姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 87分署?!

<<   作成日時 : 2010/02/13 23:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今野 敏の『東京ベイエリア分署 二重標的』を紹介したい
と思います。東京ベイエリア分署、というのは東京湾岸分署
の別名ということですが、ワタシはついつい、和風87分署?
なんて思ってしまいます(笑)。

刑事捜査課の責任者、安積警部補を長とする警察小説なの
ですが、非常に面白く読めました。まだケータイも無く、
パソコン通信をする人がまだ珍しかった頃を舞台としている
のですが、なぜか古さを感じません。それより、どんな風に
謎が解けていくのか、仕事に追われて疲れている刑事たちが
犯人を追っていけるのかに気を取られて(?)どんどん読み
進められました。

安積警部補の部下たち、すなわち村雨部長刑事、須田部長
刑事、黒木、大橋、桜井といった若い刑事たちもそれぞれの
役割を果たし、事件の調べを進めていくのがまた小気味いい
感じ。捜査本部が設置されて警視庁の刑事と、別の管轄署の
刑事とのちょっとした鍔ぜり合いなども、殺人事件の謎とは
また別に引きつけられる要素でもあります。

エド・マクベインによる、かの「87分署」シリーズの主人公、
スティーヴ・キャレラ刑事は妻と双子の子供と仲良く暮らし
ていますが、安積警部補は離婚してしまっています。とは
いえ、娘さんと別れた奥さんと一緒に、娘の誕生日を祝っての
食事をしたりしているので、ま〜そこそこ、それなりにうまく
いっているのでしょう。警部補のこうした一面もかいま見られ
ると、この小説を読む楽しみも増えるというものです。

この分署の管内で、ライブハウスでの殺人事件あり、拳銃を
押収しようとした際の銃撃戦あり、また荻窪署管内での殺人
事件あり、と事件は重奏的に起きているんだ!……といった
感じですが、それをしっかりと処理していく人々の活躍に目が
離せません。


ユーザレビュー:
ベイエリア分署シリー ...
ベイエリア分署シリー ...
新たな警察小説の先駆 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓スープラ&マークII
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
87分署?! 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる