姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 心理操作

<<   作成日時 : 2015/10/01 21:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

警視庁捜査一課の最終尋問兵器、エンマ様こと楯岡絵麻
((永遠の)28)の活躍第2弾、『ブラック・コール』を読
みましたので、ご紹介したいと思います。作者は佐藤青南で
す。ここしばらく図書館通いが続いていたのですが、残念な
がらこの小説は図書館の蔵書にありませんでしたので、古本
屋からゲットです。取調室と居酒屋くらいしか場面転換が無
さそうなのがネックかもしれませんが、もしドラマ化された
としたら、是非見てみたいものです。

今巻も4つの短編からなっています。相変わらずの美貌と鋭
い観察力と洞察力を閃かすエンマ様の活躍が眩しい(笑)。
そのパワーの矛先がひたすら向けられている部下、西野は散
々な目にあっていますが(主としてトイレ関係(苦笑))、
それでも事件解決後には二人で祝杯をあげているのですから、
なんのかんのといっても良いコンビなのだろうと思います。

また、こき使うのは西野だけではなく、同僚の筒井という頭
の固そうな、かつコチコチの女性差別主義者の権化のような
オヤジも巧く転がしているのが小気味良い。ただ、最終的に
は筒井の目も変わってきたのか、エンマ様に対する態度が若
干軟化しているのが微笑ましいのです。これでエンマ様が、
彼女の伎倆を振るいやすい環境を得て、数々の難事件を、快
刀乱麻を裁つが如く解決するシーンに繋がれば、と願ってお
ります。

最終話は、楯岡絵麻をエンマ様とならしめたあの因縁の事件
の解決編ですが、やや肩すかしというか物足りないというか、
もうちょっときっちり悪者に鉄槌を下すような終わり方だっ
たらいいなぁ〜、と希望してしまいます。とはいえ、犯人
(複数にすべきか?!)を生きたまま起訴し、裁判などにかけ
たところで面倒な状況になるのは想定内でしょうし……。
エンマ様はこの悲願を果たした後も、しっかり刑事として勤
めるつもりのようですので、また続きが楽しみとなりました。





↓ 掛け声 in WC
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心理操作 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる