姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS マダムと支配人と医師

<<   作成日時 : 2011/06/20 20:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今から1世紀ほど昔のイギリス、まだ婦人参政権の無かった
頃の英国を舞台にしたミステリです。タイトルは『マクダフ
医師のまちがった葬式』、作者はケイト・キングズバリーで
す。

未亡人セシリー・シンクレアはこのところ非常に忙しい思い
をしていました。ホテルの従業員で、可愛がってきたメイド
のガーティ・ブラウンとイアン・ロシターの結婚式が迫って
きていたのです。そんな折、先日亡くなったマクダフ医師が、
思いも寄らぬところから発見されました。しかるべき棺に入
れられていたはずなのに、なぜか湖の底で見つかり、医師の
かわりに身元不明の若者がその棺の中に入っていたのです!

セシリーの経営するこのホテルは、やんごとなき方々が、ロ
ンドンの近くでありながらプライバシーが保て、かつ秘密の
楽しみ(カード賭博)も満喫できるということで何とか成り
立っていたのですが、この身元不明者が彼女のホテルの名物
シェフのレシピを持っていたことから、ホテルの評判を心配
したセシリーがこの殺人事件の真相を探っていきました。

謎解きもまぁ面白いのですが、注目はガーティが、ホテルの
仕事を続けたいのにイアンが許さなくてごたごたする、とい
った今の世にも通じるようなちょっとコミカル(?)なドラ
マでしょうか(笑)。
こちらのカップルの問題はまだカワイイのですが、パジャー
ズ・エンドにマクダフ医師の後任としてやってきたプレスト
ウィック医師の魅力にくらっとしているセシリーは問題です
(苦笑)。未亡人だからまぁその点はいいのですが、支配人
バクスターのこれまでの献身と彼女への思いやりはどうなる
のでしょう?! さんざん堅苦しすぎる、とかいってバクス
ターとの主従(?)の壁を低くしようとしてきた彼女ですの
に……。

ワタシの好みのヒロインの在り方の範疇から、逸脱しつつあ
るようなので、これからのセシリーを見たいような見たくな
いような、複雑な気分であります。


マクダフ医師のまちがった葬式 (ペニーフット・ホテル) (創元推理文庫)
東京創元社
ケイト・キングスバリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マクダフ医師のまちがった葬式  (ペニーフット・ホテル) (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓続きをどうしよ〜。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マダムと支配人と医師 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる