姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し昔の暮らし

<<   作成日時 : 2011/11/10 20:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

この著者の本は学生の頃、もっぱら言語学関係でお世話に
なったものですから、見覚えのある名前の割にかけはなれた
タイトルだと思いつつ読んでみると、その当人だったことを
知ってびっくりした次第です。作者は鈴木孝夫、タイトルは
『しあわせ節電』です。

3月11日の震災の日、作者は自宅から外の道路を埋め尽く
す人の群れを見て、戦時中をおもいだしていたようです。そ
して、その後停電の間も、昔の暮らし方を思い出しつつ、つ
まりライフラインが十分でなかったころの生活習慣の感覚を
呼び覚ましていたとのこと。
作者は平時から(なんだか妙な言い方だとは思いますが)、
古紙集めや、人が捨てた古い家電などを取っておいて、壊れ
ているものは修理し、新しいのを買わないですませたり、困
っている学生等に上げていたりと、極力無駄なのものは買わ
ないようにしていました。もちろん、ガチガチに我慢して、
ということを進めているわけではありません。苦しいと思い
ながらそんなことをしてみても長続きはしない、ということ
を喝破しているのです。

今後のエネルギーの使い方、そしてそれをどう得るのかにつ
いて考えるきっかけとして読むのにちょうど良い本かと思わ
れます。オール電化にしてしまうと、何をするのにももうそ
れしか手だてがないのですから、リスクは分散しなくてはな
りません。何にどれだけのお金をつぎ込むのか、よく考え、
選択しなくてはならないことは自明の理です。

恥ずかしながらワタシはこの本で初めて知ったのですが、原
子力大国フランスは、首都パリにも原発を設置しているそう
です。国民にこれでエネルギーを作り出し、そして利用して
いるという自覚と覚悟をうながしているのでしょう。翻って
日本の首都で同じことをしてみたら……と、ありえるはずも
ない想像をして、可笑しくなってしまいました(苦笑)。


しあわせ節電
文藝春秋
鈴木 孝夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しあわせ節電 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓江戸型リサイクル社会へ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少し昔の暮らし 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる