姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS ここであったが…

<<   作成日時 : 2009/06/17 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

前にも一冊紹介しましたが、今回も伊坂幸太郎です。地元の
図書館ではいつも誰かに借りられていて、なかなか捕まら
ない(笑)のですが、棚にあったのをすばやく抱え込み
ました。タイトルは『フィッシュストーリー』です。

四つの話からなる短編集でして、「動物園のエンジン」、
「サクリファイス」、「フィッシュストーリー」、
「ポテチ」が収載されていますが、その中に共通する登場
人物がいます。
私は勝手に、苦みばしったいい男の姿で想像しているのです
が、本業が空き巣、副業が探偵の黒澤さんがその人です。
「サクリファイス」では主役の語り手、「ポテチ」では重要
な脇役として出て来ていて、その度にまたお会いしましたね、
と声をかけたくなります。
今映画になっている『重力ピエロ』も読みましたが、その中
でも重要な役割を果たしている黒澤さん。彼自身の口からも
そのことがほのめかされていて(この『フィッシュストー
リー』と『重力ピエロ』の両方を読めば、あああれか、と
思い当たるでしょう)、分かっている人には分かる、という
脳味噌をくすぐられるような快感が、またなんとも言えず
心地よいのです。

「ポテチ」を読んでいて、私自身が本の中のステロタイプな
女性の喋り方に洗脳されているのか、あるいは初めは名字
だけでしか出てこなかったからなのか、大西なる人物が女性
だとは一瞬気づかずに読み進めてしまっていました。それが
女の子だと分かったときのあの驚きが、とても新鮮に思えて、
時代の変化かな〜、と感じた本でした。




フィッシュストーリー
新潮社
伊坂 幸太郎
ユーザレビュー:
これまでの別の作品中 ...
書かれない内実映画が ...
映画も楽しみにしてい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓神出鬼没な人との出会い♪
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
伊坂さん、いいですよね。短編集もだしてたのですね。私は、『ゴールデンスランバー』読んで、『重力ピエロ』は映画の試写会に行ってきましたよ。そうか、『フィッシュストーリー』読むともっとよくわかるのですね。今度挑戦します。いつも素敵な情報ありがとうございます。私も本好きですが、一人だとどうしても偏った本ばかりになるので。どんどんいい情報吸収したいと思ってます。
アーミー
2009/06/18 19:32
アーミーさん、『重力ピエロ』を
見ていらしたんですね〜!あの
兄弟のお兄さんの方と、黒澤さん
は関係があるのですよ♪

私自身も、選ぶ本が偏っているな〜
と感じることも多いので、また
アーミーさんの所にお邪魔して、
参考にさせてくださいね(^o^)/*!
小むらさき
2009/06/19 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここであったが… 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる