姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生の休暇

<<   作成日時 : 2010/09/30 22:12   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょっと別の用で本屋さんに行ったのですが、ワンコインと
いう値段と、この本の帯についていた10月23日より公開、
という文字に魅かれて衝動買いしてしまいました。それが
結構あたりの衝動買いだったものですから(笑)、ここに
こうしてご紹介したいと思います。

タイトルは『森崎書店の日々』、作者は八木沢里志です。
主人公は貴子、という女性会社員なのですが、社内での恋愛
に破れて(交際していた恋人に一方的に「別の女性と結婚
するから」と言われてしまったのです)、心がぼろぼろに
なってしまい、それは見事なまでに体にも影響して、ついに
職をも失うことになってしまいました。そんなときに、母方
の叔父から、自分の店を手伝って欲しい、と言われるのです。
その店、というのが古本屋「森崎書店」なのでした……
貴子さんは、あまり本には興味は無かったのですが、ふと、
眠れなくなってしまった夜に室生犀星の小説を手に取って
読み始めたのがきっかけで、お店の本にも手を伸ばすように
なっていった、というわけです。

本を読む楽しみを描かれているのも魅力の一つなのですが、
古本屋が立ち並ぶ神保町の街の様子を読むのもわくわくしま
すし、貴子さんと叔父さんが贔屓にする喫茶店「すぽうる」
や、お店の常連さんとのやり取りも心が温まります。

この本には、後日譚の「桃子さんの帰還」も収載されていま
す。どこまでが映画化されるのかは分かりませんが、ワタシ
は多分、映画館には行かないと思います……その場で涙して
しまいそうだから(苦笑)!! じ〜んと来てしまって目を
腫らしたまま映画館を出て、道行く人に顔を見られては
恥ずかしいので、DVDになるのを待って、家でティッシュの
箱を準備の上、じっくり鑑賞したいと思います。


森崎書店の日々 (小学館文庫)
小学館
2010-09-07
八木沢 里志
ユーザレビュー:
神保町へ行ってみよう ...
いざ神保町へ書店で平 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 森崎書店の日々 (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓DVD化が待ち遠しい〜。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた面白そうな本をみつけましたね。(^_-)-☆、私も帯に魅かれて良く買いますが。。。今度は、小むらさきさんお薦めのこの本をゲットしようかな。読書の秋ですものね。
アーミー
2010/10/01 16:29
>アーミーさん

コメントありがとうございます^^。
ストーリーはシンプルかもしれません
が、読み終わったあと、ほっとする
ような、また読書の楽しみというもの
に新たに思いを馳せるような、そんな
本です。楽しんで読んでみてください
ませ〜^^☆。
小むらさき
2010/10/03 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生の休暇 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる