姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬草茶

<<   作成日時 : 2013/10/21 22:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルに惹かれて読んでみました。有間カオルによる『魔
法使いのハーブティー』です。表紙の女の子のイラストの雰
囲気がちょっとノスタルジックな感じでした。中の文章もそ
れほど引っかかることも無く、すんなり読めていけます。

あらすじはというと、主人公は、母が妻子ある男性と恋に落
ちて生まれてきた女の子で、もうすぐ15歳になります。母親
の兄弟である伯父たちの家をたらい回しにされて育ち(当然、
彼らの配偶者である義理伯母たちから冷遇され……いえ、具
体的な描写があるわけではありませんが、おそらくそうかと
(苦笑))、この夏休みの一ヵ月間は、別の長兄(この人は、
伯父たちとは母親が違うのだとか)の家で過ごさせてもらえ、
と山口県から放り出されてはるばる横浜までやってきたので
した。

教えられた住所のところに着いてみれば、おそらく伯父さん
なのであろう中年男性が、洋館に併設されたカフェで店番を
していたのでした。そこで主人公、藤原勇希が一緒に住むに
あたり、以下の約束をさせられたのです:「エコな生活(節
電・節水)を行うこと」、「畑とカフェの手伝い」、「魔女
の後継者として魔法修行に励むこと」。

現実世界の出来事としては、彼女の実の父親が資産家で、そ
の財産を巡って伯父たちがこれまでの生活費やら養育料やら
をもぎとろうと金高の歩合を計算し始めたりして、一種のお
約束(?!)な場面もあったりするのですが、伯父さんこと魔
法修行の「先生」や、カフェのお客さんとの交流は、読んで
いて少し心が安らげる気がします。

ハーブティーの詳しいことについてはハウツー本でいくらで
も知ることが出来ると思われますが、この物語の中でも、多
くの場面でその大事な働きを知ることができます。
ちょっとトクした気分になれる一冊です。


魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
2013-03-23
有間 カオル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓タイムで勇気
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薬草茶 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる