姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS カラス

<<   作成日時 : 2014/02/01 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「しゃばけ」シリーズの作者の現代物、ということで読んで
みたのをご紹介したいと思います。畠中恵の『アコギなのか
リッパなのか 佐倉聖の事件簿』です。選挙事務所を舞台に
した短編集ですが、票獲得を企てた政治的陰謀、といった大
胆なストーリーというのではなく、もっと泥臭い(苦笑)、
庶民的なミステリの短編集となっています。

佐倉聖は現在21歳、両親は離婚し、その上中学生の弟を残し
たまま父親さえも蒸発してしまっているという、なかなか厳
しい状況にいるのですが、引退した元政治家大堂剛に気に入
られ、大学に通わせてもらいながら、彼の事務所で事務員と
して働いています。
今は政治活動をしていないとはいえ、現役の政治家達を集め
て勉強会などを主催し、まだまだ実力者として君臨している
大堂のもとには、様々なトラブル/心配事/お願い事などが
持ち込まれ、それをどうにか処理するのが佐倉くん、という
ことなのです。

生活苦の彼をお金で釣って(苦笑)、面倒なもめ事に対処さ
せている老獪な政治家だけでなく、事務所にやってくる若手
議員なども、何やかやとちょっかいを出しながらも佐倉くん
が可愛いようで、読んでいるこちらも微笑ましいような気分
になります。
選挙事務所で培った雑用処理能力をフルに活用し、荒れてい
たという中学生時代のケンカの腕っ節もそれにプラスして、
機転の利く頭脳と共に問題解決に邁進していく姿は、苦労し
ているコだけに応援したくなるというものです。

この小説を通してワタシもほんの少しだけ議員の生態を知っ
たのですが、占拠に関する豆知識も得ることが出来ました。
例えば、選挙前になると街中を走り回る車から投票を呼びか
けるスタッフは、男をカラス、女をウグイスと呼ぶのだそう
で、一つ賢くなったような気がします。
世の中を佐倉くんと一緒にちょっと斜めに見ながら、自分も
鍛えられたような、そんなお話でした。


アコギなのかリッパなのか: 佐倉聖の事件簿 (新潮文庫)
新潮社
2012-02-27
畠中 恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アコギなのかリッパなのか: 佐倉聖の事件簿 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 気力、体力、時の運
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カラス 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる