姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS とどろきセブン

<<   作成日時 : 2009/08/26 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

以前紹介しました『ボクの町』の主人公、高木聖大クンの
その後を描いた作品を読みました。作者は乃南アサ、
タイトルは『駆けこみ交番』です。

無事に警察学校を卒業して、高木新米巡査は世田谷区等々力
の交番に赴任しました。わりと穏やかな住宅街なものです
から、聖大クンとしては、なんとなく物足りないような気が
しているのですが、今回も職場の先輩の困ったチャンに悩ま
されながらもだんだんと成長していっています。

「とどろきセブン」で、高木巡査はその後の彼の職業人生に
大きな影響を与える女性と出会うことになります……と
いっても、彼がのぞんでやまない可愛らしい彼女とかでは
なくて、神谷文恵という上品な奥様ふうの年配の女性です。
彼女を中心に、大工の棟梁やらフランス料理のシェフやらが
集う老人グループが、高木巡査の助っ人になってくれる、と
のこと。地域とのつながりができた彼は、情報(と彼女の
紹介)をもらえるようになったのですが、実は、この老人
グループの方が一枚上手だったりもするのです。さすがは、
亀の甲より、年の功(笑)。

この老人達、自らを「とどろきセブン」と名乗って高木クン
と持ちつ持たれつ、彼自身には気づかれないようにちょっと
した世直しもやっていたりして、なかなか侮れない存在です。
現代の(プチ)必殺仕事人のよう。
高木クンは高木クンで、藤枝主任や森尾所長、寮の先輩で
良くしてくれる望月先輩との生活で、だんだんと警察官と
して、そして一人の社会人として、職業をもって生きていく
というのがどういうものか、心で理解していっているのが
見えて、こういう側面での展開も楽しみなところです。

「ワンワン詐欺」の元山刑事(通称、ガンさん)の定年前の
最後の仕事を手伝いをして、高木クンの将来の目標を固める
ことができたらしいのは、まことに喜ばしい、の一言に尽き
ます。ペットの犬を誘拐した犯人の目星もついて、高木巡査
としての仕事はここまででいいよ、と言われたとき、最後
まで見届けさせて欲しい、とガンさんに頼むところなど、
思わず大きくなったね〜、なんてしみじみしてしまいました
(笑)。

謎解きも面白いですが、高木聖大クンの成長潭としても
楽しめる、お得な一冊です。


駆けこみ交番 (新潮文庫)
新潮社
乃南 アサ
ユーザレビュー:
最初から順番に読むと ...
高木聖大巡査シリーズ ...
聖大もついに巡査に前 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓お手柄もゲット☆
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
でたのですね。続編。
先日、「ボクの町」小むらさきさんのオススメで読ませてもらいましたから、これもぜひ読んでみようと思います。レビューありがとうございました。
アーミー
2009/09/03 07:03
>アーミーさん

はい、図書館で見つけまして
さっそく借りて読みました。
大きくなったね〜、聖大クン、
と声をかけたくなるくらい(笑)。
ぜひぜひ、読んでみてください
ませ(^-^)/P!!
小むらさき
2009/09/06 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
とどろきセブン 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる