姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ意識

<<   作成日時 : 2015/03/31 22:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

裏表紙をめくってみると、某氏からの寄贈品という判が押さ
れていたのを見て吃驚しました。図書館で借りた『マスカレ
ード・ホテル』をご紹介したいと思います。作者は東野圭吾
です。スリリングな展開に引き込まれて、ページを繰る手が
止まりませんでした。結構分厚い文庫でしたが、夢中になっ
て読んだ一冊です。

高級ホテル、コルテンシア東京のフロントクラーク山岸尚美
は突然背負わされたお荷物に閉口していました……が、彼女
なりに協力しようとしている姿勢には頭が下がります。警察
が殺人犯を逮捕しようとこのホテルに網を張って待ち構える
ため、刑事たちを従業員に化けさせるという作戦に駆り出さ
れたため、彼女は新田浩介という刑事をフロントマンに仕立
て上げなくてはならなかったのです。

一方、新田警部補としては、犯人逮捕のためとはいえ、やれ
言葉遣いに気をつけろだの、しゃんとして歩けだの言われる
のにはうんざりだったでしょうが、その若さで警視庁捜査一
課の刑事になれるほどの人物とはいえ、彼はまだまだ成長す
る余地があったようです(苦笑)。所轄の能勢刑事の掌の上
で(そして山岸さんの助力もあって)、要らぬプライドを捨
て、その頭脳を目的のためにきちんと働かせるという成長ぶ
りをみられたのもまた楽しい。

事件は単なる連続殺人事件という様相ではなく、一件の殺人
をモジュールとしてそれを複数組み合わせて構築した複雑な
構造でした。それを計画した犯人も、その真の狙いとされた
被害者も思いもよらぬ意外な人物でした。というか、ワタシ
には全く分かりませんでした!
このお話のスピンオフも出ているようですので、そちらも楽
しみに読みたいと思っています。


マスカレード・ホテル (集英社文庫)
集英社
2014-07-18
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マスカレード・ホテル (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ またのお越しを!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ意識 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる