姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 医療関連英語:2

<<   作成日時 : 2012/09/10 21:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いまだかつて、こんなに長いタイトルの本を手に取ったこと
も無ければ、読んだ覚えもなく、またここに紹介するのも初
めての本です。著者は田淵アントニオ、タイトルは『トシ、
1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなけ
れば解雇よ。』……なんとこれは、語学学習本だったのです
(笑)!!

とてもユニーク、かつ面白くて飽きず、最後まで読み通そう
という意欲を低下させない、いい本だと思います。栞代わり
に挟まれている葉書大の効能書(?!笑)も、ユーモアにあ
ふれていて、うっかり捨ててしまったりしては勿体ないと思
いますし、暗記用の青いセロファンまで付いているというこ
だわりと親切設計につくづく感謝です。
100倍にしてくれるという題名に違わず、かなりの厚さです
が、目が痛くなるほどページがギッチリ文字だらけ、という
わけではないので気が楽ですし、とあるラボの若手研究者が
語彙を増やしていく、というスト―リーに乗せて、「ん? 
もしかしてこの単語、どこか前のページに出たかも?」と記
憶を呼び起こさせるという心ニクいことまでやってくれます。

「〜一週間で」という文言通り、7日分に分けられてさまざ
まな語彙が登場してきます。単語の読み方もカタカナで書い
てありますので、おおよその英語の発音も想像することがで
きるでしょう。
身体の部位に関連している、というイメージでまとめられた
単語群もあれば、「-itis」、「-algia」、「-osis」といった
接尾辞を持つ語のグループで統一されていたりする病気名な
どがあったりして、最初はバラバラにみえるとしても、読み
進めるにしたがって、だんだん頭の中で繋がってくる感じが
またある種の快感だったりして(笑)。

ただ、どうしても一つ言いたいことが、というかほぼお願い
に近いのですが、ワタシが持っているのが4刷目だそうです
が、もし次があるなら是非漢字にルビをふって欲しぃ〜〜〜
(笑)! 
内容はとても分かりやすいし、目的は英単語を覚えることな
のでしょうけれど、読み方が分からないと医学のド素人には
とてつもなく不安なのです。
例えば「enterocele」は「腸瘤」「腸腔」「腸ヘルニア」だ
そうですが、これは日本語だろうに、恥ずかしながらワタシ
には発音できません……違うであろうのを承知であえて書い
てみますが、「ちょうこぶ」?「ちょうくう/ちょうこう」
? まさかねぇ〜(泣笑)。 

……まだまだ頑張りたいと思います!





↓要反復練習!!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医療関連英語:2 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる