姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 大食い合戦

<<   作成日時 : 2010/10/18 21:04   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

江戸の昔からこんなバトルがあったのか〜、とちょっとびっ
くりさせられる、鰻の大食い大会を舞台にした時代小説です。
作者は高橋由太、タイトルは『もののけ本所深川事件帖 
オサキ鰻大食い合戦へ』です。

ほのぼのとした感じの小説で、前巻に続いて楽しんで読めま
した。オサキモチの周吉ですが、本人はいたってまじめかつ
朴念仁で、奉公先のお嬢さんに惚れられているのに気づいて
いるのかいないのか、彼女が焼いてくれた(というより焦が
した)秋刀魚を必死に食べる姿がなんともいじらしいほど
(笑)。そんな鵙屋ののんきな日常は、火事によって暗い影
を落とされるはめになってしまいました。

江戸での火事は、周りに被害を及ぼすことを考えると非常に
重大なことで、商人も長屋にすむような人々もとても気を
使っていたのですが、このところ小火騒ぎが続いたので、
見回りをするようになりました。にもかかわらず、お店の倉
にあった、とある武家からの預かりものを焼失してしまって
大変なことに……そこで、百両の賞金目当てに周吉が鰻の
大食い大会にでることとなったのです。

ライバルとなるのは、謎の剣豪、柳生蜘蛛之介(峰打ちの
何たるかを分かっていないふりをするお茶目さも(苦笑))、
元相撲取りの花車、そして鰻屋の娘、お梅です。彼女を
守ろうとするお稲荷さんと周吉のオサキとが張り合うような
緊迫したシーンもありますが、それはそれで、お話が引き
締まってくるのかもしれません。

相変わらずお琴お嬢さんに振り回されっぱなしの周吉です
が、彼女をはじめとする周吉のまわりの人たちも個性的で、
ぐいぐいと引き寄せられ、一息に読んでしまいました。





↓炭化した秋刀魚の味は♡
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高橋由太 「もののけ本所深川事件帖 〜オサキ鰻大食い合戦へ〜」
JUGEMテーマ:読書感想文&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2014/06/14 07:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大食い合戦 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる