姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 女怪盗

<<   作成日時 : 2014/11/30 21:45   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前作から続きが出ていたとは全く気がついていなくて、偶々
図書館で見つけて早速借りてきました。作者は坂木司、タイ
トルは『僕と先生』です。二葉くん(大学生)と隼人くん
(中学生)の他にも新たなメンバーが出てきて、だんだんと
この世界に厚みが増し、ますます面白くなってきました。

隼人くんの推理の冴え、および演技力の高まりには、おねー
さんは末恐ろしいものを感じざるを得ません(苦笑)。二葉
くんのサークルの女性の先輩たちは見た目的に可愛い隼人く
んにもうメロメロで、気持ちは分からないでもないですが、
見ていて情けなくなってきてしまいます。男の先輩たちと隼
人くんは推理小説のジャンルを話題に話が出来るというのに、
美少年をちやほやするしか能のない女子大生しか出てこない
とは……!

と思う一方でリアルコナン君(笑)の食指を動かす神出鬼没
のレディが登場してきたのにはちょっと嬉しい気もします。
しかし、論理ばかりが先走る隼人くんとは異なり、鈍いかも
しれないけど人間として真っ当な精神をもつ二葉くんにちょ
っかいを出そうとしているのが癪に障る(苦笑)。
いくら盗みの対象がある一定のモノだけだからといってそれ
が免罪符になるなんて規則はないのに、この師弟の周辺をウ
ロチョロするのは、ワタシとしては鬱陶しいとしか思えない
のです。
特に二葉くんには、もっと素直で心根のあたたかな、可愛い
女の子の方が似合うはず、なんて勝手に設定している自分自
身が可笑しいです。

ただ、二葉くんをして彼女をそう呼ばしめる原因となった、
ネイルに付けたテントウ虫(イギリス英語でいうところの
ladybird)の模様だけはちょっとカッコいい(笑)。
そのまま真似するのではなくて、何か別のモチーフを自分の
爪に飾りたい、なんて思ってしまいました。


僕と先生
双葉社
坂木 司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕と先生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ マ行のって……?!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女怪盗 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる