね!!(^o^)P
小むらさき
2009/03/30 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫にはミステリ 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる