姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS No 霊感

<<   作成日時 : 2015/02/26 22:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この作者の作品では、霊感があることを活かした主人公が多
かったと思いますが、今回はそれが無いことが強みとなって
いる若手刑事が主人公のお話を読みましたので、ご紹介した
いと思います。
タイトルは『全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班』
で、作者は香月日輪です。タイトルもですが、表紙の画もい
ろいろと刺激が強そう(笑)。

ある日、新宿署生活安全課の石田智宏が帰宅すると自室に素
っ裸の男がいました。しかも言葉を交わした後に消えた、と
いう話を先輩刑事や上司にしていた翌日、署内で何かが起き
ているような物音や叫び声がしたのです。見に行ってみると、
押収した刀を振り回す鑑識課職員の姿がありました。この件
を、まるで霊感の無い智宏がどうにか収めたことから、彼は
警視庁の一部署である生活安全部遊撃捜査班というユニーク
な所へ引き抜かれることになったのでした。

新しい職場の面々はというと、おネェのキャラをかぶったエ
リート警視の鬼塚誠一郎、幽体離脱して智宏の部屋に現れた
神瀬京介、ムエタイの達人で、霊感のまったく無い(言い換
えればそうした力の影響を良くも悪くも受けない(笑))今
野照美、唯一の普通人(と智宏は思っていた)城島史郎と、
濃ゆ〜いキャラの持ち主ばかりです。
そして彼らが手掛ける事件と云うのは単なる物理法則では説
明のつかないような事象、幽霊や霊魂など、一般の人には見
えない力が介在してしまった出来事で、それらを上手く処理
していくために結成されたチームだったのです。

しかも、香月ワールドに出てくる人々、即ち長谷慶二氏
(「妖怪アパートの幽雅な日常」)に犬塚刑事(「下町不思
議町物語」)にも会えますので、その懐かしさというかでま
た世界の繋がりを感じられます。どちらの作品のファンにも
楽しめる一冊ではないかと思われます。





↓ 鋼鉄の無神経(笑)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
No 霊感 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる