姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語 III

<<   作成日時 : 2010/11/11 21:04   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

世情に疎い深窓の令嬢(?(大笑))のワタクシの目を開か
せてくれた、現代日本語についての分かりやすい解説書を
図書館で見つけました。著者は深澤真紀、タイトルは『思わ
ず使ってしまうおバカな日本語』です。

この中で作者は、若者たちが(年代を問わないものもあり
ますが)使う言葉を、その種類別に以下のように類別してい
ます:「自分大好き語」、「幼稚丁寧語」、「実感語」、
「過剰美化語」、「代理店語」、そして「ありがとう&リス
ペクト語」です。

一応他人の中に立ち混じって働いている以上、とにかく丁寧
にしておけば波風も立つまいと、ワタシもついつい使ってし
まうのが「過剰美化語」と「代理店語」でしょうか……やた
らと「お」をつければそれでいいというわけではない、と頭
では分かっているつもりでも、相手に付属する事物につい、
「お〜」と言ってしまうことがあります。何とかの一つ覚え
のようで恥ずかしい限りなのですが。

また、「代理店語」で、「◯◯社さんもご利用に……」とも
使ってしまうので、読みながらあ〜これはワタシだ、と身に
つまされましたが、その場にいない第3者(社?)について
話したり、または別々の会社のお客が一度に集まってきてい
るような場合、やはり丁寧さを求めたくなってしまいます。
お客に「自分たちがいない所では、今コイツが話しているよ
うに、我が社のことも誰かに話す時はぞんざいに言っている
のだろうか」……と疑われるのも不本意ですし、悩むところ
なのです。

「若者の日本語は乱れている」、とか言っても、その若者
たちだっていつかは年を取るわけです。こういう実態で日本
語が推移しているんだということを明解に示してくれる一冊
でした。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 思わず使ってしまうおバカな日本語 (祥伝社新書 91) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓「超ヤバイ」ってビミョーかも。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本語 III 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる