姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 少女探偵

<<   作成日時 : 2012/12/10 21:23   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

作者の名前の懐かしさに思わず手に取った一冊です。タイト
ルは『古時計の秘密』、作者はキャロリン・キーンです。こ
の本を読み返して分かったのは、ワタシが最初(確か小学生
の頃)に読んだ時のは、おそらく子供用の抄訳であったのだ
ろうということです。

主人公は、18歳のナンシー・ドルー、母を早くに亡くして
しまったようですが、町一番の腕利きと言われる弁護士の父
と、温かい雰囲気の家政婦ハンナと一緒に暮らしています。
現代よりもかなり遡ったころのアメリカなのでしょう、以前
読んだ「少年弁護士 セオ・ブーン」のシリーズよりものん
びりとした環境であるような印象を受けます。

ある日、ナンシーはドライブの途中、幼い女の子を育ててい
るという老姉妹と知り合いになります。エドナーとメアリー
・ターナーというこの二人から、受け取れるはずだったとあ
る資産家の老人の遺産をもらえず、困っている、というので
す。
このような状況にある人々がまだいるということを知って、
ナンシーはその遺産探しに持ち前の行動力で挑んでいくので
すが、老人の面倒を見ていた(そしてその遺産を当てにした
派手な暮らしをしている)という評判の悪いトプハム家との
丁々発止の対決にも息をのんでページを繰ってしまいました。

最初にこのシリーズを読んだ時に、彼女がまだ18だというの
に青の車(コンバーチブル……この単語はその当時のワタシ
の語彙の中には無かったものですから、強烈な印象が残りま
した。それと、外国ではあんなに若いコが車に乗れるんだ!
という驚きと共に。)を颯爽と乗り回している姿がなんとも
夢の世界のようで、ただただぽかんとしていたことを覚えて
います。
しかも今回原書を元に完訳したというこの本の中で、自分で
タイヤ交換までしているナンシーの様子を読んで、なんてタ
フなんだ、と改めて感心した次第です。

また、このキャロリン・キーンというペンネームも、何人も
の作家が代替わりしていると初めて知りました。新たに出会
った本のような気がするお話でした。


古時計の秘密 (創元推理文庫)
東京創元社
キャロリン キーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古時計の秘密 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓オープンカー
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少女探偵 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる