姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 境界線上

<<   作成日時 : 2014/06/30 20:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

おそろしくタフな女刑事が主人公の小説です。作者は深町秋
生、タイトルは『アウトバーン』。きっと今の都会の裏/闇
はこんななのだろうか、と恐いもの見たさも手伝って(?)、
一気に読んでしまいました。玲瓏な美女だけに余計迫力が増
している気がします。

上野署組織犯罪対策課、八神瑛子は、夫の死と、その影響に
よるものか、流産によってすっかり変わってしまったようで
した。
仲間内の警官相手に高利貸しのようなことをし、上司の素行
を調べ、地下組織に君臨する中国人の女首領、劉英麗とも意
を通じ(しかも瑛子は中国語も達者。必要に迫られて習得し
たのでしょうけれど、そのおかげで他の日本人刑事には得ら
れない情報などを取ってきたり、参考人とコミュニケーショ
ンが取れるのがカッコいい(笑))、暴力団の中にも知り合
いがいたりするのです。

瑛子の仕事熱心、というより仕事に執着しすぎている面を危
惧しているのが、こちらもなかなか切れ者の署長、元公安畑
を歩いてきた富永でした。彼は大物ヤクザの隠し子であった
女子大生が殺された事件に、瑛子を関わらせるのを躊躇って
いましたが、事件は連続殺人事件の様相を呈してきたので、
そうもいっていられなくなります。
犯人を追いつめながら、署長の監視の目をかいくぐり、別件
の仕事(劉英麗が追っている裏切り者の捕獲)もこなしてい
くので忙しいことは目に見えているのに、睡眠時間を削って
も、危険に身を晒しても食らいついていく瑛子の姿にこちら
も思わず拳を握ってしまいました。

抜け目無く立ち回る犯罪者を追う彼女の行動に遅れずについ
ていくには、こちらもボケたアタマをしっかり回転させねば
なりません(苦笑)。気持ちも前のめりになって読み進んだ
一冊でした。


アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
深町 秋生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 中国語必須?!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
境界線上 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる