姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 人見知り

<<   作成日時 : 2014/11/24 22:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

図書館の活用を心に決めてからというもの、何故かせっせと
読んでいる今日この頃となりました。やはり人間、目標が無
いといけません。しかも、その目標にリベンジの風味が加わ
ると、いや〜、力が入るというか集中が途切れないといいま
すか(苦笑)。予約してから思っていたよりもずっと早く借
りられました『純喫茶「一服堂」の四季』をご紹介したいと
思います。作者は東川篤哉、表紙の絵がどこかで見たことが
あるような無いような気がするのもまた一興、ということで。

四編からなる短編集ですが、少しずつ登場人物がお互いに関
わりあっているのが面白いです。主な謎解きの舞台になるの
は喫茶店「一服堂」……客商売をするのは無理なんじゃない
かと思われるオーナーの安楽椅子(あんらくいす、と読むな
かれ(笑)。あんらくよりこさん、という可愛らしい女性な
のです)がエプロンドレスに見を包み、自ら淹れるコーヒー
の味をこき下ろしながら、洞察力と説得力に満ちた推理を披
露してくれます。

弱小出版社の雑誌編集部記者の村崎蓮司に、横須賀署捜査課
の美人刑事夕月茜、ガソリンスタンド勤務の関西弁を操る天
童美幸と、売れない推理小説課の南田五郎など、個性的な
キャラクターが入れ替わり立ち替わりストーリーを引っ張っ
ていってくれるものですから、こちらも波に乗って謎解きの
旅を楽しみました。

被害者の発見のされ方が磔状態だったりバラバラだったりと、
若干猟奇殺人的な場面もあったりしますが、そこはやはりこ
の作者の軽妙な文章や、ところどころに差し挟まれるユーモ
アのある場面に救われてあっという間に読めると思います。
最後のお話で「そういうことだったのか!」とパズルピース
がピタッとはまる快感を味わえる一冊です。


純喫茶「一服堂」の四季
講談社
東川 篤哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 純喫茶「一服堂」の四季 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ コク無し、キレも無し(笑)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人見知り 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる