姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃亡先に

<<   作成日時 : 2014/06/16 22:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今巻でシリーズ完結ということで淋しい気もしないでもない
のですが、無事に収まるべきところに収まったようですので、
ホッとしながら読みました。作者はローレンス・ブロック、
タイトルは『殺し屋 最後の仕事』です。ケラーの冒険も大
団円となりました。最初に云ってしまいますが、ハッピーエ
ンドの結末ですので、また読み返したくなってしまいます
(笑)。

ケラーは,ターゲットを仕留めるタイミングを待たされてい
ました。依頼人との仲介者がそのような指示をしていたため
なのですが、ふと点けたTVにオハイオ州知事が殺害され、
その容疑者として自分が移っていたのです。まったく身に覚
えもないことから、はめられたと感知し,彼の逃避行が始ま
りました。
長年の仕事の相棒、ドットとも連絡がつけられなくなり(し
かも彼女は撃たれた上に屋敷に火を放たれたとのニュースが
流れ)、当ても無く彷徨っている彼の姿を見ていると、こち
らまで疲労が溜まっていくような気がしてなりません。

ところが、逃亡先のニューオリンズでケラーは強姦魔に襲わ
れそうになっていた女性を助けます……自分が追われる身で
あるのにも関わらず。こうしたところに、ワタシとしてはケ
ラーという(殺し屋なのに)人物に魅力というか、憎めなさ
を感じるのです。
とにかく、この助けたジュリアという女性と割りない仲にな
り、切手集めの趣味を取り戻せるまでに生活が落ち着いてき
たとき、とある広告に目が留ります……それは、死んだと思
っていた相棒、ドットからのメッセージだったのでした。

新しく始めることが出来た恋人との第二の人生のためにも、
そして相棒との精神安定のためにも,ケラーは自分たちを罠
にはめた者への反撃を開始します。ここからの活躍は実際に
読んで味わっていただきたい(笑)。
この作者にはケラーのシリーズ以外にも色々あるようですの
で、欲張りなワタシはそちらにも期待しております。



殺し屋 最後の仕事 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
二見書房
ローレンス・ブロック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 殺し屋 最後の仕事 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ ケラー=エドワーズ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逃亡先に 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる