姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 衣装係

<<   作成日時 : 2016/03/30 21:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

楽しみに待っておりました最新巻をご紹介したいと思います。
作者は江口夏実、『鬼灯の冷徹』第21巻です。第1巻から
見慣れてきたキャラの成長ぶりには、思わず親戚の小母さん
モードになってしまった自分がいたり、相変わらず何がしか
の豆知識が得られる漫画だなぁ、と感心したりの一冊でした。

とにかくお香姐さんをはじめとして、地獄には美女が多い
(笑)!
あののらりくらりとした檎を働かせるアクの強い美女(狐)
に、衆合地獄主任の地獄太夫という美女。この方がお香姐さ
んの上司になるのですが、なんと屏風の虎退治で有名な一休
禅師のお弟子さんだったとは、初めて知りました。
そもそも、一休さんが弟子を取ったりしていたとはまるで知
らなかったものですから、そうだったのか〜、とひたすら面
白く読んだのです。
この太夫とお香姐さんが事務的な書類と報告書を提出しに来
るだけのはずなのに、なぜか花魁道中のような華やかな道程
になっているのが可笑しい。それも、お香姐さんプロデュー
スの結果だというのですから、地獄で働いている人は自由だ
なぁ、なんて羨ましくなってしまいました。
座敷童子たちが、口を開けて美しい花魁を見送っている姿さ
えほのぼのしてます。

道中だけで終わってしまった(苦笑)のとは反対に、唐瓜が
非常に頼もしい部下に成長しています。彼が懸命に取ったと
思われるびっしり埋まったメモが眩しい。そして、そんな
成長ぶりを微笑ましげに眺めている鬼灯さまとお香姐さんも、
きっと感無量なことでしょう。
唐瓜の相棒、茄子の方には、まだまだこれから成長の余地が
あるということで、今後に期待したいと思います。
女性の着物の柄や扉絵など、ゆっくりじっくり眺めても楽し
める漫画ですので、またそのうち読み返すであろうことは想
像に難くありません(笑)。


鬼灯の冷徹(21) (モーニング KC)
講談社
2016-03-23
江口 夏実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鬼灯の冷徹(21) (モーニング KC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




↓ 大悟した!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
衣装係 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる