姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝・文庫化!

<<   作成日時 : 2009/10/26 22:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

図書館でなかなか巡り会えない、と思っていましたら、書店
の平積み台で出会えました。ここのところずっと私のお気に
入り、森見登美彦の『新釈 走れメロス 他四編』が文庫に
なっていたのです。ええもう、即、レジへ(笑)。

表題になっている「走れメロス」の他の四編は何かと言い
ますと、「山月記」、「薮の中」、「桜の森の満開の下」、
「百物語」です。お恥ずかしいことながら、私がきちんと
原作を読んだと言えるのは「山月記」と「走れメロス」だけ
なのです。ですので、薮の中」、「桜の森の満開の下」、
「百物語」が、どこをどんなふうに料理されているのかが
分からないのが自分自身でどうにも歯がゆくて……!
ホント、世の中にはなんてたくさんの物語があることだろう、
とつくづく気づかされるのはこんなときです。

どの物語もそれぞれ主人公は現代の大学生、しかも一癖も
二癖もある大学生達です。「走れメロス」に出てくるような、
一見意味の無いことに己の全集中力というか、時間とエネル
ギーを注ぎ込むのは、その時点だけを見ると非常にバカバカ
しいように見えるかもしれませんが、そのバカバカしいこと
をしたということ自体が、長い目で見ると、人生において
深遠な(?)意味を持ってくることに気がついたりして……
あくまで後になって(笑)。

舞台は京都が主となっていて、あんな所で追いかけっこした
り、ああ、修学旅行で行ったっけ、と思い出せる地名が出て
きたりしてノスタルジーを感じさせてくれます。
登場してくる大学生達のその後を想像したり、読んでいる
こちら側にいろいろと想像する余地をくれる一冊でした。


ユーザレビュー:
これだけ成功していれ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓こんどは原作もためしてみましょう
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝・文庫化! 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる