姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 初出張?!

<<   作成日時 : 2010/06/17 20:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「成風堂書店」シリーズ初の長編を読みましたので、ご紹介
したいと思います。(ワトソン役ですが)しっかり者の杏子
さんと、(ホームズ役ですが)やらた不器用な多絵ちゃんの
コンビネーションが冴えるお話です。作者は大崎 梢、
タイトルは『晩夏に捧ぐ』です。

杏子さんの元同僚の美保さんから、現在の勤め先である老舗
書店「まるう堂」にまつわるトラブルについて、助力を求め
る手紙が届きました。本屋の謎は本屋が解く、をモットーに
二人がホームグラウンドである駅ビルの書店、成風堂から
出張するように(笑)出かけていってみると、なんとその
問題というのは幽霊が書店をさまよっている、ということ
なのです。
しかもどうやらその問題の根っこは、昔この地に住んでいた
老大作家の不慮の死に結びついているようなので、彼の元
弟子や、家の中を切り盛りしていた女性などからいろいろと
話を聞いていきました。二人が、謎の核心に迫っていくさま
が結構どきどきします。その過程で、探偵役の多絵ちゃんが
真犯人の地雷を踏んだか、まるう堂の主人の孫娘たちがそう
とは知らずにピンチになり、その魔手から逃れたらしかった
ときにはほっとしました……。

それにしても、このまるう堂というのは風情のある書店で、
きっとワタシなら何時間でもいてしまうでしょう……お店
には迷惑でしょうが(笑)。また、息子の方が自分なりに
プロデュースしているお店の方も、時代のニーズを見据えた
お客さん思いの書店ですし、こちらの方にも足を伸ばしたく
なってしまいました。

真相は、やや痛ましいものだったかもしれませんが、老舗
書店の主人がいみじくも新たに認識したように、本は人に
読まれてなんぼであって、原稿というのは紙の束に過ぎない
としみじみ思いました。
また人間の方も、本によって未知の世界に触れて知識を深め
たり、情感豊かな心性を獲得していくものだな、と改めて
分かった気がします。


ユーザレビュー:
ミステリーとしては、 ...
なんだかなあ 200 ...
長編化と方向転換が裏 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓餅は餅屋。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初出張?! 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる