姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏・秋・冬

<<   作成日時 : 2009/12/17 22:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

たまにはこういうのも読んで、自分の位置と言うかを確認
してみるのも面白い、と思います。七江亜紀著、『働く女性
のための色とスタイル教室』です。

「外見は中身から」も「中身は外見から」も両方とも正しい
一面があり、それぞれ重要なことはよくわかります。生きて
いる以上、周囲の人々と良い関係を築いて楽しく過ごして
いけたらな〜、と誰しも(もちろん私も含め)思うのが自然
でしょう。
そのためのちょっとしたアドバイスをくれて、楽しみつつ
考えるヒントをくれるような本です。

自分を良く見せてくれる、肌の状態を綺麗に見せて色を分類
するのに4つのタイプがあり(春・夏・秋・冬と分かれて
います)、これを判定するためのシートがついています。
自分自身を客観的に見るのはほとほと難しいと、思ってしま
うのがこんなとき……ワタシは自分が何のタイプか良く
分からないのです(苦笑)。

イエ、とりあえず、春タイプではないことは確かだと思いま
す。けれども、のこり3つの夏秋冬のうち自分がどれに当て
はまるのか、あるいは当てはまらないのか、判定できない
のです。よくつける、そして割と自分に似合うと思われる
アイシャドウはブラウン系とかグリーン系で秋タイプ、
ほとんどのお気に入りのアクセサリーはシルバーなので夏
または冬タイプ、本にある肌や目などの特徴からみると、
しいていえば夏タイプなのかも……?といった、曖昧模糊
とした領域から出られません。

しかも、頭では好きな色と似合う色は違うものだ、と分かっ
てはいても、これまでなんとなく集まってしまってきている
色から、急に夏なら夏タイプの色の服を集める、などという
のは(単価が高い冬の服なんか特に)大変だわ〜、と躊躇
してしまいそうです。
また、自分色でなくても、これまでの慣れと惰性で(ワタシ
の場合だと)春タイプの服が手放せないこともあるかも
しれません。

とことん、自分を客観的に見つめることはエネルギーが要る
のだと改めて思いましたが、だからこそ面白く、挑戦しがい
もあるものだ、とも感じました。




働く女性のための色とスタイル教室 幸せを呼ぶ外見のつくり方
講談社
七江 亜紀

ユーザレビュー:
おしゃれ好き、おしゃ ...
センスのある本色彩学 ...
無駄遣いがへります自 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓ファッションは知性&理性の賜物
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏・秋・冬 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる