アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スパイ小説」のブログ記事

みんなの「スパイ小説」ブログ

タイトル 日 時
勢いのみ
勢いのみ シリーズ物の第2弾『暗殺者の正義』をご紹介したいと思い ます。作者はマーク・グリーニーです。今回の舞台はアフリ カはスーダン、地図を確認してみないと場所の見当もつかな い自分が情けないですが(苦笑)、小説を通して何かしら 学べることがあるのは嬉しいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 21:44
誰が虎か
誰が虎か 最近楽しみになったスパイ小説シリーズ、「泥沼の家」の 第三弾『放たれた虎』をご紹介したいと思います。作者は ミック・ヘロンです。落ちこぼれスパイ(「遅い馬」)達の 活躍ばかりでなく、彼らの上に立つ者達のパワーゲームから も目の離せない一作でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 22:03
地味な男
地味な男 息もつかせぬアクションの連続にどきどきしながらページを 繰りました。マーク・グリーニーの『暗殺者グレイマン』を ご紹介したいと思います。シリーズ物になっていると知り、 これからの楽しみが増えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 11:59
三つの掟
三つの掟 この時代を舞台にした小説は、なんだかメンドクサイ(苦笑) かつ何一つ楽しい要素が無い、という思い込みによってほと んど読んだことが無かったのですが、ふと手に取ったのが 思いがけなくも当たりでしたので、嬉しくなってしまいまし た。柳広司の『ジョーカー・ゲーム』をご紹介したいと思い ます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/02 21:37

トップへ | みんなの「スパイ小説」ブログ

姐さんの本棚 スパイ小説のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる