姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 天井の謎

<<   作成日時 : 2017/07/12 21:03   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ブームになっている時ほど手を出さず、それが下火になって
落ち着いてからどんな物かと試してみる、というワタシの
悪癖(?! 単に流行に疎いとも云う(笑))がいかんなく
応用された一冊をご紹介したいと思います。著者は西尾維新、
タイトルは『掟上今日子の備忘録』を読みました。短編集
なのですが、今日子さんの背負っている状態というのが
あまりに意表を突くもので、それを考えながらの読書ですと、
思ったより時間がかかってしまいました。

主人公(というか物語の語り手)は隠館厄介(それにしても、
この本の登場人物の名前は一度で変換しにくいものばかり…
…イエ、だからこそ個性的で印象に残るのかもしれませんが)
は、何か事件が起きた時には、無実だというのに必ずその
異常事態に関わりがあるのではないか、と周囲に疑いの目で
見られるという星の下に生まれたとかで、常に未の潔白を
証明してくれる探偵たちの連絡先リストを携帯している、と
いう人物です。
そして、その不運な語り手を助けてくれる掟上今日子さんと
いう探偵は、一日しか記憶が保てず、いったん眠ってしまう
とそれまでの(すなわち、前回眠って起きてから経験した
全てを)忘れてしまう、というどういう原因でそうなったの
か、まったく想像のおよばないスペックを持った、事件解決
までの時間にどうしてもリミットのあるという設定になって
いるのです。

探偵が依頼された内容としては「モノ探し」に大雑把に分類
できるかと思われますが、この二人の設定を知ってしまって
いると、ワタシにとってはその謎解きはどうでもよくて
(苦笑)、なぜ今日子さんはその日の記憶が翌日に無くなる
というのに、日本語という言語を得て(いや、別に何語で
あっても)それを基盤に考える、ということができるのか、
なぜ彼女の髪は処刑前のマリー・アントワネット状態なのか、
なぜ隠館は彼女と同じ25歳だというのに、妙にその年齢の
青年っぽくない、はっきり言えば爺むさい喋り方なのか、
そして彼女の部屋の天井の文字は何なのか、そちらの方が気
になってしまいました。


掟上今日子の備忘録
講談社
西尾 維新
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 掟上今日子の備忘録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓メモは身近に
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天井の謎 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる