姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 平安のブログ

<<   作成日時 : 2009/11/23 11:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

枕草子が、といいますか平安朝がなんとなく気になっていた
今日この頃、面白いのを見つけました。『負け犬の遠吠え』
(ちなみにワタシは読んでいません……というより、読めて
いません。あまりに現実過ぎて身につまされそうなので)
の作者、酒井順子による『枕草子REMIX』です。

清少納言というとどうしても、教科書の「春はあけぼの…」
を思い浮かべてしまう人も多いと思いますが、それだけでは
ない、ということをじっくり、しかも面白く教えてくれます。
むしろ、どうして教科書は「春は曙」よりもっと面白い部分
を取り上げてくれなかったんだろう、と思ってしまうくらい
です(笑)。

……イエ、さすがに中学生に「逢坂の関」の件を授業で説明
してはまずいのかとおもいますが(あ、今の中学生とかなら
平気かもね。かえってものたりない、とか思っちゃうかも)、
キャリアについて、知識を深めることについて、音楽、友人、
老いについてなど、はっと気づかされることも多いと思うの
です。

作者も述べているように、清少納言は「自覚の人」だったの
だろうと思います。自意識過剰であり、かつその自意識過剰
な自分である、というまぎれもない事実を真っ正面から認識
していられた女性。とても近代的な認知力を備えた随想家
だったのでしょう。

自慢に見えても抑制の利いた話題、また書かなかった、と
いう事実(関白道隆家の凋落など)こそを読み手に意識させ、
想像させるという、読み手の力量に挑戦するような態度等、
都会派の彼女の『枕草子』は、千年経ったいまでも、本当に
色あせない作品だと思います。

ワタシには原文を読む能力はないですが、現代文になった物
をもっと、また彼女の周辺情報についてより深く、読んで、
知ってみたいものと、改めて感じた一冊でした。



枕草子REMIX (新潮文庫)
新潮社
酒井 順子
ユーザレビュー:
枕草子、お勧め本枕草 ...
最高の仕事 『負け犬 ...
枕草子などを読んでい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓いとをかしかりし
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
清少納言といえば、対として紫式部。
森谷明子さんの「千年の黙」。
普段思いもしないような、紫式部と清少納言が登場です。
平安朝がお好きならと、余計な1冊をお薦め。でも、もう読まれたでしょうね。
こっこ
2009/11/23 20:49
>こっこさん

面白そうな本の紹介、ありがとう
ございます!
森谷さんのは「れんげ野原の真ん中
で」を読んだことはありましたが、
「千年の黙」は初めて知りました。
ぜひ今度探してみたいと思います。
清少納言に紫式部、このペアは、
目が離せませんしね〜(^O^)b!!
小むらさき
2009/11/23 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
平安のブログ 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる