姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 番長術師

<<   作成日時 : 2010/05/24 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

三人悪、と異名を取るちび術師たちの活躍を描いた第2弾を
読みましたので、ご紹介したいと思います。作者は香月日輪、
『地獄堂霊界通信』、第2巻です。

今回は「幽霊屋敷その一」「幽霊屋敷その二」と「あの夢の
向こうに」の3話が収載されています。その一、の方では
上院小の保健の先生の麻子先生の家に妙な物音がする、と
いうので乗り込んでいくイタズラ大王の金森てつし、リョー
チン(新島良次)、椎名(裕介)の三人ですが、地獄堂の
店主から、新しい武器(?)をもらいました。偵察に使える
懐中時計のようなもので、参謀たる椎名が持つことになった
のですが、これでどの辺りに霊魂や悪霊が潜んでいるのかを
知ることができるのです。

その二、の方では、借金にまみれた父親とは生活できずに、
お母さんと暮らしていこうとする同級生、和子のお話です。
母娘が借りた家賃が安い家、というのは親殺しがあった家で、
地獄堂のおやじは無責任にも「因果よの」と笑いますが、
イタズラ大王はここでも一肌脱いで、クラスメイトのために
と乗り込んでいきました。……リョーチンにはちょっとばかり
(?)大変な経験になってしまいましたが(笑)。

そして、龍さんって、「妖怪アパート」シリーズ二出てくる
あの龍さん?!と思わず興奮してしまったのですが(いえ、
どこにも同一人物だとは書いてありません……ワタシの単なる
推測です)、霊能者の藤門蒼龍という、見かけはハンサムな
若者(でも実年齢はかなり上)が三人悪のアイドルとなった
由宇ねえちゃんに近づいてきた……というのが「あの夢の向こ
うに」というお話です。ちょっと事故で記憶が混乱している、
というその美少女でしたが、彼女の正体について、三人が迫っ
て行かざるをえなくなってしまうのです。本当のことをまだ
少年だからと三人には伏せておこうとした蒼龍でしたが、椎名
の言う言葉で、子供扱いしてはいけない相手だと、悟るのです。

多少、お説教じみた面もなきにしもあらず、といった感じです
が、それでも読んでいると、はっと気づかされることが多い
物語です。


ユーザレビュー:
やっと会えたね図書館 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓盟友(?)の運命やいかに(笑)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
番長術師 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる