姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 幽霊噺

<<   作成日時 : 2016/05/30 21:21   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

初めての作家さんでしたが、良いのを見つけたとほくほくし
ております。作者は輪渡颯介、タイトルは『ばけたま長屋』
です。それほどおどろおどろしくない時代小説でしたので、
怖がりの人でも、夜中のトイレなどに起きても大丈夫なお話
と思われます。

指物師としての修行を終え、一本立ちしようと一人暮らしを
始めた弦次でしたが、広いからという理由で見つけた長屋が
どうやら妙だと気づきました。
店子は彼の他にはもう一人しかおらず、しかも何をして食っ
ているのか、まったくもって判然としない遊び人の三五郎だ
けだったのです。
弦次は意地で引っ越しは止めたのですが、ホッとしたことに
さらにもう一人、住人が増えました。
幽霊のみを描きたいと大真面目に思って、それゆえに貧乏暮
らしをしている絵師の雲居朔天でした。

うっかり朔天の幽霊見学を邪魔してしまったため、弦次は己
に鞭打って(笑)幽霊噺を仕入れてくるのですが、そもそも
あまり得意でないだけに苦労しているようで、その姿には悪
いと思いつつもついつい笑ってしまいます。
こんな状態の弦次の手助けをしてくれるのが妹のお照でした。
大工の棟梁の娘に生まれた彼女は元気でおきゃんで、見ている
こちらもその天真爛漫ぶりに頑張れ、と声援を送りたくなって
くるようなコです。

短編集と思いきや、最後の最後でおぉっと驚く仕掛けに度肝を
抜かれ(苦笑)、思わず前のページに戻って登場人物の名前を
頼りにページを遡り、やっと確認して納得してしまいました。
他の作品にも手を伸ばしたくなる作者を見つけて、ラッキーな
気分です。


ばけたま長屋
KADOKAWA/角川書店
輪渡 颯介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ばけたま長屋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓ 「女の直感」
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幽霊噺 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる