姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 補/捕殺

<<   作成日時 : 2014/05/04 10:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

楽しい学園ミステリを読みましたので、ご紹介したいと思い
ます。作者は東川篤哉、タイトルは『殺意は必ず三度ある』
です。軽妙な語り口でサクサク読める……はずですが、ワタ
シにはちょっとばかり不利な点がありました。すなわち、野
球音痴だったということです(苦笑)!

鯉ケ窪学園高等部の弱小サークル探偵部の多摩川、八橋、赤
坂くん達は、今日も今日とて学校近くのお好み焼き屋で好き
勝手にダベっていました(苦笑)。その席で、一回戦敗退が
常の野球部キャプテン土山くんの話を聞いていたのです。
なんと、野球に使用するベースが盗まれたのだとか。
……このあたりからすでにワタシの中では雲行きがアヤシイ
です(苦笑)。ベースって、あのボールを打った選手が走っ
ていく先にある、四角い座布団状のものですよね?! それ
を何故に盗むか? 学校絡みなら集めた給食費(つまり現金)
とか、入試問題とかでしょうに、ベースとやらを盗んで何に
なるのでしょうか……と、イメージしづらい脳内状況のまま
読み進めてしまったのが残念でなりません。
おかげでせっかく謎解きをしてくれても、うまく頭の中でパ
ズルのピースがはまらない、というか、そもそもワタシの
脳内ピースの形が曖昧模糊なのがクヤシイのです(苦笑)。

三人組の通う高校の世界史の先生の芹沢さん、学級委員長の
桜井さん、ライバル校の理事長夫妻に、それぞれの高校の野
球監督(ちなみに、鯉ケ窪学園の野口監督がこのたびロープ
で縛られた上で喉をかっさばかれて失血死)、お馴染みの祖
師ヶ谷警部に烏山刑事といった人物が登場し、かつ活き活き
と事件の再現実験などをしている姿にだけはしっかり満足し
て、本を閉じました。


殺意は必ず三度ある (光文社文庫)
光文社
2013-08-07
東川 篤哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 殺意は必ず三度ある (光文社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓三=トリオ 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。
読書ログ
2014/05/07 13:58
>読書ログさん

コメントありがとうございます。
また、楽しそうなサイトをご紹介
いただきまして、興味津々状態です
(^o^)b♪。
近いうち遊びに行かせていただき
たいと思いますので、よろしく
お願い致します。
小むらさき
2014/05/11 21:30
>小むらさきさん

ご返信ありがとうございます。
当サイトを見てくださったのですね!
ありがとうございます。
また機会がありましたら、ぜひ遊びに来てください。
スタッフ一同、お待ちしております。
読書ログ
2014/05/19 10:28
>読書ログさん

こちらこそ、ご連絡ありがとう
ございました!
はい、先日ちょっとお邪魔いたし
まして、どんな感じか体験させて
頂きました。楽しそうなサイトで
読書の幅も広がりそうです^_^

またお邪魔させてくださいませw
小むらさき
2014/05/19 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
補/捕殺 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる