姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 正しく心配

<<   作成日時 : 2011/05/12 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

大震災が起きて二ヵ月が経ちました。まだまだ大変な事態が
続いていると思われますが、ちょっとこの天災と人災につい
て、全体像をなんとなくですが掴みたく、これを読んでみま
した。池上彰の『そうだったのか!池上彰の学べるニュース
 5 東日本大震災と福島原発問題』です。

3つのパートからなっていまして、パート1が「東日本大震
災」、2が「福島原発の事故」、3が「放射線の影響」です。
パート1ではニュースによく出てきた「プレート境界型地震」
と「直下型地震」がどう違うのかに関して、図解付きで説明
がありますので、とても分かりやすいです。話の内容が理系
っぽいので、字が大きいということだけでも(単純に思われ
るかもしれませんが)、ワタシには読みやすくて助かりまし
た。

パート2と3は、正直ちょっと読むのが怖い気もしていまし
た……単にワタシの無知と臆病さから来ていることなのです
が。闇雲に怖がるのではなくて、正しく放射線、放射能物質
について理解を得なくては、と思ったのです。根っからの活
字人間なので(苦笑)、いくらTVでいろいろ専門家に喋られ
ても、自分の目玉から取り込んだ文字媒体でないとアタマに
浸透しないという困った性癖をもっているものですから、こ
の本で、放射線に関する単位について、整理して飲み込めた
ような気がします。昔、人間が火を手に入れた時も、もしか
したらこんな風に恐れながら付き合ってきたのでは……?と
思ったりもしました。

原子、ひいては理論/実験物理の研究の発展と深化も勿論大
切でしょうけれど、ワタシのような文系人間からすると、今
回の震災を機に改めて、昔の日本語をきちんと読み、全国津
々浦々に残っているであろう史料をすべて現代語に訳して(
自分たちの母語のはずなのに分からないのはあまりに情けな
く、また愚かしく)、現代の技術でデータ化できるものはそ
のようにして確実に保管し、分析し、この時代に役立てられ
る人間の育成、およびその成果を広く世に知らしめる書物の
出版の方に費用をあててくれないかな〜、なんて願っており
ます(笑)。


池上彰の学べるニュース5 (臨時特別号)
海竜社
池上彰+「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」スタッフ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 池上彰の学べるニュース5 (臨時特別号) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓これからも正念場
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正しく心配 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる