姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 医は仁義

<<   作成日時 : 2015/05/18 21:24   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

任侠シリーズ第3弾を読みましたので、ご紹介したいと思い
ます。安心して読める極道さん達の小説で、しかも最後には
ホロリとさせられるのがまたニクい(笑)。これがシリーズ
の中では最も新しいものらしいので、また続きが出たら読み
たいと思っております。

今回、代貸日村にとっては悲劇(苦笑)の阿岐本組長の「病
気」は病院の経営立て直しでした。頭痛の種はさらにあって、
阿岐本組のシマである街の新しい住民からわき起こった暴力
団追放運動にも対処しなくてはならなくなったのです。
器の大きな阿岐本組長の指示のもと、日村の少数精鋭の若い
衆を適材適所に配して難局を乗り切ろうとする姿がカッコ良
い(笑)。
病院の医師や事務のスタッフとのやり取りや、地元の古くか
ら続く焼き鳥屋のおやじさんとの口の利き方が穏やか、かつ
辛抱強いのが見ていて感心してしまうほどです。

病院の経営を圧迫している外注業者のバックには、関西系の
暴力団がついており、阿岐本組が理事を務めるこの病院にせ
っせと嫌がらせをしてくるのですが、組長のやり方に感化さ
れた病院スタッフが一丸となってトラブルに対処するのには
思わず目頭が熱くなりました。
病院の医師不足、看護師不足が大きな問題となっていること
をこの小説で改めて詳しく知ったのですが、何とも暗澹たる
思いを禁じえません。
人の生死に関わる職業なだけに、有能な人材を育て、増やし、
この人たちが腕を振るいやすい環境を作っていって欲しいも
のだと切に思います。
それでこそ、多くの人が安心して暮らしていけるというもの
ですし。

心配性の日村には気の毒と思うのですが、これからも阿岐本
組のNo.2として、組長に振り回されつつも懸命に行動して
いるその背中を見せて欲しい……もし万が一怪我をしたとし
ても、あの病院のお医者さんが必ず治すといってくれている
のですから、きっと大丈夫でしょう(笑)!


任侠病院
実業之日本社
今野 敏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 任侠病院 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ たこ焼き=ご馳走
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医は仁義 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる