姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝石展

<<   作成日時 : 2013/01/05 22:05   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013年初のブログ更新は、この一冊から始めたいと思いま
す。作者は香月日輪、タイトルは『妖怪アパートの幽雅な日
常』第8巻です。
また一回り大きくなった夕士クンの成長ぶりと活躍が見られ
て、ただただ嬉しく思っております(笑)。

高校二年生の春休み、夕士クンはふと自分自身の本当の気持
ちに気づきました……大学に行きたい、と。もう少しゆっく
り大人になりたい、という彼の願いは、周囲の人々の理解も
あって順調な滑り出しの様相を呈しています。アパートの住
人の一色さん(人間)、深瀬画伯(人間)、佐藤さん(妖怪。
化粧品会社勤務(笑))などの励ましや、バイト先の運送会
社の剣崎社長の言葉についこちらも嬉しくなってしまいます。
とはいえ、こうした周囲の人々に恵まれているというのも夕
士クンの心映えの良さのたまものでしょう。もちろん、ワタ
シも応援したくなっているのですが。

親友の長谷クンにもしごかれている(笑)夏休みのある日、
偶然街で担任の千晶先生と出くわすのです。またどんな運命
の必然か、あるいは悪戯か、「姦し娘」こと田代、垣内、桜
庭の女子三人組と、黒田と香川という同じ高校の生徒と計7
人で、アンティーク・ジュエリー展を見に行くこととなりま
した。そこでなんと、強盗事件に巻き込まれるともしらずに
……。

「姦し娘」達の健気さは、もう本当に称賛に値するもので、
きっとこの事件のことは、彼女達の中でも非常に衝撃では
あるでしょうけれど、時が経てば強さの土台と変わりうる
かもしれませんが、香川の卑怯さは、彼女自身の弱さを増
倍させる要素にしかならないと思われます。また、事件が
収束してからの黒田の新たな認識と決意は彼女を一段、人
間としてレベルアップさせてくれることでしょう。

強盗と対峙した千晶先生と夕士クンの血湧き胸踊る大活躍
は、読んでからのお楽しみです。この二人の心の交流もま
た見どころと思います。


妖怪アパートの幽雅な日常8 (講談社文庫)
講談社
2012-12-14
香月 日輪

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 妖怪アパートの幽雅な日常8 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓よく遊び、よく学べ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝石展 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる