姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 川辺の宿

<<   作成日時 : 2016/02/11 20:49   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに時代小説を、しかも初めての作家さんのを読みま
したので、ご紹介したいと思います。タイトルは『おっかな
の晩 船宿若狭屋あやかし話』、作者は折口真喜子です。
人の思いや不可思議な存在による力が、今よりももっと身近
に、そして頻繁に働いていたであろう時代が舞台の、じんわ
りと心に沁みてくるような短編集でした。

船宿若狭屋の女将、お涼がおおむね主人公と云えるのでしょ
うけど、彼女の父親の、今は隠居している甚八という親父
さんもなかなかどうしていい味を出しています。お涼が小さ
い頃の話になると、どうしても大人目線の語り手が必要とな
りますものね……。とにかく、様々な客や事態を切り盛りし
ていくお涼さんのしっかりした心根が頼もしくもあり、ぐい
ぐいと読み進められます。

とある遊女が朋輩に苛められたりしたときも、あるいは妙な
やっかみを受けてお涼さん自身に噂が立ったときも、その大
らかさと機転で切り抜けていく様がカッコいい(笑)。
また、役者仲間からの嫉妬を受けても、自分自身で工夫して、
なおかつ自分なりに考え出した方法で努力している仲蔵の姿
には、思わず我が身を重ね、そしてワタシ自身もこうありた
いなんて(できもしないだろうに)憧れてしまったりして
(苦笑)。
この世のものとは違う(かもしれない)存在への、お涼さん
の真摯な姿勢や生真面目さも、また好もしい点で、読んでい
て自分の気持ちが澄んでいくようです。

派手な剣劇や大がかりな権謀術数があるわけではありません
が、時代物の醍醐味をゆっくりじっくり味わうのにはちょう
ど良い一冊だと思われます。


おっかなの晩 (船宿若狭屋あやかし話)
東京創元社
折口 真喜子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おっかなの晩 (船宿若狭屋あやかし話) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 神の嫁
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川辺の宿 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる