姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆとり?

<<   作成日時 : 2015/04/13 21:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

図書館で借りた結構厚みのある文庫本でしたが、ストーリー
に引き込まれて一日で読み切ってしまいました。作者は堂場
瞬一、タイトルは『ルーキー 刑事一之瀬拓真の挑戦』です。
交番勤務の巡査から千代田署で刑事としてのスタートを切っ
た25歳の若者が、とある事件を通して先輩刑事の薫陶を受け
ながら徐々に成長していくお話。世代間の差や、警察内での
職務、職能を知り、そのスジの人々との接触など、主人公と
一緒にスリルを味わいました。

あの大震災直後の配属、ということで一之瀬は警察学校の同
期生だった城田の東北での活躍に内心引け目のようなものを
感じながらも、管内の居住人口がほぼゼロという、特殊な環
境下での仕事に取り組み始めました。物騒な事件とは縁が無
さそうな地域だというのに、歓迎会のその日から、殺人事件
の捜査に駆り出されます。
彼の指導係は藤島一成という、一之瀬からみたらほぼ倍近く
年上の刑事です。この人はなかなか物の分かった上司のよう
で、あまりに年の離れた若者だから、と変に気負いもせず、
馬鹿にもせず、違いがある事を頭に置きながらも人間味のあ
るアドバイスを一之瀬に上手く与えてやっていて、ちょっと
羨ましいぞキミ、なんて言いたくなってしまいました(苦笑)。

一之瀬の方も「ゆとり世代」(そのちょっと手前の世代だ、
と彼自身は言っていますが)と聞いて想起されるようなネガ
ティブなイメージの性質や、応用の利かないアタマの持ち主
ではなさそうですし、性格も割と素直で、これからの伸び代
を期待させる若者であるかと思われます。
若者らしい観察眼で、目撃された犯人の持っていたバッグの
ブランドを特定したりもしていますし(笑)。彼の成長を
楽しみにしつつ、このシリーズを読みたいと思っております。


ルーキー - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)
中央公論新社
2014-03-20
堂場 瞬一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルーキー - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 頑張れ、若造。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゆとり? 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる