姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS ほどほど

<<   作成日時 : 2012/09/01 22:02   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

妹だけが魔女の素質を受け継ぎ、その力を発揮しているにも
かかわらず、メゲずに日々を送っている(苦笑)女の子のお
話の第2弾を紹介したいと思います。作者はサラ・ムリノフ
スキ、タイトルは『カエルにちゃんとキスをする』です。

高校一年生(フレッシュマン)のレイチェル・ウェインスタ
インは、針のむしろに座っている気分でした。前巻で、学校
挙げての一大イベントであるファッションショーで皆の前で
カッコよく踊るはずが、その魔法が解けてしまって赤っ恥を
かき、周りのみんな(いわゆるAリストのイケてる生徒達)
にもさんざん迷惑をかけてしまったのですから。
そのため、学校のサイトに変な踊りの姿をアップされたりな
ど、ヒドい嫌がらせをされていたのですが、そこはやはり家
族に魔女を持つ強みか(笑)、妹のミリがその嫌がらせの犯
人を、同じ目に遭わせているところはとにかくスカッとしま
す。

その妹といえば、魔力をとにかく良いことに使おうと懸命に
なっているのでした……若干、間違った方向で(苦笑)。
ベジタリアンの彼女は食肉用の牛を守るため、とどこかに隔
離してしまったり(その行き先は、読んでみてのお楽しみ)、
ホームレスにやたらたくさんのオレンジを提供してみたりと
やることがとにかく極端になっていました。その正義感は
ごりっぱとしか言いようが無いのですが、おかげでアフリカ
難民救済のためとか、南極の氷の維持のためだとかで現地に
ホウキに乗って付き合わされるレイチェルは大変です。

しかも、彼女達の母親が(魔女。自らの魔法を封印していま
した)、離婚して数年経ち、自分自身の人生をやり直したい、
と彼氏探しを始めたりして(このへん、すご〜くアメリカ的
だ、と思うのはワタシの無知と偏見(苦笑)?!)、ミリの
学校の成績がガタ落ちしているのにも気づかない始末です。

そんな中、レイチェルは少し賢くなって(というか、ならざ
るを得なくなって?)成長している姿に、こちらが元気をも
らえるような気がします。日常の中のこんなドラマ性を、ワ
タシも少し味わいたい、なんて思ってみたりして(苦笑)。


カエルにちゃんとキスをする (創元推理文庫)
東京創元社
サラ・ムリノフスキ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カエルにちゃんとキスをする (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓まずは自分のことを
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほどほど 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる