アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
良き贋作
良き贋作 図書館でたまたま見つけてふと手に取って読んだのですが、 これが大当たりでした。久しぶりに大英帝国のヴィクトリア 朝時代に行けた気がします。北原尚彦の『シャーロック・ ホームズの蒐集』をご紹介したいと思います。線引きが大ま かだと云われていますが、これは「パロディ」ではなく、 明らかに見事な「パスティーシュ」でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/01 21:20
他山の石
他山の石 通勤電車の中って、人間のこんな生態が見られるのか……と 改めて整理して認識することが出来た、イラストをふんだん に使った事典です。『電車の中の迷惑な「ヤカラ」図鑑』を ご紹介したいと思います。細かい説明にスタイリッシュな絵 柄の、なかなか楽しい反面、いたたまれないような気分にも なる一冊でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/11 22:11
施錠済扉
施錠済扉 最近お気に入りの作者の別のシリーズを見つけましたので、 早速図書館で借りて読んでみました。青崎有吾の『ノッキン オン・ロックドドア』をご紹介したいと思います。短編集な のですが、全編を通してちらちらとほの見える過去の事件の 謎についてはまだこれからのようですので、続きが楽しみと なっております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/27 21:01
大事な時
大事な時 3ヵ月近く待ってようやく順番が回ってきて借りられました。 作者は柚木麻子、タイトルは『幹事のアッコちゃん』を読み ましたので、ご紹介したいと思います。読み終わるとアッコ ちゃんの言動からいつものように刺激をもらって、しゃんと しなきゃ、と自分自身に活を入れたくなった一冊でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/12 21:10
幽霊噺
幽霊噺 初めての作家さんでしたが、良いのを見つけたとほくほくし ております。作者は輪渡颯介、タイトルは『ばけたま長屋』 です。それほどおどろおどろしくない時代小説でしたので、 怖がりの人でも、夜中のトイレなどに起きても大丈夫なお話 と思われます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/30 21:21
踊る技能
踊る技能 実際に手足を動かして、そのテクニックや動きを自分の身に 染み込ませていくのも勿論大事ですが、一度改めて、文字で もって整理した情報をまとまった形で頭に吸収できたのが収 穫だと思われます。小松原庸子監修の『フラメンコ 美しく 魅せる上達のコツ 技術と心を磨く』をご紹介したいと思い ます。実は、この著者の舞踏団の舞台を見たことがあった ものですから、懐かしさと共に手に取りました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/22 21:14
技術文書
技術文書 GWに少々お勉強をしました。少しでも長く首の皮が繋がって いるように、この本を読んで仕事上のスキルアップを図ろう としたわけであります。タイトルは『技術系英文ライティン グ教本―基本・英文法・応用』、著者は中山裕木子です。 一言で言って大変役に立つ一冊で勉強になりました。もっと前 にかつこれまでに繰り返して読んでいたら自分のためになって いたことだろうと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/14 14:28
珈琲の縁
珈琲の縁 何とも優しい雰囲気の本を読みましたので、ご紹介したいと 思います。作者は八木沢里志、タイトルは『純喫茶トルンカ』 です。三編からなる短編集ですが、止まらずに一気読みして しまいました。これは自宅の部屋で、できればティッシュを 用意してから読み始めた方が無難かもしれません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 21:05
カクテル
カクテル 他に借りていた本があったにもかかわらず、こちらの方をつ いつい先に読んでしまいました。作者は秋川滝美、タイトル は『居酒屋ぼったくり』第5巻をご紹介したいと思います。 主役二人の距離が近づいて、読みながらニマニマ笑いが止ま りませんでした(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/25 21:32
同居生活
同居生活 たま〜に思い出したようにフランス文学に手を伸ばすのです が、今回のはこれでした。作者はバルバラ・コンスタンティ ーヌ、タイトルは『何度でも、おかえりを言おう』です。 図書館をフルに活用するようになり、色々なジャンルの本を 読めるようになってきたのが、自分でも嬉しい限りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 16:06
健康第一
健康第一 寝しなに読んだり、ちょっと体調が気になったりした時に 役立つ一冊と思われます。手元に置きたいと思いまして、最 近のワタシにしては珍しく、図書館から借りずに購入しまし た(苦笑)。タイトルは『オトナ女子の不調をなくす カラ ダにいいこと大全』、監修は小池弘人、ピンク色の表紙に 本文内のイラストも可愛らしく、文字のサイズも適度に大き い(ここ重要)読みやすい本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/21 20:57
本屋さん
本屋さん 書店を舞台にしたお話が最近増えてきたように思います。こ れもそのうちの一つだと思うのですが、似鳥鶏の『レジまで の推理 本屋さんの名探偵』をご紹介します。税金奪還の錦 の御旗のもと、本はほとんど図書館で借りて読むことにして いる今日この頃ですが、この本ばかりは、そうしたことが若 干後ろめたい気分になりました(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/29 21:14
川辺の宿
川辺の宿 久しぶりに時代小説を、しかも初めての作家さんのを読みま したので、ご紹介したいと思います。タイトルは『おっかな の晩 船宿若狭屋あやかし話』、作者は折口真喜子です。 人の思いや不可思議な存在による力が、今よりももっと身近 に、そして頻繁に働いていたであろう時代が舞台の、じんわ りと心に沁みてくるような短編集でした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/11 20:49
身分詐称
身分詐称 図書館で別の本を借りた時に偶然見つけた初めての作家さん でした。タイトルは『詐騎士』(これで「さぎし」と読みま す)、作者はかいとーこ、と何とも今風(?)な一冊でした。 借りている人が多いらしく、一巻目が書棚に戻ってきていた のを、たまたまワタシが捉えたといった状況らしいと推察し ます(笑)。久しぶりに読んだ剣と魔法のファンタジーでし たが、面白くて引き込まれて一気読みです! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/17 21:00
2015年 (2)
2015年 (2) 前回のに加えて、私が支払った市県民税+自動車税+車検な どなどの合計額と同じくらいの、図書館から借りた本の合計 額の内訳をお披露目しちゃいます: ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/10 20:57
2015年 (1)
2015年 (1) つい先月、市県民税がタダでさえ少ない私の口座からさっ引 かれて行きました……。前回、税金分の読んだ本をご紹介し てから半年ほどですが、せっせと読んだおかげか、はたまた 意地か、2015年度分の税金とほぼ同額の本を図書館から借 りて読み終えました!以下内訳です: ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/07 21:50
二転三転
二転三転 だんだんと寒くなってきましたので、こちらの場所を舞台と した小説を読んでみました。作者は東野圭吾、タイトルは 『疾風ロンド』です。結構厚みのある文庫本かと思いきや、 スピード感に満ちたストーリーで思ったよりさくさくと読み 切ってしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/25 21:37
順序
順序 季節の変わり目、何を着ようかと悩む季節となりました…… と書きましたが、悩むのは今に限ったことではなく、考えて みればいつもでした(苦笑)。勿論、温度的な問題もなきに しもあらずなのですが、かてて加えて、どんな洋服が自分に 合うのか否か、分からなくなっております。で、参考にと読 んでみたのが地曳いく子の『服を買うなら、捨てなさい』で した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/11 21:40
執行人
執行人 初めて読んだ作家さんでした。図書館でも、最近は文庫で出 版された本が借りられるのかぁ、と感無量です(笑)。タイ トルは『D1 警視庁暗殺部』、作者は矢月秀作です。法では 裁けぬ犯罪者を秘密裏に暗殺するチームの活躍を描いた、ス リルにみちたストーリーを楽しみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 21:00
心理操作
心理操作 警視庁捜査一課の最終尋問兵器、エンマ様こと楯岡絵麻 ((永遠の)28)の活躍第2弾、『ブラック・コール』を読 みましたので、ご紹介したいと思います。作者は佐藤青南で す。ここしばらく図書館通いが続いていたのですが、残念な がらこの小説は図書館の蔵書にありませんでしたので、古本 屋からゲットです。取調室と居酒屋くらいしか場面転換が無 さそうなのがネックかもしれませんが、もしドラマ化された としたら、是非見てみたいものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 21:27
職人気質
職人気質 確かドラマにもなっていたかと思うのですが、図書館で見つ けましたのをご紹介したいと思います。この作者のスタイル にすっかり慣れて、作品が沢山あるのを良いことに借りまく ってます(笑)。作者は今野敏です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/10 21:47
五日間
五日間 佐々木蔵之介主演で映画となりました『超高速! 参勤交代』 を原作本で読みましたので、ご紹介したいと思います。作者 は土橋章宏です。最初に図書館で見たとき、その表紙の絵が 実はあまりワタシの好みではなかったため読んでみるのをた めらっていたのですが、一度読み始めてしまうとお殿様ご一 行と一緒に磐城の山から江戸までを一気に駆け抜けてしまい ました(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/30 20:53
注意事項
注意事項 実物を手にするのにはお金がかかりますが、その貴重な代価 を払うからには失敗したくない……と思いまして、こちらを 読んでみました。『きくちいまが伝えたい! 買ってはいけ ない着物と着物まわり』をご紹介したいと思います。親近感 の持てるイラストと、分かりやすい文章と写真とで、とても 参考になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/13 20:54
名は体を
名は体を 第1巻を読んで面白かったものですから、図書館から続けて 借り出しました。秋川滝美の『居酒屋ぼったくり』第2巻を ご紹介したいと思います。ワインには色々銘柄もあるとは何 となく知ったつもりでいましたが、日本酒にもその地方ごと に長く続いた醸造元が作った様々な、しかも美味しそうなお 酒があるのだと、これを読んで改めて知りました。また、紹 介された地ビールも美味しそう、と読んだ限りでは思うので すが、ワタシはどうもビールが苦手なもので、それが我なが ら残念でなりません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/11 20:43
猛獣使い
猛獣使い 図書館でネット予約して借り出しました。東川篤哉の『ライ オンの歌が聞こえる』をご紹介したいと思います。平塚をテ リトリーとする(笑)ライオン探偵こと生野エルザと彼女の 相棒、川島美伽の活躍が楽しめた短編集でした。クスッと笑 えるユーモアが散りばめられて、その明るさと軽さがなんと も素敵な一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/30 21:08
用心棒
用心棒 安定した今野節を楽しんで読みました。今野敏『横浜みなと みらい署暴対係 防波堤』をご紹介したいと思います。こう した警察小説を多く読むようになるにつれ、この業界での隠 語が自分の語彙の中に増えていくのが感じられて嬉しいよう なちょっと怖いような(苦笑)、複雑な気分であります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/22 21:16
貫通銃創
貫通銃創 図書館でせっせと本を借りるようになって知った作家さんな のですが、安定して面白く読めるので、最近よく手に取るよ うになってしまいました。作者は今野敏、タイトルは『歌舞 伎町特別診療所 38口径の告発』です。倒叙物の小説ですの で、悪玉は最初に明らかになっているため、ある種の安心感 を持ってあっという間に読み切ってしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/05 22:28
まず検索
まず検索 ネットの世界がどのようになっているのか、現況をなんとな くでも掴めたら、と願って読んでみました。樺沢紫苑の『も う時間をムダにしない! 毎日90分でメール・ネット・SNS をすべて終わらせる99のシンプルな方法』という本です。 とにかくスマホ等で使われている言葉の定義だけでも触って みたような気がします。いやぁ、本当に、文明の利器はその 世界に入っていけるまでのハードルが高い……ってワタシだ けか(苦笑)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/10 21:11
マルB
マルB 「任侠」シリーズのスピンオフのような小説を読みましたの で、ご紹介したいと思います。作者は今野敏、タイトルは 『マル暴甘糟』です。阿岐本組を管轄内に擁していた警察署 とは違う署に勤務しているようですが、それでもやっぱり甘 糟は甘糟で、相変わらず出てくるお茶を律儀に断っているの がなんとも可愛いといいますか(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/06 22:38
リプレイ
リプレイ 可愛らしい詩の絵本を読みましたので、ご紹介したいと思い ます。作者はナディーン・ステアというごく普通の女性との ことで、この詩を作ったのは彼女が85歳の時だったのだと か。タイトルは『もしも人生をやりなおせるなら』……なん とも胸の痛みを伴うような、不可能なことだけに見ただけで 切なくなってしまいそうな題目だと思うのです(苦笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/01 21:40
出会い前
出会い前 あのお話の前日譚を読みましたので、ご紹介したいと思いま す。作者は東野圭吾、タイトルは『マスカレード・イブ』で す。ホテルのフロントクラークの山岸尚美と、警視庁捜査一 課の刑事、新田浩介のそれぞれが、『マスカレード・ホテル』 で出会う前に遭遇した種々の事件の短編集となっております。 ストーリーに引き込まれて、ほとんど本をおかずに読みきっ てしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/21 22:14
医は仁義
医は仁義 任侠シリーズ第3弾を読みましたので、ご紹介したいと思い ます。安心して読める極道さん達の小説で、しかも最後には ホロリとさせられるのがまたニクい(笑)。これがシリーズ の中では最も新しいものらしいので、また続きが出たら読み たいと思っております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/18 21:24
モラハラ
モラハラ 千代田署に配属された新人刑事の成長を描いた『見えざる貌  刑事一之瀬拓真の挑戦』を読みましたので、ご紹介したいと 思います。作者は堂場瞬一で、去年度からのマイキャンペー ン「税金奪還計画」(笑)の一環で知った作家さんの一人で す。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/10 19:27
段取り
段取り 仕事上で役立つであろうことを期待して、自分自身の勉強の ために読んでみました。著者は藤井美保代、タイトルは『仕 事が効率よくスムーズに進む! 事務ミスゼロのチェックリ スト50』です。改めて知ったのですが、事務という作業も ここまできちんと突き詰めて考えてみると、結構大変な縁の 下の力持ちなのだ、と目を見張る思いでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/03 20:38
中の人
中の人 ちょっとした不思議に謎解きが融合した、楽しいミステリを 読みましたので、ご紹介したいと思います。作者は加藤実秋、 タイトルは『アー・ユー・テディ?』です。現代の風物が上 手く織り交ぜられていて、しかもワタシのような流行に疎い 人でもついていけそうな感じなのが非常に嬉しい(笑)。 少しググってみようかな、と思う程度の分量なのが心ニクい です……まぁ、物足りないと思う人もきっといるのでしょう けれど。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/27 22:56
渡世の徒
渡世の徒 図書館から本を借りて払った税金のモトを取ってやろうとい う目論見で読み始めた色々な作家の中から、特に最近お気に 入りな今野敏のをご紹介したいと思います。タイトルは『任 侠学園』……どうやらシリーズの二冊目を最初に選んでしま ったようですが、そうとは知らなかったので、今度は最初の を探して読みたいと思います(笑)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/20 21:23
修正報告
修正報告 ワタクシ勘違いをしておりまして、自分が支払わなくてはな らない税金の総額を少なく見積もっておりました。市民税+ 所得税、それに足すことの自動車税の額には、前回ブログに 書いただけのでは、半額程度だと云う事が分かったのです (苦笑)!! で、その後もせっせと図書館通いをしました ところ、一年分の金額に達しましたので、ご報告したいと思 います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/19 21:15
応援 !!!
応援 !!! それぞれの職種で懸命に生きている女性のお仕事小説『エー ル!』(3)を読みましたので、ご紹介したいと思います。 どうやらこのシリーズはこれが最後のようですので、淋しい 限りです。もっと色々な職業の働く女性の姿を見て、現在の ワタシを振り返り、他山の石となって欲しかったのですが、 残念です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/15 22:11
ゆとり?
ゆとり? 図書館で借りた結構厚みのある文庫本でしたが、ストーリー に引き込まれて一日で読み切ってしまいました。作者は堂場 瞬一、タイトルは『ルーキー 刑事一之瀬拓真の挑戦』です。 交番勤務の巡査から千代田署で刑事としてのスタートを切っ た25歳の若者が、とある事件を通して先輩刑事の薫陶を受け ながら徐々に成長していくお話。世代間の差や、警察内での 職務、職能を知り、そのスジの人々との接触など、主人公と 一緒にスリルを味わいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/13 21:57
ユニーク
ユニーク ワタシの勝手なイメージで食わず嫌いになっていたのですが、 図書館の書棚に何となく手が伸びて、このたび初めてエッセ イを読んでみました。著者は山田詠美、タイトルは『4 Unique Girls 人生の主役になるための63のルール』です。 生きていく上で頭に入れておくべきポイントや、新たに目を 向けさせてもらえたような局面、なるほどなぁ、と納得した 事など、様々な発見ができた一冊でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/09 21:11
プロ意識
プロ意識 裏表紙をめくってみると、某氏からの寄贈品という判が押さ れていたのを見て吃驚しました。図書館で借りた『マスカレ ード・ホテル』をご紹介したいと思います。作者は東野圭吾 です。スリリングな展開に引き込まれて、ページを繰る手が 止まりませんでした。結構分厚い文庫でしたが、夢中になっ て読んだ一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/31 22:47
応援 !!
応援 !! 様々な職業で働く女性がヒロインの『エール!』(2)をご 紹介したいと思います。知っていた作家は坂木司だけでした が、アンソロジーということで新たな出会いに恵まれた一冊 となりました。短編集ですので寝しなに一編ずつ読み、明日 もう一日頑張ろう、と思うパワーに変換できるかも(笑)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/25 21:15
パシリ
パシリ 古本屋で見ていてもなかなか値段が定価から下がらないし、 続きは気になるしで買ってしまいました(苦笑)。浅葉なつ の『神様の御用人』第2巻をご紹介したいと思います。主人 公の良彦と、彼の最初の依頼人(神)の方位神・黄金と、腐 れ縁の親友藤波孝太郎の面々に、新メンバーが加わりました。 自分でもうちょっとコミュニケーションを取ろうね、とすっ かり世俗にまみれたおねーさんからは思わず言いたくなって しまう、穂乃香ちゃんという女子高生です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/20 21:31
エンマ様
エンマ様 お初の作家の短編集ですが、とても楽しんで読みました。作 者は佐藤青南、タイトルは『サイレント・ヴォイス』をご紹 介したいと思います。自称28歳の美人刑事、楯岡絵麻(ほぼ 3年ほど28歳のまま(笑))と彼女の部下の体育会系青年刑 事の西野とのコンビがなかなかイイ感じです。小説の舞台は 取調室であることが多いのですが、スリリングな駆け引きに 手に汗握ります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/16 21:18
英語 XV
英語 XV 昼間目一杯仕事をしてくるともう後は休むだけにしたい…… という怠け心に活を入れてくれる一冊でした。遠田和子・岩 渕デボラ共著の『eリーディング英語学習法』をご紹介した いと思います。現代文明の利器を駆使して行う、英語の勉強 法のあれこれをまとめて知ることができ、とにかく刺激を受 けてしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/12 22:16
蛇神付き
蛇神付き ぐーたらで残念なイケメン(苦笑)だというのに、なぜか多 くの人に愛されている、神瀬京介と彼の周囲の人々との日常 を描いた第2弾、『全裸男と蛇男 警視庁生活安全部遊撃捜 査班』で、作者は香月日輪です。……それにしても、楽しみ になってきたシリーズだというのにこれが最後かと思うと残 念でなりません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/09 21:13
和敬清寂
和敬清寂 まずは易しいところから、と児童書を入門書にしてみました。 永井郁子の『おしゃれさんの茶道はじめて物語』をご紹介し たいと思います。ファッションが大好きな女の子が、おばあ ちゃんの素敵な着物を着ていける場所を求めてお茶の教室へ 通う、ということからお話が始まっています。可愛らしい絵 がいっぱいで、見ているだけで気分が上がりそう(笑)。 専門的な事は大人向けの本に譲るとしても、大ざっぱな流れ と、茶道の雰囲気をつかむのに、ワタシにはちょうど良い一 冊だったと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/05 21:24
No 霊感
No 霊感 この作者の作品では、霊感があることを活かした主人公が多 かったと思いますが、今回はそれが無いことが強みとなって いる若手刑事が主人公のお話を読みましたので、ご紹介した いと思います。 タイトルは『全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班』 で、作者は香月日輪です。タイトルもですが、表紙の画もい ろいろと刺激が強そう(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/26 22:40
探偵の娘
探偵の娘 コナン君の女の子バージョン(?!)を読みましたので、ご紹 介したいと思います(イヤ、あっちは中身は高校生でしたっ け)。作者は東川篤哉、タイトルは『探偵少女アリサの事件 簿 溝ノ口より愛をこめて』です。図書館で予約したのです が、思ったより早く順番が回ってきたので嬉しかったのです (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/23 21:29
白地図
白地図 これは手元に置きたい一冊となりました。税金対策で図書館 から借りた『ナミヤ雑貨店の奇蹟』をご紹介したいと思いま す。作者は東野圭吾で、ワタシとしては久しぶりでした。時 空の流れが不可思議な、ミステリーとファンタジーを足して 二で割ったようなお話でしたが、じんわりと胸に迫るものが あることは間違いないと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 21:14
Wild cat
お初な作家を図書館で手に取りました。実は、表紙の絵はあ まり好みとは言い難いのですが、中身を開いて読み始めたら、 そのまま本を置くことなく一気読みでした(笑)。作者は 神永学、タイトルは『山猫』をご紹介したいと思います。自 分自身のルールに則って盗みを働く、ルパンのような怪盗の お話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/09 22:23
お茶の力
シリーズ第2弾を早速図書館から借り出してきて読みました。 作者は柚木麻子、タイトルは『3時のアッコちゃん』をご紹 介したいと思います。最近日本の小説ばかりを読んでいるよ うなので、たまには海外物も……とアタマの片隅では思って いるのですが、ワタシが読みたいようなのが図書館には見当 たらないのでどうしようか、などと思いつつ、ついこちらの をそそくさと読み始めるのですから、我ながらちょっと可笑 しい今日この頃でございます(苦笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/02 21:04
お料理
改めて料理とは深いなぁ、と思った一冊でした。阿部絢子の 『常識いらずのお料理入門 きほんのき』をご紹介したいと 思います。割とシンプルな造りで短時間で読めますが、新た な発見が多く、目から鱗でした。この本で初めてピーマンっ て生で食べても大丈夫なんだ!と知った次第なのですから (もしかして、こんなのワタシだけ……?!(苦笑))。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/28 21:37
小夜曲
ごく一般的な人々(この作者にしては珍しいんだとか)がど こかで関わり、出会って、繋がっていく、一つ一つは独立し た話でも全体がゆるくまとまっている『アイネクライネナハ トムジーク』をご紹介したいと思います。作者は伊坂幸太郎、 図書館に行ったときは必ず一度は棚を覗いて見る作家の一人 です。ちなみに今回、これを予約してからこうして読めるま で、3ヵ月近く経っていました(苦笑)! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 16:53
お弁当
読んで元気が湧いてくるようなお話でした。作者は柚木麻子、 タイトルは『ランチのアッコちゃん』をご紹介したいと思い ます。働く女性ならではの悩みや達成感を味わうシチュエー ションに、「あるある〜」とうなずきながら楽しめることで しょう。食事の後にさくっと読めて、また頑張ろうと力を貰 えます。たとえ食べたばかりだとしても、文中に出てくるメ ニューが美味しそうに思えるから不思議(笑)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/21 21:06
最終報告
人間目標があると不思議なことに、せっせとそれに近づこう とするものだ、と妙な風に感心しております(苦笑)。 税金分だけでも利用しよう、という目論見で始まった図書館 通いでしたが、今となっては結構楽しんで貸し出し期間毎に 好みの本やその他勉強になりそうなのを借り出してます。 で、このたび市民税+所得税、それに足すことの自動車税の 額に到達しましたのでご報告したいと思います(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/18 22:07
応援 !
色々な職種の、働く女性がヒロインとなっているアンソロ ジーを読みました。自分の生活を自分の働きで支えている人 の姿は美しい、と改めて思います……大変ではあるのですが、 そうでない場合を想像して比べて見ると、やはり彼女たちの 輝きは違って見えるのです。タイトルは『エール! 1』で、 まだ続きがあるようなのが楽しみです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/11 12:25
兼業家主
2015年初のブログとしましては、昨年末の休みに読んで思い きり笑った推理短編集をご紹介したいと思います。作者は東川 篤哉、タイトルは『私の嫌いな探偵』です。舞台は関東のどこ かにあるらしい烏賊川市、胡散臭いことこの上ない設定(笑) と、ユーモア溢れる文章に吹き出してしまうこと請け合いの お話ですので、公共交通機関で読むのはやや苦行かもしれませ ん。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/05 21:30
準主人公
中国文学に詳しい方はより楽しめるのではないかと予想され る、万城目学の『悟浄出立』を2014年最後のブログとして ご紹介したいと思います。表題の悟浄のような、作品の中の 脇役を主役に持ってきた、一種の二次創作のような感じかな、 と単純に分類してしまうのは勿体ないような気すらしていま す。昔読んだ「西遊記」や「三国志」(だったかな?!)を思 い出しながら、また学校の古文/漢文の授業で習った「四面 楚歌」等の故事成語を記憶の底から引っ張り出してきて読み ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/29 19:44
古代文字
久しぶりに刑事物を読みまして、ちょっと血が騒ぐというか、 そんな感覚を味わっております(笑)。図書館から借りてき ました『ペトロ』をご紹介したいと思います。作者は今野敏 で、このたび色々なシリーズを持っている作家だと知りまし た。楽しみが増えそうです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/25 21:04
貯金熱
なかなか給料も上がらない中、どうにか自分の生活や老後に 役立てたいと、少〜しずつ勉強し始めてみました。図書館か ら借りてきた、著者氏家祥美、タイトル『もっと貯める!  知識0でもできる! 貯蓄&投資入門』をご紹介したいと思 います。イラストがふんだんにある、とっつきやすい一冊だ と思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/22 20:21
神様たち
税金対策(?!)のために図書館から本をせっせと借り出して、 この作者のの作品に出会えて良かったと思うようになりまし た。小路幸也の『すべての神様の十月』をご紹介したいと思 います。「死神」、「貧乏神」、「疫病神」、「九十九神」 など様々な神様たちと、彼らがが見守る人間たちとが織りな す日常のお話の短編集となっております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/18 21:13
中間報告
ふとしたきっかけから取られた税金の金高分だけでも公共図 書館の本を読もう、と決心してからせっせと本を読むように なった今日この頃でございます。目標を持ってからの方が読 書量が増えた自分が我ながら滑稽に思えるのですが(苦笑)、 一冊読み終える毎に定価分の累積をしてみたところ、どうや らどうにか半額を超えたらしいので、何を読んだかご報告し たいと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/06 21:18
女怪盗
前作から続きが出ていたとは全く気がついていなくて、偶々 図書館で見つけて早速借りてきました。作者は坂木司、タイ トルは『僕と先生』です。二葉くん(大学生)と隼人くん (中学生)の他にも新たなメンバーが出てきて、だんだんと この世界に厚みが増し、ますます面白くなってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 21:45
人見知り
図書館の活用を心に決めてからというもの、何故かせっせと 読んでいる今日この頃となりました。やはり人間、目標が無 いといけません。しかも、その目標にリベンジの風味が加わ ると、いや〜、力が入るというか集中が途切れないといいま すか(苦笑)。予約してから思っていたよりもずっと早く借 りられました『純喫茶「一服堂」の四季』をご紹介したいと 思います。作者は東川篤哉、表紙の絵がどこかで見たことが あるような無いような気がするのもまた一興、ということで。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/24 22:49
目標: 5
粛々と税金奪還計画は進行中であります(笑)。図書館から 借りてきました、イラストが目にもあやな一冊をご紹介した いと思います。作者はおおたうに、タイトルは『美女図鑑』 です。シックな青い色の表紙で、眺めているだけでもなんだ かちょっと高級な感じ(?!笑)が漂い、一時現実から離れて 別世界に行けるような気がします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/23 21:32
獅子娘
最近立て続けにこの作者の本を図書館から借りまくっていま す(笑)。東川篤哉、タイトルは『ライオンの棲む街 〜平 塚おんな探偵の事件簿1〜』を読みましたので、ご紹介した いと思います。恋も仕事も一度に失った川島美伽は、地元に 帰ってきていました。傷心を抱えていたところ、高校の時の 同級生が仕事を手伝ってと声をかけてきたのです……その内 容とは、探偵事務所での助手でした! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/11/19 21:43
商店街
図書館から借りてきました、初めて読む作家さんです。小路 幸也の『花咲小路一丁目の刑事』をご紹介したいと思います。 謎解きのようなそうでないような、不思議な結末の話もあり ましたが、なんとなしに心が温まる、そんな印象の短編集で した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/17 21:11
魔女の時
魔法と探偵小説って、こんな風に共存できるんだ!と目を見 張る思いで楽しく読んでいます(笑)。作者は東川篤哉、タ イトルは『魔法使いと刑事たちの夏』です。図書館からせっ せと借り出して、払った税金のモトを取らねば、という目標 が出来てからの方が何だか一生懸命読んでいるように思える 自分が不思議というか何というか(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2014/11/16 21:59
魔女とM
税金奪還計画は着々と進行中であります(笑)。ネットから ではなく、紙のリクエストフォーマットで予約した本が借り られるようになったと連絡をもらい、いそいそと図書館に行 ってまいりました。作者は東川篤哉、タイトルは『魔法使い は完全犯罪の夢を見るか?』です。魔女にミステリと、ワタ シのツボな要素が一杯の一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/03 12:23
幸運な娘
先月引き落とされた市町村民税の金額に、愕然とし、ウンザ リし、驚き呆れるのを通り越すと怒りすら覚えて、なんとか モトが取れないかと無い知恵を絞りました(苦笑)。だって、 人が汗水垂らして働いたお金を、ろくでもないナマポに使わ れたらシャクじゃないですか……というわけで、ワタシが出 来そうな手段といえば、公共の図書館の活用しか思い浮かば ず、徴収された税金分と合計価格がせめて同額になるまで図 書館から本を借りて読もう、と決意した次第であります(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/27 21:37
食事法
毎日の食事の際、ちょっとこの本の内容を気に留めておくと 目の前のいつものご飯やおかずが少し違って見えるかもしれ ません。著者はドミニック・ローホー、タイトルは『シンプ ルに暮らす』です。章ごとに挟まれているカラー写真にも和 みながら、あっという間に読み終えてしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/22 21:22
頭のツボ
前のシリーズの(「手」と「足」)見やすくて割と分かりや すい造りに魅かれて、今回もこの作者のを読んでみました。 タイトルは『頭から体を癒す』、作者は森田真理です。写真 がふんだんにあり、文字も大きめなので、疲れ目のワタシに はちょうど良いかも(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/20 21:05
希望の書
元気で頑張る女の子の話をお求めの方には最適な一冊と思わ れます。ジョーン・バウアーの『負けないパティシエガール』 をご紹介します。児童向けの本とはいえ、読んでいる間はこ の世界ににどんどん引き込まれ、そして読み終えた後には、 ワタシもしっかりしなきゃと新たに引き締まった気持ちにな りました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/06 21:26
服と小物
自分に合わないような服を衝動的に/際限なく買わないよう に、必要なのをピックアップしてくれるのを手助けしてくれ る一冊かと思われます。著者はニーナ・ガルシア、タイトル は『ワンハンドレッド きれいな女性が持っているおしゃれ アイテム100』をご紹介したいと思います。カラフルかつ 個性的なイラストが目にも楽しい本です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 20:33
内輪もめ
初めてこの作家の本を読んでみました。池井戸潤の『不祥事』 をご紹介したいと思います。本の帯によればドラマ化もされ たようで、なるほどこれは実際に人間が動いている映像になっ たら面白いだろう、と思われます。 ワタシにとっては、まるで未知の業種の世界をかいま見せて もらって、世の中ってこういう風なんだ、とちょっとオトナ のほろ苦さ(苦笑)というかを味わったような気がしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/08 21:09
デコルテ
こんな風にコーディネート出来たら、ワタシも少しは素敵に 見えるかしらん、と願望と妄想が一緒になって、そのまま具 体化してくれたような本を読みましたので、ご紹介したいと 思います。作者は米澤よう子、タイトルは『パリ流おしゃれ アレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法』です。雰囲気の 良いイラストで、次々とページを繰りたくなることでしょう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/25 21:11
行先決定
そろそろ新刊が出てくる頃かな〜と期待しつつ、こちらを読 んでみました。『コミック&アニメ公式ガイド 鬼灯の冷徹 地獄の手引書』をご紹介したいと思います。文字が小さいの がやや難点といえば難点なのですが、アニメ版解説箇所では 多少カラーページもあり、ま、こんなものだろうと納得して おります(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/14 22:58
目から鱗
最近、顔のたるみ具合が気になりだしたこともあって、こち らの本を読んでみました。タイトルは『大人のリセット☆ ビューティー マイナス10歳!魔法のメイク&スキンケア』 です。著者はメデューサ、と一瞬「えっ?!」と息をのんで ギョッとしてしまいそうなお名前ですが(苦笑)、読んでい るうちにそんなことは全く気にならなくなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/12 22:51
膝を打つ
どんな業種であれ、その会社で働く上での悲喜こもごもは尽 きないものだと思います。そんな思いを詠んだ、特に女性か らの俳句(=川柳)をまとめた『女子会川柳 「調子どう?」 あんたが聞くまで絶好調』を読みましたので、ご紹介したい と思います。 ユーモラスな挿絵に大きな字で、目の疲れから本が読みづら くなってきた世代の方々にも楽しんでもらえること請け合い です(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/06 22:01
英語 XIV
学生の頃主に携わっていた分野のとは違い、仕事でこうした の分野の本から得る知識を重宝するようになってきました。 参考に出来る情報が多々ありましたので、ご紹介したいと思 います。著者は佐藤洋一、タイトルは『理工系のための英文 法再入門』です。理系向けということで情緒や修辞の美とは ひと味違う、英文の構築法を学べると思われます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/28 22:06
舞踊用語
身体の動きを言葉で言い表すのは難しいことは分かってはい るつもりですが、文系/文字人間としては、どうしてもこう いった本に頼りたくて読んでしまいました(苦笑)。著者は 濱田吾愛/新渡春、タイトルは『物語(ストーリー)で読む フラメンコ入門 用語辞典 A toZ』をご紹介したいと思いま す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/21 20:39
道案内役
地獄つながりの本を読むのが何だか無意識のうちにマイブー ムになってしまったようで、自分でもちょっと不思議に思っ ている今日この頃です(苦笑)。仲町六絵の『からくさ図書 館来客簿 〜冥官小野篁と優しい道なしたち〜』をご紹介し たいと思います。四つの短編からなる、あっさりと読めて、 かつちょっと心が洗われるような、そんな一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/09 22:32
猫>男
猫好きでもあまりそうでない人でも、何かしら思い当たって 笑ってしまう、そんなエッセイを読みましたのでご紹介した いと思います。作者はアリア・ゾーベル、タイトルは『男よ り猫がいい! その101の理由』です。ユーモア溢れる絵 もついた、さくっと読める大人向けの絵本、といった感じで す。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 21:39
美を保つ
細かい手順までその方法を懇切丁寧に、あるいはマニュアル のように書いてあるわけではないのですが、自分自身の体を 美しくしようとする気持ちを持続させてくれる本です。作者 はドミニック・ローホー、タイトルは『シンプルに生きる  美しいからだをつくる』です。ちょうどCDケースぐらいのサ イズの本でそれほど分厚くないので、持ち歩いて読み返すの にもちょうど良いかと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 21:11
境界線上
おそろしくタフな女刑事が主人公の小説です。作者は深町秋 生、タイトルは『アウトバーン』。きっと今の都会の裏/闇 はこんななのだろうか、と恐いもの見たさも手伝って(?)、 一気に読んでしまいました。玲瓏な美女だけに余計迫力が増 している気がします。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/30 20:23
足のツボ
以前読んだこの作者の『手から体を癒す』が良かったので、 その別バージョン(笑)『足から体を癒す』を読んでみまし た。作者は森田真理、前巻同様、分かりやすくて助かってい ます。寝る前に布団の中などで何となく足の裏を押している と、すうっと眠りに引き込まれていくので、最近は習慣化し ているかも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/25 22:17
逃亡先に
今巻でシリーズ完結ということで淋しい気もしないでもない のですが、無事に収まるべきところに収まったようですので、 ホッとしながら読みました。作者はローレンス・ブロック、 タイトルは『殺し屋 最後の仕事』です。ケラーの冒険も大 団円となりました。最初に云ってしまいますが、ハッピーエ ンドの結末ですので、また読み返したくなってしまいます (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/16 22:47
女の群像
短編集ということで、毎晩寝る前に一編ずつ、と思っていた にも関わらず、つい一気読みしてしまいました。久しぶりに 読んだ時代小説『おせん』をご紹介したいと思います。作者 は池波正太郎……まぁ、ぐいぐいと読んでしまうわけです (苦笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/09 21:27
御用聞き
ただでさえトシのせいか脆くなった涙腺を刺激してくれるお 話でした(苦笑)。初めて読んだ作家で、浅葉なつの『神様 の御用人』をご紹介したいと思います。四編からなる短編集 で、あっというまに引き込まれて読み切ってしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/02 22:32
購入方法
服選びという作業がだんだん難しくなる今日この頃(苦笑)、 ちょっと参考になってくれそうな本を読みましたので、ご紹 介したいと思います。作者は近藤亜子、タイトルは『30代か らの極上ワードローブ I LOVE FASHION』です。綺麗な カラー写真がふんだんにあって、めくっているだけでも楽し い気分に慣れます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/28 21:38
補/捕殺
楽しい学園ミステリを読みましたので、ご紹介したいと思い ます。作者は東川篤哉、タイトルは『殺意は必ず三度ある』 です。軽妙な語り口でサクサク読める……はずですが、ワタ シにはちょっとばかり不利な点がありました。すなわち、野 球音痴だったということです(苦笑)! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/04 10:14
算盤侍
珍しい職業のお侍が主人公の時代小説を読みましたので、ご 紹介したいと思います。作者は辻堂魁、タイトルは『風の市 兵衛』です。最初は、市井の人々との交流といった感じのお 話かと思っていましたが、読み進めるうちにスケールが大き くなってきて(笑)、止まらなくなってしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/01 22:29
人生相談
図書館でふと手に取ったのを、一気読みしてしまいました。 生活の諸々で生じてくる問題に、「あぁ、こんな考え方で対 処出来るのか」と、ちょっと気持ちを楽に出来る一冊だと思 われます。著者は香山リカ、タイトルは『ココロの美容液』 です。化粧品の美容液とほぼ同様の結果を表情と心にもたら してくれるような気がします(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/30 21:19
記憶法
書店に平積みになっているのを見て、どんな話だろうかと以 前から気になっていたのですが、今回ちょっと読んでみて… …ハマりそうです(笑)。タイトルは『万能鑑定士Qの事件 簿 I』、作者は松岡圭祐です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/28 21:29
花散歩
実際にはちゃんと分かっているわけではないのですが、その 文章に目を晒しているだけで自分が少〜しお利口になったよ うな気にさせてくれる作者の本です(苦笑)。澁澤龍彦 (「彦」だけが旧字になってくれない……当人が見たら嘆く でしょう。あるいはワタシの文字入力能力に問題があるのか ?!)の『フローラ逍遥』をご紹介したいと思います。 25種の花々について、図譜と共に花にまつわるあれこれの エッセイ集となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/19 16:55
習慣付け
我ながら自分の部屋の物の多さに、どうにかせにゃならん、 とは常々思っているのですがどうにも行動に移せないワタシ はこのテの本が大変好きです(苦笑)。作者は小松易、タイ トルは『たった1分で人生が変わる 片付けの習慣 実践編』 を読みましたので、ご紹介したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/07 21:09
手のツボ
病は気から、の逆バージョンかもしれませんが、何となくこ れを読んでやってみると調子がいいような気がしております (笑)。大きな字とイラストで、分かりやすく手の上から体 の部分に効果が届くマッサージ法を説明してくれている一冊 です。作者は森田真理、タイトルは『手から体を癒す』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/21 22:21
ネタ元
毎週アニメも楽しみにしているお気に入り漫画『鬼灯の冷徹』 の原作の細かい点についていろいろと解説してくれる本です。 『超解読 鬼灯の冷徹 地獄のヒミツのあれやこれ』を読み ましたので、ご紹介したいと思います。13巻の冒頭までの全 104話中の様々な事物について説明があるのですが、未読の 方は最後まで読まずにとっておく方が良いかもしれません (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/19 22:12
二匹目
第二の人生を謳歌している彼女の日常を楽しく読みました。 作者はM・C・ビートン、タイトルは『アガサ・レーズンと 猫泥棒』です。今回がシリーズの2冊目ですが、本国では 20冊ぐらい出ている人気作だというのも十分うなずけます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/03 21:27
育つ場所
児童書に分類されるのでしょうけれど、大人が読んでも、と りわけ少々疲れてしまった大人が読んでこそ、前向きな力を もらえるお話かと思われます。作者は香月日輪、タイトルは 『下町不思議町物語』です。最初はストーリーを追ってどん どん読み、二度目はじっくり、情景を噛み締めながら読みま した。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/23 22:38
ラスト1
古本屋のフェアの棚にあったので、何気なく手に取ってみま した。この本の中にあるような、気の張らない会話が交わせ る生身の人を身近に持つ能力に欠けるワタシとしては、やや 羨望の眼差しで読んだ一冊です。作者は益田ミリ、タイトル は『言えないコトバ』です。文庫本サイズのコミックエッセ イとなっております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/15 14:03
錠前師
久しぶりにその世界に一気に引き込まれる時代小説を読みま した。図書館で借りたのですが、これはぜひ手元に置きたい、 と早くも思っている一冊です。作者は田牧大和、タイトルは 『緋色からくり 女錠前師謎とき帖(一)』をご紹介したい と思います。続巻がありそうなので、今後が楽しみです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/10 20:47
墓穴
シチュエーション的には「雪の山荘」の雰囲気もありました が、基本は「交換殺人」がモチーフの小説です。作者は東川 篤哉、タイトルは『交換殺人には向かない夜』、烏賊川市シ リーズ第4弾の長編推理小説です。いつもの探偵事務所のメ ンバーに、奇特かつパワフル(苦笑)なお嬢様、十乗寺さく らさんが登場しています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/08 12:21
老婦人考
いわゆるジャケ買い、というのでしょうか、表紙の絵に惹か れて古本屋で購入しましたのをご紹介したいと思います。作 者は吉永南央(お初の作家でした)、タイトルは『萩を揺ら す雨』です。70を過ぎたお婆さんが主人公の推理短編小説集 で、正直申しまして、絵のほのぼの感からは想像出来なかっ た陰鬱さでした(苦笑)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/03 21:06
カラス
「しゃばけ」シリーズの作者の現代物、ということで読んで みたのをご紹介したいと思います。畠中恵の『アコギなのか リッパなのか 佐倉聖の事件簿』です。選挙事務所を舞台に した短編集ですが、票獲得を企てた政治的陰謀、といった大 胆なストーリーというのではなく、もっと泥臭い(苦笑)、 庶民的なミステリの短編集となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/01 22:00
動物の縁
図書館で偶然手に取った一冊でした。電車に乗っている間に でも読もうかと軽い気持ちでいたのですが、これが割と当た りの本でしたのでご紹介したいと思います。作者は蒼井上鷹 で、初めて読んだ作家でした。タイトルは『あなたの猫、お 預かりします』です。それぞれが少しづつリンクした推理短 編集となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/27 19:12
紳士服
男物の洋服のことを扱った本をワタシが読んでどうするの、 と最初はちらっと思ったのですが、この作者の本ということ で図書館にあったのを借りてみました。タイトルは『一流の 男の勝てる服 二流の男の負ける服』で、作者は政近準子で す。スーツの善し悪しについての本でしたが、新しいことを 知ることが出来たのが収穫でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/20 21:53
狂言誘拐
映画のシチュエーションにでもなりそうなお話でした。テキ ヤの親分の娘に頼まれ、彼女と共謀して誘拐犯を装ったどこ にでもいそうな大学生男子樽井翔太郎と、狂言と知らないヤ クザの対応ぶりが可笑しい『もう誘拐なんてしない』をご紹 介したいと思います。作者は東川篤哉です。 これは烏賊川市シリーズとは違って、実在の地名などが出て くるため、舞台となっている下関市や北九州市の人にはきっ と色々面白いことでしょう。土地勘のないワタシにはその面 白いであろうところが分からないのが残念です(苦笑)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/18 16:27
拾い屋
骨董品集めをメインの仕事としている女性をヒロインとした コージーミステリを読みましたので、ご紹介したいと思いま す。作者はシャロン・フィファー、タイトルは『アンティー ク雑貨探偵1 掘り出し物には理由がある』です。カフェ経 営やクッキー販売を行っているヒロイン達ほどスウィートで はないかも(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/11 22:37
姉妹愛
電車の中で一気読みしてしまいました。ほんの少〜しだけ 「ホラー?」なんて思う文章もあったりもしますが(あくま でワタシが思っただけですので、そう思わない方もいらっし ゃるかも)、全般的に楽しく読める『ここに死体を捨てない でください!』をご紹介したいと思います。作者は東川篤哉 です。あの烏賊川市シリーズの第5弾とのことですが、数字 の順番はさほど気にしなくても大丈夫です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/06 22:51
目標: 4
2014年初のブログということで、こちらをご紹介したいと 思います。「門松は冥土の旅の一里塚」といった狂歌もあっ たりもしますが、一つ年が過ぎ……ということを繰り返した 先はこんな風になりたい、と思うような写真集なのです。タ イトルは『Advanced Style ニューヨークで見つけた上級者 のおしゃれスナップ』、作者はアリ・セス・コーエンです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/04 22:34
維持管理
年を重ねて(ワタシの場合は、いたずらに馬齢を重ねて、と 云うべきか(苦笑))、人の間でそこそこ混じりあい、立ち 働いている立場にいる人は、どうしても(それほど大きいも のでなくとも)摩擦やすれ違いで心が痛んだり、体調によっ てもその疲労感が増したりすることが出てくると思います。 その時、少し気持ちを楽にしてくれる一冊をご紹介したいと 思います。作者は深澤真紀、タイトルは『自分をすり減らさ ないための人間関係メンテナンス術』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/23 22:16
三毛猫
猫好きの方もミステリファンも両方楽しめそうな小説を読み ました。タイトルからしてユーモアのある『完全犯罪に猫は 何匹必要か?』です。作者は東川篤哉です。ちょっと厚めの 文庫本でしたが、布団の中で寝しなに読むのにちょうど良い 感じで、笑って本を閉じられると思います(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/21 22:15
引退生活
将来こんな風に暮らせたらなぁ〜、とちょっと目標&憧れに したいようなミステリを読みましたので、ご紹介したいと思 います。作者はM. C. ビートン、タイトルは『アガサ・レー ズンの困った料理』です。これまでワタシが色々読んできた コージーミステリの主人公の中でも、年長組に入ると思われ ます(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/14 20:21
カフェ
読み終わって爽やかな元気をもらえたような一冊でした。作 者は香月日輪、タイトルは『妖怪アパートの幽雅な日常』第 9巻です。ヤングアダルト向け、ということで一気に読めて、 登場人物たちのエネルギーについていくためのスピード感が、 かえって心地よく感じられます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/07 12:13
上には上
タレント本だから、と食わず嫌いだったなぁ〜、と反省させ られました。こんなにアツく自分の好きな本について紹介し てくれているのを久しぶりに読んだ気がします。著者は児玉 清、タイトルは『寝ても覚めても本の虫』です。この中で紹 介されている本をぜひとも読んでみたい、という衝動にから れること間違いないと思われます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/02 21:42
服の基礎
日本とは事情が違うだろう、とは思いつつも、タイトルに惹 かれて図書館から借りてきました。作者はティム・ガン、ワ タシの気を引いた題目とは(笑)『全米N0. 1ファッション アドバイザーが教える 誰でも美しくなれる10の法則』です。 華やかなモデルやきらびやかな服の写真が載っているのを期 待していた方にはがっかりかもしれませんが、文字ばっかり の本です(苦笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/24 22:08
家の技術
またしても懲りないワタシは、およそ自分自身がやるかどう かすらもアヤシイ家事について、とりあえず本だけでも読も うと、果敢に挑戦してみました(苦笑)。タイトルは『かし こい家しごと』、ベターホーム協会編集です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/17 21:42
TPPO+S
普段会社等に着ていく服装について、いろいろと考えをまと めさせてくれる、そんな一冊でした。作者は政近準子、タイ トルは『もう、明日着ていく服に悩まない! 働く女性のス タイルアップレッスン』です。 丸ごとすべてを真似するのは不可能にしろ、洋服を買ったり 選んだりするときには頭の片隅で思い起こしておいて損はな いと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/10 13:19
感情制御
気に入っているイラストレーターが絵を描いている、という ことでたまたま図書館にあったのを借りてみました。監修・ 有川真由美、絵・森下えみこの『コミックで学ぶ イライラ の片付け方』です。本当に、上手い片付け方がやさしく書い てある本ですので、ストン、と胸に落ちる気がします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/02 17:34
薬草茶
タイトルに惹かれて読んでみました。有間カオルによる『魔 法使いのハーブティー』です。表紙の女の子のイラストの雰 囲気がちょっとノスタルジックな感じでした。中の文章もそ れほど引っかかることも無く、すんなり読めていけます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/21 22:36
服靴小物
とりあえず外に出て働いている以上、ハダカで出て行くワケ にもいかないので(大笑)服を着てはいるのですが、何を着 ていくのかが悩みの場合が多々あります。もしかしたら、 ひょっとすると、他の皆さんにはこの選ぶ作業がワタシのよ うに義務感の発露だけであったり、悩みの種や(自分への) がっかり感をもたらすものばかりではない作業ではないので しょう……そのような境地に近づきたい、という憧れもあっ て、ちょっとこれを読んでみました。進藤やす子の『進藤や す子の欲張りワードローブ』です。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/06 12:01
二番弟子
関東は某県にある、烏賊川市というとある街(笑)を舞台に したミステリの第2弾を読みましたので、ご紹介したいと思 います。作者は東川篤哉、タイトルは『密室に向かって撃て !』です。前巻のユニークかつトボケた感じの登場人物たち が縦横無尽(右往左往?!(笑))している様子に、思わずク スッと笑ってしまいます。実はワタシは、最終的な謎解きも 面白いのですが、そこに至るまでの文章の面白さの方に惹か れている、というのが正直なところです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/22 15:26
現代OL
若干メインの登場人物とタイトルに「チッ」とか思ったりし なかった、といえば嘘になりますが、面白く読めたのをご紹 介したいと思います(苦笑)。作者は井上ミノル、タイトル は『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』です。 漫画の絵自体はあまり綺麗とは言いがたいのですが(清少納 言スキーのワタシの僻目か)、ま、現代に置き換えたならこ んな感じ、というのにはナルホド、と思わせられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/26 22:11
烏賊川市
架空の街を舞台にしたユーモアのある、かつひねりの利いた 推理小説を読みましたのでご紹介したいと思います。作者は 東川篤哉、タイトルは『密室の鍵貸します』です。幸か不幸 か、この作者の本はよく古本屋に並んでいるのでついつい手 が伸びてしまうのです(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/19 21:59
休みの日
予約した本が準備出来た、と図書館から連絡をもらって早速 借りて読みました。文庫になるのを待てずに読みたいと思う お気に入りの作家の一人の、森見登美彦による『聖なる怠け 者の冒険』をご紹介したいと思います。ワタシのような関東 圏の人間からすると「京都」という地名の響きだけで異国情 緒(?!いや、まったく逆ですな(苦笑))を感じてしまうと ころが舞台となっているので、とてもわくわくしながら読み ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/17 23:11
三者三様
学校というのは学びの場であるはずですが、何故かそこで勉 強したはずのこととは違ったことの方が印象に残り、後にな って「あぁ、もっとちゃんと学んでおけば」と悔やむ思いを 起こさせる場所である……などと思ってしまうのはワタシだ けかもしれません(苦笑)。 が、部活動の方に鋭意エネルギーをつぎ込み、そこでの生活 を謳歌している高校生達もやはりいて、彼らが主人公となっ ているのが『学ばない探偵たちの学園』、作者は東川篤哉で す。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/11 11:29
女刑事
もともとのドラマを楽しんでみていたことから、この小説の 存在を知りました。作者はリチャード・キャッスル、タイト ルは『長い酷暑』です。さて、この作者はというと、そう、 ドラマの主人公として『CASTLE』で活躍中……すなわち、 架空の作家が書いた、これまたフィクションのミステリーな のです(笑)。この構造が何ともイタズラ心をそそるといい ますか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/05 21:51
過去の光
この著者の名前は占いの方でよく見かけたのですが、それと の関連性もあって、ちょうど良い本を見つけた、と思いまし た。作者は石井ゆかり、タイトルは『星をさがす』です。学 校の科目でいえば、もしかしたら地学、に分類されるのかも しれませんが、きれいさっぱり忘れてしまったワタシには星 に関する手頃な入門書となってくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/04 21:09
橋の島
それほどおどろおどろしくもない密室ものを読みましたので、 ご紹介したいと思います。作者は最近お気に入りの東川篤哉、 タイトルは『館島』です。図書館から借りてきて、あっとい う間に読み切ってしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/15 21:07
教師冥利
これまで漫画とアニメで楽しんできましたが、いよいよ小説 となりました!ページを繰る手ももどかしいような気持ちで 一気読みです(笑)。原作・イラストは尼子騒兵衛、小説を 阪口和久のコンビでの、『小説版 落第忍者乱太郎 ドクタ ケ忍者隊最強の軍師』をご紹介したいと思います。予告通り、 原作よりはちょっとハード&シビアでありながら、なおかつ アニメの世界のあれこれも取り込んであって、お得感満載な 一冊でもありました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/08 22:03
市松人形
後になってから心に染み入る小説を読みましたので、ご紹介 したいと思います。作者は梨木香歩、タイトルは『りかさん』 です。単細胞に出来上がっているワタシは、これを読んだ後 お人形の洋服を縫いたい、なんて柄にもないことを思ってみ たりしてしまいました(苦笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 20:36
光の闇
千年の時を超えて、今のワタシの精神上の鏡と言うか、砥石 となってくれている本を紹介してくれている一冊です。タイ トルは『ヘタな人生論より枕草子』、著者は荻野文子です。 古典そのものの勉強というよりも、『枕草子』を通して見え てくることに、はっとさせられる感じです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/06 15:48
生活テク
知っているようで知らないことの方が多いだろう、と思いま したので(苦笑)、何かまとめて書いてあるものを、とこれ を読んでみました。『覚えておきたい! 暮らしの基本100』 です。ふんだんにカラー写真が使われ、しかもなるほどと思 わせてくれる情報がいろいろと載っている、なかなか便利な 一冊でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/17 22:23
はづかし
季節が梅雨へと変わり、ちょっと夜の風が生暖かく感じるよ うになったりすると、その移り変わりについてちょっと考え たくなった……なんて気分になった時、かつまたちょっと勉 強らしき事をしたい気分になった時に読んでみました。林望 著の『リンボウ先生のうふふ枕草子』です。 枕草子全部の紹介ではないのですが、先生が面白いと思った 章段(古文の原文付き)の現代語訳とそれにまつわる説明な どに、ああなるほど、と膝を打つことが多々ありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/08 16:37
表具師
電車の中で読もうと思って、駅ビルの書店でささっと選んで 買ったのですが、これがけっこう当たりでした(笑)。作者 は行田尚希、タイトルは『路地裏のあやかしたち』です。 最近は色々なところから文庫が出ていて、読んだことが無い 社名だから、と食わず嫌いなところもあったのですが、見た 目と雰囲気と名前(?!笑)で本を判断してはいけないと改め て思いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/31 21:35
数札
最初の一冊が大アルカナのみの紹介でしたので、今回は小ア ルカナの方のが一冊にまとめられている、藤森緑の『続 初 めての人のためのらくらくタロット入門』を読んでみました。 ライダー・ウェイト版の絵柄と共に、正位置/逆位置のキー ワードを挙げてありますので、徐々にそれらを覚えていけた らいいかな、と思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/25 15:06
雑言執事
いつ予約をしたのか自分でも忘れてしまっていたところ、図 書館からメールをもらって取りに行って参りました。作者は 東川篤哉、タイトルは『謎解きはディナーのあとで』第3巻 です。例によって、表紙と中表紙のイラストをじっくり見比 べてみることから、この作品を楽しむのもおススメ(という かワタシがそうしてしまっているので)です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/18 15:46
猫の名言
今のワタシの住環境(および経済状況(苦笑))では動物を 飼うことは難しいので、せめてもとこうした本に慰めを求め ています。作者はミネット・ヴァレンタイン、タイトルは 『ねこの処方箋』です。文庫本より一回りくらい大きいサイ ズの、どこにでも持っていけて手軽に読める写真集です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 13:12
花の名前
GW中に実家の本棚を若干整理して、懐かしいのを見つけまし た。久しぶりに読み返したもので、ご紹介したいと思います。 作者は梨木香歩、タイトルは『家守綺譚』です。読んでいる 間はなぜか時が止まっているような、そんな不思議な感覚を 覚えました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/06 21:25
健康維持
本だけはやたらと増えて実際に行動が伴わないワタシですが (苦笑)、久しぶりに付属のDVDを見て体を動かしてみまし た。中村格子著、秋山エリカ監修の『実はスゴイ! 大人の ラジオ体操』です。あの音楽と共に体は何となく動きだすの ですが、これまでの無意識に行っていたのとはちょっと違う 雰囲気でできたような気がしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/05 19:59
白い鴉
渋谷のちょっと外れたところにある、個性的なホストクラブ 「club indigo」を舞台に、若者達とそのクラブのオーナーが 織りなす現代のミステリをご紹介したいと思います。作者は 加藤実秋、タイトルは『ホワイトクロウ』短編集ですので気 楽に読める一冊です。……そういえば、前にドラマ化されて、 何度か見たような気がします(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/30 21:09
一割引き
今の生活の全体像を、おカネの面から見直すのにちょうど良 い一冊かと思われます。監修渡辺タカコ、タイトルは『10 パーセント脱力生活 オカネ編』です。これで『10パーセ ント〜』のシリーズは全て出そろったことになりますが、ど れも働く女性にとっては、ふと気づいた時に読み返してちょ っとした安心感と自分で決める方向性のアドバイスをくれる 本だと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/22 21:56
街の耳目
名探偵の目となり耳となった、街の少年達の活躍を描いたシ リーズです。作者はT・マック&M・シトリン、タイトルは (少々長いのですが)『シャーロック・ホームズ&イレギュ ラーズ1 消されたサーカスの男』です。 児童向けの本ということですべてルビがふってありますが、 ストーリーは骨太です。前書きにもあるように「物語は…… (中略)……光ではなく、闇が支配する世界だ」という一文 にはわくわくさせられる、と思いませんか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/14 17:43
スート
とても彩り鮮やかなタロット占いの入門書をご紹介したいと 思います。作者は森村あこ、タイトルは『はじめてでもよく わかるタロット占い入門』です。ピンクの表紙に、本文や大 小アルカナのサンプルとして載っているのがフルカラーと、 見ているだけでうっとりするような感じの一冊です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/06 23:08
暴言執事
世の中本当に便利になって、インターネットで予約をしたと ころ、図書館からメールをもらって取りに行って参りました。 作者は東川篤哉、タイトルは『謎解きはディナーのあとで』 の第2巻です。前巻ほどは待たされずに借りられたので、ホ クホクしながら読みました(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/25 21:46
探偵助手
「あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします」が キャッチフレーズの探偵事務所の第2弾の短編集です。 作者は乾くるみ、タイトルは『カラット探偵事務所の事件簿 2』です。一般的なイメージとしては短編集ですから、どこ から読んでも楽しめるはずですが(もちろん、この作品もそ うではあるのですが)、一巻目の最終話と、この巻の最後の 話とがリンクしていて、あっと思わず声を上げたくなります (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/18 21:28
英語 XIII
とても基本的な動詞で、しかも数語の単語の組み合わせで、 ごく普通に呟いてしまうようなフレーズを集めた一冊です。 監修、辰巳友昭、タイトルは『もっとやさしい 起きてから 寝るまで英語表現600』です。CDもついていますので、耳 の練習や発音のお手本にもちょうど良いかと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/17 09:57
展開法
割とシンプルな、初心者向けのタロット本を読みましたので、 ご紹介したいと思います。作者は浜田優子、タイトルは『す べてのカードで占う 一番やさしいタロット』です。題名に 違わず、小難しい定義は一切なし、ですのでリラックスした い時にもちょうど良いかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/09 16:41
CRC
その翻訳について学ぼうとしているので、実像についてもっ と知りたいと、この本を読んでみました。著者は石橋寿子、 タイトルは『臨床で役立つ治験のいろは』です。A4くらい のサイズに、ページ数は60ページぐらいなので、気負わず に読める入門書かと思われます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/02 22:59
連合野
込み入った、しかも未知の領域の分野のことについて、ほん の少しですが知ることが出来たように思います。著者は久保 田競、タイトルは『図解 最高権威が語る! 脳を良くする 小さな習慣』をご紹介したいと思います。見開きの左側にイ ラストが、そして右側に縦書きの説明が配置されて、読みや すい構成となっております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/23 22:50
小粒菓子
甘い雰囲気と美味しそうなお菓子、そしてミステリ好きの方 のひと時の楽しみになるお話をご紹介したいと思います。 作者はジェン・マッキンリー、タイトルは『ウェディングケ ーキにご用心』……「カップケーキ探偵」シリーズの始まり です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/16 21:38
10%OFF
毎日の仕事で、いつの間にか溜まってしまう疲れを取るヒン トがいろいろ見られる一冊です。働く女性の肩の力を抜き、 健康に過ごすことが出来る手助けになると思われます。監修 渡邉賀子、タイトルは『10パーセント脱力生活 カラダ編』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/10 21:45
神出鬼没
読んでいる間時を忘れる冒険ファンタジーをご紹介したいと 思います。作者はマイケル・J・サリヴァン、タイトルは 『王都の二人組』です。息の合った泥棒コンビが、カッコ良 く難題をクリアしていくシーンが見どころです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/08 20:05
種々の薬
ヘタな鉄砲も数撃ちゃ……ではありませんが、ワタシのザル 頭にも少しは何か残ってくれないかという儚い希望を持って、 また別の薬理学の本を読んでみました。作者は中原保裕と中 原さとみ、タイトルは『図解入門 メディカルサイエンスシ リーズ リベンジ薬理学 これならわかる!薬の作用メカニ ズム』です。 タイトル通りのこれなら分かる!……とはなかなか上手くい かないのは、読み手であるワタシのキャパのせいかも、とち ょっと忸怩たる思いもなきにしもあらずですが、それでも何 がしかは分かったよ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/28 20:57
翻訳関連書:1
新たな考え方を与えてくれる一冊だと思いました。『BASIC 800で書ける! 理系英文』をご紹介したいと思います。著 者は佐藤洋一、新書サイズで、しかも中身はオールカラーと いうとても取っ付き安い本です。気楽に読めて、仕事上英語 に携わる人などの役に立つことでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/26 22:10
三十一色
色の名前というのは、なぜかそれが外国語であっても不思議 とカッコ良く、素敵に聞こえるのですが、漢字で書かれたも のですと、そのうっとり感というかが倍増するように思えて なりません。そんな気持ちを味わうのに、まずは気軽な一歩 をこの本で踏み出せるのではないかと思います。作者はおお たうに、タイトルは『和の色 洒落色』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/19 23:26
赤毛一房
古代アイルランドを舞台としたミステリをご紹介したいと思 います。作者はピーター・トレメイン、タイトルは『修道女 フィデルマの洞察』、最初はちょっと取っ付きにくいかのよ うに思われるかも知れませんが、読んでいくうちに、噛めば 噛むほど味が出る、といった趣となる一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/07 22:22
宝石展
2013年初のブログ更新は、この一冊から始めたいと思いま す。作者は香月日輪、タイトルは『妖怪アパートの幽雅な日 常』第8巻です。 また一回り大きくなった夕士クンの成長ぶりと活躍が見られ て、ただただ嬉しく思っております(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/05 22:05
医療関連英語:3
2012年最後のブログとなりますのは、今年一年かけてちま ちまと勉強してきた医療関連英語分野の一冊です。著者は飯 田恭子/平井美津子、タイトルは『アタマとオシリでわかる 医療英単語』です。A5くらいのサイズのそれほど厚くはない 本ですので、入門として手に取るのにちょうど良いかと思わ れます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/30 20:44
9割運転
とかく頑張りすぎてしまって、自分で自分が疲れていること に気づかないことってありませんか? ワタシは姿勢が悪い せいかどうか、痛いのを通り越して肩がガチガチになってい ることが、自分自身でも分からないくらいなことがありまし た(苦笑)。それはともかく、世の頑張り屋さんの働く女性 たちにちょっとしたアドバイスをくれる本です。 監修は藤井佐和子、タイトルは『10パーセント脱力生活  ココロ編』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/24 10:43
少女探偵
作者の名前の懐かしさに思わず手に取った一冊です。タイト ルは『古時計の秘密』、作者はキャロリン・キーンです。こ の本を読み返して分かったのは、ワタシが最初(確か小学生 の頃)に読んだ時のは、おそらく子供用の抄訳であったのだ ろうということです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/10 21:23
睡眠時間
こうしてパソコンをいじっていると、どうしても夢中になっ てしまって、あるいはダラダラと止められないままもう夜中 ……という生活になっている自分に活をいれるつもりで読み ました。著者は久保田競、タイトルは『あなたの脳が9割変 わる! 超「朝活」法』です。いかに普段の規則正しい生活 が健康に役立つか、と改めて思わされた一冊でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/03 21:29
英語 XII
会社内での英検の準備に、ちょっとこれを使って練習してお りました。要はTOEICですので、ビジネス関係の耳慣らし、 および単語の増強を狙いたかったワケです(笑)。監修: 吉田研作、タイトルは『起きてから寝るまで英語表現700オ フィス編 完全改訂版』です。CDが2枚もついていますので、 かなりなボリュームかと思われます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 22:20
樅の木
「お菓子探偵」シリーズの第12弾を読みましたので、ご紹 介したいと思います。作者はジョアン・フルーク、タイトル は『プラムプディングが慌てている』です。ミネソタ州はレ イク・エデンの楽しい面々の暮らしが覗ける一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 22:17
別版
コードネームも名前も同じ、でも明らかに違うお話です…… でも、パワフルさは変わっていません(苦笑)。作者は高千 穂遙、タイトルは『ダーティペアFLASH@ 天使の憂鬱』で す。そうそう、ヒロインはもちろんケイとユリ! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 22:45
信濃路
以前の逃避行とは異なる旅をしている裏同心と一緒に、歩を 進めているような気になれる一冊です。タイトルは『遣手 (やりて)』、作者は佐伯泰英の「吉原裏同心」シリーズの 第六巻めです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/09 20:51
焼き菓子
会社の同僚から、実家から送られてきたという見事な紅玉林 檎のお裾分けをいただきました。深い赤のとても美しい林檎 で、静物画にしてとっておきたいようなほどでしたが、いか んせんワタシは花より団子派なもので(苦笑)、唯一と言っ てもよいくらいの、自分が作れるお菓子にしてしまいたいと 思います。 そこで参考にしたのが、大森いく子著、『型はひとつ! 大 好きな焼き菓子』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/27 22:55
南瓜の宴
久しぶりに読んだコージーミステリの一冊をご紹介したいと 思います。作者はローラ・チャイルズ、タイトルは『ほかほ かパンプキンとあぶない読書会』、ちょうど今の時節にぴっ たりのお話です。「卵料理のカフェ」シリーズの第3弾です ので、この世界の住人の皆さんと再会を楽しむような気分に なれるかとも思います。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/20 22:22
78枚
少しずつそれぞれのカードの意味を頭にしみ込ませようと、 これを読んでみました。タイトルは『いちばんやさしいタロ ットの教科書』、作者はルナ・マリアです。大アルカナ22枚 と小アルカナ56枚の計78枚、すべて解説してくれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/08 21:17
自己投資
なぜだかたまに、無性にこのテの本を読みたくもなったりし ます(笑)。タイトルは『イラスト図解版 30代からのお金 と時間の自己投資学』、作者は和田秀樹です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/06 22:56
理の有無
医療翻訳の参考になるかと思いまして、図書館から借りてき ました。著者は當瀬規嗣(とうせ のりつぐ)、タイトルは 『よくわかる薬理学の基本としくみ』です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 22:29
吸血鬼
ちょっとした待ち時間とか、すき間時間を利用して気軽に読 める時代小説です。作者は高橋由太、タイトルは『大江戸 あやかし犯科帳 雷獣びりびり クロスケ、吸血鬼になる』 です。実はワタシはこれを、車の半年点検をやってもらって いる間に読み切ってしまいました(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/24 21:25
新解釈
とても刺激的なタロットの本を読みましたので、ご紹介した いと思います。またこの本がワタシにとって特別なのは、初 めて自宅からインターネットで予約して借りた本だからです。 世の中本当に便利になったものだ、とつくづく感謝しながら メールで本が入ったと連絡をもらっていそいそ出かけて借り たものなのです(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/15 22:09
医療関連英語:2
いまだかつて、こんなに長いタイトルの本を手に取ったこと も無ければ、読んだ覚えもなく、またここに紹介するのも初 めての本です。著者は田淵アントニオ、タイトルは『トシ、 1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなけ れば解雇よ。』……なんとこれは、語学学習本だったのです (笑)!! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/10 21:02
英語 XI
地味なつくりに見えますが、看板に偽り無し、といった感じ の参考書です。著者は島村東世子、タイトルは『本当に役立 つ英文ビジネスEメール』です。仕事上で使うあんな場面の こんなフレーズ、こういう場合のあの言い回しをさっと引き 出すのにちょうどピッタリでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/03 22:29
ほどほど
妹だけが魔女の素質を受け継ぎ、その力を発揮しているにも かかわらず、メゲずに日々を送っている(苦笑)女の子のお 話の第2弾を紹介したいと思います。作者はサラ・ムリノフ スキ、タイトルは『カエルにちゃんとキスをする』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/01 22:02
医療関連英語:1
少しずつ読み進めていたものがどうにか読み終わりましたの で、ご紹介したいと思います。作者は山中マーガレット、タ イトルは『現場ですぐに役立つ! 看護・医療スタッフの英 語』です。 CDつきですので、耳慣らし/口慣らしの練習にもちょうど いいかと思われます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/13 15:11
いい時代
久しぶりに、この著者のエッセイを読みました。なぜかしば らく遠ざかっていたのですが、これを機にまた図書館で借り てみようと思います。作者はリンボウ先生こと林望、タイト ルは『帰宅の時代』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 21:54
組織と人
自分で自分の税金を払っている人は、ちょっと読んでみると 面白いと思います。図書館で見つけてきた一冊『最強スパイ の仕事術』をご紹介したいと思います。著者は、36年間CIA で働いてきたというピーター・アーネストです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/28 22:55
新単位
様々なことを計る物差しについて、面白く語ってくれている 本をご紹介したいと思います。著者は寄藤文平、タイトルは 『数字のモノサシ』です。ユニークなイラストもまた味があ って、一つ一つ眺めているといつの間にか時間が経ってしま います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/21 21:44
美人食
思わずメモの準備をしながら読みました(笑)。著者はエリ カ・アンギャル、タイトルは『世界一の美女になるダイエッ ト』です。 単に痩せる、という意味のダイエット、ではなく本来的な意 味での食事の仕方を分かりやすく、かつ親しみやすい語り口 で説明してくれている本です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/09 21:41
90種類
日本語の他にはアヤシゲな英語しかワタシがちょっとばかり 扱える言葉はありませんが、世界にはたくさん興味深い言語 があるんだなぁ、と改めて思わせてくれた一冊です。作者は 黒田龍之助、タイトルは『世界の言語入門』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/30 21:50
リメイク
震災で棚から落ちたミシンを、つい最近になって電器店に持 って行き、修理してもらいました。倒れた拍子に部品がポッ キリ折れていたものがすっかり元通りになって帰ってきまし たので、ホッとしております。そんなわけで今回こちらをご 紹介したいと思います。 作者は鈴木みえこ、タイトルは『キモノで、スカート』…… 丸々一冊、キモノを利用してのスカート等の作り方が載って います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/23 21:58
英語 X
先日社内の英検(要はTOEIC)を受けました。で、その準備 というかにこれを読みましたので、ご紹介したいと思います。 タイトルは『聞いて覚える英単語キクタン TOEIC (R)テスト Score 990』、編者は一杉武史です。CD二枚付ですので、聞 き流しながら単語を頭にしみ込ませるのにちょうど良いかと 思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/16 21:15
内弟子
図書館で面白いのを見つけましたので、ご紹介したいと思い ます。作者は田中啓文、タイトルは『笑酔亭梅寿謎解噺』、 漢字ばかりですとちょっと取っ付きにくいとみられてはソン ですので(苦笑)、無粋を承知であえてふりがなをふります と、しょうすいていばいじゅなぞときばなし、となります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/04 22:14
桜の道行
久しぶりに時代小説を読みました。「吉原裏同心」シリーズ の第5巻め『初花』、作者は佐伯泰英です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/28 23:06
お守り
新しい外国語を覚えたような気分になりました(笑)。タロ ットカードともにちょっと興味を持ったルーン文字について の本を読みましたので、ご紹介したいと思います。タイトル は『あなたの願いを叶えてくれるルーン占い入門』、作者は 石川楓花です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/24 21:13
書名に謎
ミステリ好きのお客が集まる古本屋(しかも、扱う本はミス テリばかり)を舞台にしたお話です。作者は乾くるみ、タイ トルは『蒼林堂古書店へようこそ』です。ヒトの好みですか らそれぞれでしょうけれど、ハッキリいって、ワタシは「ビ ブリア古書堂」よりこちらの古本屋の方が敷居が低いという か、もし売りに行けるなら、あるいは買いに寄れるなら、こ っちに行きたいと思います(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/21 21:35
回転木馬
図書館で何気なく借りてきたのですが、読み終わってみると これは買って手元に置きたい、と思った一冊でした.タイト ルは『真夜中のユニコーン 伊集院大介の休日』で、作者は 栗本薫です。名探偵伊集院大介シリーズの一冊ですが、彼自 身は最後の謎解きに登場するだけなので、伊集院大介ファン には物足りないかもしれませんが、ワタシにとっては、この お話のヒロインがお気に入りのタイプなので、別にそれは気 になりませんでした(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/14 22:39
台湾語
ゴールデンウィークも過ぎてしまい、世間の大きな休みとい えば、後は夏休みくらいでしょうけれど、もし海外に行ける なら、ここに行ってみたいと思うような場所を見つけました。 そう、311の大震災の時に、日本に多大な支援をしてくれ た台湾です。 とはいえ、先立つもののないワタシは、まずはこういった語 学本でお勉強です(笑)。タイトルは『イラスト会話ブック  台湾 台湾中国語』、画と文は太田垣晴子による、楽しく勉 強できる一冊かと思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/10 20:30
妹は魔女
思春期真っ盛りの女の子が主人公の可愛らしいお話をご紹介 したいと思います。作者はサラ・ムリノフスキ、タイトルは 『魔女とほうきの正しい使い方』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/07 21:52
出物腫物
毎日ワタシたちが出しているモノ……すなわちウンコについ て、こんな風に真摯に、かつユーモアたっぷりに、そして詳 しく書かれている本を初めて読みました(笑)。タイトルは 『ウンココロ』、文は藤田紘一郎、イラストは寄藤文平です。 ページが全体的に黄色いのは、やはり扱っているテーマが テーマだからでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/30 20:30
選択肢
たま〜に、自己啓発本(に類するもの)を無性に読んでみた くなるのですが、今回は珍しく(?)お坊さんが書いた本で す。『つらい時は「やってらんな〜い」て叫べばいいのよ』、 作者は水無昭善という人で、とあるテレビ番組に出ていたそ うですが、寡聞にしてそのことは全く知りませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/23 20:50
英語 IX
先月TOEICを受けたのですが、その結果が返ってきました。 スコアは……前回受けてから2年ほどブランクがあったので、 まぁ落ちているだろう、とは覚悟していましたが、実際その とおりだったので笑うしかないかと(泣笑)。半ばリハビリ のような気分でしたが、その際にこれを読んでテストの準備 をしておりました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/19 20:48
子持ち
「妖怪アパート」シリーズの最新刊を読みましたので、ご紹 介したいと思います。作者は香月日輪、タイトルは『妖怪ア パートの幽雅な日常』、第7巻です。春は出会いの、そして 別れの季節でもあります(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/16 20:43
王朝日記
ちょっとオシャレな古典文学を読みましたので、ご紹介した いと思います。タイトルは『王朝ガールズトーク×イラスト エッセイ 超訳 枕草子』、原作者は清少納言、訳者&イラ ストは森千章、の合作です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/12 20:43
薬九層倍
あまり良い意味ではない、とのことですが、上の「薬九層倍」 という言葉があることを、これを読んで初めて知りました。 『最新 医薬品業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本【第 2版】』、著者は荒川博之です。医薬に関する翻訳の勉強を している以上、その業界がどのようになっているのかを少し でも理解しておくのも大事だと思ったからです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/02 21:05
岡山弁
ワンコインで楽しい一時を過ごせる本をご紹介したいと思い ます。東川篤哉の『中途半端な密室』です。恥ずかしながら ワタシは、この方の名前をこれを読むまで「あつや」、と思 い込んでいましたが、「とくや」だったと改めて分かりまし た(苦笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/03/26 21:02
出入禁止
前巻の、吉原遊郭営業停止の裏で糸を引いた人物との暗闘が まだ少し残っている雰囲気の「吉原裏同心」シリーズ第4巻、 『清掻』をご紹介したいと思います。作者は佐伯泰英です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/22 20:19
いろは歌
がっぷり四つにこの本に取り組ませていただきました。柳瀬 尚紀による、『日本語は天才である』をご紹介したいと思い ます。いかに日本語という言語が奥が深く、また懐も深く、 変幻自在、融通無碍、臨機応変に翻訳者を助けてくれる存在 であるかを、これまた希有の日本語の使い手である著者が解 説してくれるのですが、読むこちらはフンドシを締め直して かからないと、そのあまりの情報量の多さに溺れてしまいそ うになります。 いえもっとも、これは読み手のこちら側の器量によるものな のですが(苦笑)。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/15 20:33
水面の花
「吉原裏同心」シリーズ第3巻、『見番』をご紹介したいと 思います。作者は佐伯泰英です。後書きを読んで気づいたの ですが、ワタシもこのシリーズという茶屋に上がって三度目、 ついに馴染みになれたか、と一人でにまにましながら楽しん でしまいました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/08 20:01
善意の第三者
古本屋を舞台としたミステリの第2巻がでたというので読ん でみました。タイトルは『ビブリア古書堂の事件手帖<2>  〜栞子さんと謎めく日常〜』、作者は三上延です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/01 21:02
内部地図
この作者の医療ミステリは読んだことはなかったのですが、 医学の勉強の基礎を知りたいと思いまして、図書館から借り て読んでみました。海堂尊、『トリセツ・カラダ』です。中 高生向けに書かれた本のようですが、ワタシには十分すぎる ほどでした(苦笑)。 ヨシタケシンスケによるイラストがまた味があって可愛らし くて、ちょっと込み入ったことでも理解の助けになってくれ ます。頁の左下に頭のてっぺんからヒトを輪切りにしたCT写 真がパラパラ漫画形式で載っていて、これもまた興味を引き ます。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/27 21:00
軍鶏鍋
二週間の期限を待たずにさっさと一巻目を返し、そそくさと 図書館から二巻目を借りてきました。ワクワクしながら手に 取ったのは、『吉原裏同心(二)足抜』です。作者は佐伯泰 英です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 20:27
液体臓器
少しでも、また少しずつでも人体のことを知るために、また 医療翻訳の素地になればと、図書館から借りてきて読んでみ ました。著者は奈良信雄、タイトルは『とっても気になる 血液の科学』です。 ワタシの好み通り(苦笑)、カラーで、わりと字も大きめで、 ところどころに図や写真もあり、とっつきやすい一冊でした。 脚注があって詳しいことが分かるのは良いことだとは思うの ですが、つい文章の途中でそちらに目を遣ってしまうと、今 まで読んでいた文を理解しようとしていたなけなしの集中力 が途切れ、再... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/16 20:56
駆け落ち
図書館でふと目に着いたのを借りてみました。シリーズ物の ようなので、これから楽しめる予感と共にご紹介したいと 思います。作者は佐伯泰英、タイトルは『吉原裏同心(一) 流離』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/09 20:55
共棲しよう
医療翻訳の参考になるかと、以前に読んだ『新版 医学・薬 学の翻訳・通訳 完全ガイドブック』に載っていた『好きに なる ○○』と云うシリーズを図書館で探してみたところ、 生物学のを見つけました。ですが、ちょっと頁をめくってみ たところ……字が小さい! 絵が妙に細かい! なんかぱっ と見黒い! ……ということであっさり挫折し(泣笑)、近 くの棚にあった違う本を借りてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/06 20:51
お嬢士官
冬の夜長、暖房器具を使わずに節電しながら布団の中でぬく ぬくとこうした冒険物語を読むのは、まったく至福の時、と しか云いようがありません(笑)。タイトルは『海軍士官 クリス・ロングナイフ 新任少尉、出撃!』、作者はマイク ・シェパードです。こうしたミリタリーSFは、空想の中で 遊べる(しかも自分は安全なまま(笑))格好の材料だと思 います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/02 20:12
英語 VIII
総括として、英語の文法を見直すのも大事と、これを読んで みました。タイトルは『おとなの楽習 英語のおさらい』で、 シリーズになっているようなのですが、特に順番に関係なく、 読んだものからご紹介したいと思います(苦笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 21:41
絵と文字
近くのホームセンターで天然石フェアなるものをやってまし て、そこで石に彫られた不思議な文字に興味を持ち、これを 図書館で借りて読んでみました。以前にこの作者のを読んで、 ちょっと親近感があったこともありますが、とてもよくまと まっていて分かりやすい一冊でした。タイトルは『タロット  ルーン ラブ・リーディング』で、作者は藤森緑です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 20:55
応急処置
病気や怪我は、あまりあっても困るものですが、もしそんな 事態になったときに少しでも対処法を知っていると、心強い ものだと思います。その参考となるのが『病気とけが 手当 のきほん おさらい帖』、作者は王瑞雲です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/19 21:23
大捜索網
「少年弁護士セオ」シリーズの第2巻、『誘拐ゲーム』を読 みましたので、ご紹介したいと思います。著者はジョン・グ リシャム、図書館の棚にこの巻が残っていたのを、かっさら ってきてしまいました(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/09 21:51
思考の根幹
最近お世話になってきた歯医者での待ち時間にでも読もうか と思っていたのですが、読み始めたら止まらなくて一気に読 んでしまいました。タイトルは『祖国とは国語』、著者は藤 原正彦です。グローバル化が進んでやれ◯◯語が必要だとか、 これからは××語だ、とかいったところで、自分の母語がで きなければ何の意味も無いのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/05 20:52
私、何色?
今年最後にご紹介する本は、泉智子の『もっと幸せになる  カラーセラピー』にしたいと思います。この一年、震災があ ってからというもの、自分の気持ちや考え方に大きな変化が あった方も多かったことでしょう。ワタシ自身も、昨日と同 じ今日、今日と変わらぬ明日がくるとは限らないのだと、ふ と気づくと、どこかで意識する自分がいる、と思うようにな りました。そして、普段の暮らしができることが、どんなに かありがたいことかとも感じております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/29 20:13
法律相談
「法律事務所」、「ザ・ファーム」などの著書がある(ワタ シは未読なのですが)ジョン・グリシャムによる『なぞの目 撃者 少年弁護士セオの事件簿1』を読みましたので、ご紹 介したいと思います。 これは児童向けに書かれたもの、とのことでしたが、アメリ カの法律などにはど素人なワタシにとっては分かりやすい説 明書でもあり、かつまたどきどきする物語でもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/22 20:52
和の入門編
そろそろクリスマスで街は華やか、きらびやかに飾られてロ マンチックな雰囲気……とはほど遠い生活を送っているワタ シとしましては、もっと先の未来を見越して(苦笑)お正月 を満喫すべく、『はじめよう! 和のある暮らし』を読んで みました。 三浦康子監修で、すみもとななみの絵がふんだんに楽しめる 一冊です。あくまでオシャレに和を、といった感じですので、 軽い気持ちで寝しなに読むのに最適です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/19 22:06
美も健康も
風邪の季節になったこともありますが、最近空気の乾燥が気 になって仕方がありませんでした。喉や顔の突っ張り感は勿 論ですが、どうも唇の端が切れてしまって、歯磨きなどのと きにしっかり開けることができなかったのです。 いろいろリップクリームやらを試したのですがどうもはかば かしくない……と思っていたところ、ネットで口角炎の治療 にはビタミンB2が良い、とあったので試してみました。と は言っても錠剤ではなくて(いろいろ買ったリップクリーム 代がかさんでいたので、ワタシの財布にしてみれば... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/12 20:52
まずは基本
お裁縫に関する土台を作ってくれる一冊だと思いまして、ご 紹介します。まったくの初心者には勿論、多少手芸のことを 分かってきた人にも参考に、そしてベテランの方には復習に なるものとして役立つことと思われます。作者は後藤三枝子、 タイトルは『手縫いのきほん おさらい帖』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/08 21:28
14のルール
「ブリジット・ジョーンズの日記」の作者の作品ということ で図書館で見つけたのを借りて読んでみました(微妙に日本 に対する偏見っぽい記述があるのも相変わらず(苦笑))。 タイトルは『オリヴィア・ジュールズ 彼女のたくましすぎ る想像力』で、ヘレン・フィールディングによるものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/05 20:54
118種類
放射能が心配、とか放射性物質がどうのとかいろいろ言われ てはいますが、はたして「じゃあそれは何?」と聞かれたと きに明確に答えられるかというと、ワタシには到底無理なの で、下記の本を図書館で見つけて勉強のために読んでみまし た。作者は寄藤文平、タイトルは『元素生活』です。イラス トがふんだんに、しかも表形式で様々な情報が1ページに詰 まっている、分かりやすくも面白い元素に関する一冊でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/01 21:16
優雅な金言集
手元において、自分自身に活を入れたくなった時とか、落ち 込んで何かに支えて欲しくなった時などにちょうどぴったり の本だと思います。作者は美輪明宏、タイトルは『花言葉』 ……とはいっても実際の植物にまつわる言葉を指すのではな くて、花のように美しくかつ力強い言葉の連なりであるので す。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/21 20:59
コンビで探偵
架空の地方都市を舞台にした安楽椅子型探偵の短編小説集で す。それぞれの謎が解けていくときの頭をくすぐられるよう な感覚がオツな味でございます。作者は乾くるみ、タイトル は『カラット探偵事務所の事件簿1』……シリーズ化するの かも、と思って良いのでしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/17 21:01
人間に関する事実
はるか昔の(苦笑)学校の教科書に出てくる古典の一節しか 読んだことがないものですから、それ以外の古典の文章など 外国語も同じなワタシにとっては、参考書の一種のつもりで 読んでみました。 作者は橋本治、タイトルは『これで古典がよくわかる』です。 文庫本で、それほどかしこまった文章で書かれているわけで はないので、わりと読みやすかったと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 20:49
少し昔の暮らし
この著者の本は学生の頃、もっぱら言語学関係でお世話に なったものですから、見覚えのある名前の割にかけはなれた タイトルだと思いつつ読んでみると、その当人だったことを 知ってびっくりした次第です。作者は鈴木孝夫、タイトルは 『しあわせ節電』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/10 20:51
姫達の失敗
図書館から借りて初めて読んでみましたが、なかなか言い得 て妙というか、こう現実をあからさまに見せつけられると夢 を見るいとまもないというか……いえ、もう夢などみている 状況でも気分でもないのですが(苦笑)。 作者はゴマブッ子、タイトルは『しくじり姫』です。ゲイの コラムニスト、ブロガーというこの作者の肩書きは伊達じゃ ないわ〜、と感心しきりでございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/31 20:28
営業の視点
いつもはその努力の産物である本が並べられている本屋さん に注意が向いてしまうのですが、この本で、実際に本が生ま れてワタシ達の手元に来るまでの流れを(多少なりとも)知 ることができたと思いました。作者は大崎梢、タイトルは 『平台がおまちかね』です。殺人事件とは無縁の、ほのぼの とした推理小説なのですが、謎解きと合わせて書店の裏側の 一端が覗けて楽しいお話でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/24 21:29
それぞれの春
ちょっと季節がずれてしまいましたが、春らしい、新たな旅 立ちを予感されてくれるお話でした。作者は霜島ケイ、タイ トルは『カラクリ荘の異人たち 〜春来るあやかし〜』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/20 21:12
パイから始まる
「卵料理のカフェ」シリーズの第2弾を読みましたので、ご 紹介したいと思います。「お茶と探偵」シリーズの作者でも あるローラ・チャイルズによる『チェリー・パイの困った届 け先』です。40代の女性がいきいきと人生を謳歌している コージーミステリで、安心して読めると思います。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/17 21:07
毒舌執事
もういつ予約をしたのかこちらが忘れていた頃になって、図 書館から電話がかかってきました。勇んで受け取りに行った のは、東川篤哉の『謎解きはディナーのあとで』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/10 22:08
神秘の絵板
深く知ったらきっと面白いだろうな、といろいろな種類の カードを見るたびに思っておりました。何をか、と言います と大アルカナと呼ばれるタロットカードです。まずはそれぞ れの意味をしっかり掴もうと、藤森緑の『初めての人のため のらくらくタロット入門』を読んでみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/03 21:04
ちび忍者達
コミックス版もあることはあるのですが、寝しなに読むのに ちょうどいいかな〜と思います。『アニメ絵本 劇場版忍た ま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』です。子供向けなので しょう、漢字にすべてルビがふってある本を手に取るのが久 しぶりで、何とも懐かしい気がします(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/01 18:04
アンカット
北鎌倉にあるという、とある古書店を舞台にしたお話です。 ちょっと風情のある街の古本屋を営む美女ときたものですか ら、ついつい手にとってしまいました。作者は三上延、タイ トルは『ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客 人たち〜』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/29 21:06
整理整頓by風水術
こうした本だけが溜まっていくような気がしている(その事 実もある)ということには目をつぶって(苦笑)、風水に基 づいた部屋の整頓法についての本をご紹介したいと思います。 作者は林 秀静(←漢字が違いますがうまく出せません。)、 タイトルは『運がいい人の「整理・整頓」風水術』です。 読み終わってのワタシのスローガンは「今度こそ部屋をきれ いに!!」「めざせ断捨離!!」です……声かけだけに終わ らないことを心に決めております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/22 23:18
ホテル世話焼き
こういうホテルがもしかしたら現実にもあるんじゃないだろ うか、と錯覚させてくれそうな小説でした。世界中からいろ いろな人の集まる現代の東京の一風景を切り取って見せてく れたように思われます。作者は加藤実秋、タイトルは『ホテ ルパラダイス銀河』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/08 20:36
物語の中の物語
暦の上ではまだ9月なのですが、秋にぴったりと思えるお話 を読んだので、ご紹介したいと思います。作者は高楼方子、 タイトルは『十一月の扉』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 21:34
江戸の婚活
本当にこんな催しがあったのか、はたまた小説の中だけのこ となのか、残念ながらワタシは不勉強にして知らないのです が、桜の時節の公開お見合い(?)と魔物のお話です。作者 は高橋由太、タイトルは『もののけ本所深川事件帖 オサキ 婚活する』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/29 21:15
男前なゴスロリ彼女
このお盆休みの間、何処へも行く(行ける)予定のなかった ワタシにとって、唯一の楽しみかつ避暑地だったのが図書館 でした。そこで普段は食わず嫌いのせいかあまり縁のなかっ た作家のを何気なく読んでみたら、これが結構面白かったの です。 作者は吉野匠、タイトルは『ルナティックガール』、表紙に はゴシック調のフリルたっぷりな、白い豪奢なドレス姿の女 の子がいて、見た目にちょっと可愛くかつスピード感のある お話に、一気に読み切ってしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/18 20:58
天女の湯屋
昔も今も避難所での生活がいかに大変だったか、ということ をまざまざと思い知らされる一作でした。諸田玲子の『天女 湯 おれん これがはじまり』をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/15 20:24
かぐや姫を捜して
この本は、小説なのか、エッセイなのかどちらに分類される べきなのか(まぁ、十中八九小説でしょうけれども)迷いつ つ、愉しくいつの間にか読み切ってしまいました。作者は 森見登美彦、タイトルは『美女と竹林』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/11 21:55
修学旅行
本屋で見つけたのでそのままレジへ直行しました(笑)。作 者は香月日輪、タイトルは『妖怪アパートの幽雅な日常』第 6巻です。夕士クンは条東商のみんなと修学旅行へ出かけて います。ワタシの時代とは違うんだな〜、とつくづく思わさ れましたが、スキー合宿だそうで……うらやましいような、 でもスポーツ音痴のワタシは遠慮したいような、フクザツな 気分でしたが。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/04 22:13
癒しの参考書
図書館でふと気になって手に取りました。シンプルなピンク 一色の表紙ですが、中身はいろいろなことがぎっしりの一冊 です。著者は武藤悦子、『決定版! スピリチュアル事典』 をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/28 23:40
謎掛け幽霊
心がぽっと温まるミステリを読みました。作者はナンシー・ アサートン、タイトルは『優しい幽霊1 ディミティおばさ ま現わる』です。シリーズになっているようですので、今後 がちょっと楽しみなお話です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/18 20:22
競争社会
人間が複数集まればそこに競争や確執が現れてくるのは当然 と言えば当然なのでしょうけれど、ちょっと行き過ぎたのが 見えたかな、と思ったのがこれです。作者は荒木源、タイト ルは『オケ老人!』です。 どちらかと言えばワタシは、主人公兼語り手の「ぼく」(高 校数学教師。アマチュアオーケストラの指揮者になってしま った青年)よりも、音楽会開催の裏で国家機密をめぐって暗 躍したアリョーシャこと有野の方にシンパシーを感じました。 というか、「ぼく」よりも有野が主人公になった方が、血湧 き肉踊... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/11 21:34
東西南北+鳥
本を閉じた後、なんとなくさわやかな気分になれるお話でし た。作者は伊坂幸太郎、タイトルは『砂漠』です。 実はこの本は、久しぶりに地元の図書館の本です。震災以降、 建物の強度の問題で閉鎖されていたのですが、つい最近やっ と開館となったので、借りてきたうちの一冊なのです。何を 読もうかと、以前と変わらない古びた本棚の間をうろうろ歩 き、特に何も期待もしないで手に取ったのですが、結構当た りでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/07 20:40
マダムと支配人と医師
今から1世紀ほど昔のイギリス、まだ婦人参政権の無かった 頃の英国を舞台にしたミステリです。タイトルは『マクダフ 医師のまちがった葬式』、作者はケイト・キングズバリーで す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/20 20:04
初ケンカ
人間界と異形のものの世界との境界に立つ、カラクリ荘を舞 台にした小説の第3弾、『カラクリ荘の異人たち3 〜帰り 花と忘れ音の時〜』をご紹介します。作者は霜島ケイです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/13 20:54
風の術
今映画になっている『プリンセス・トヨトミ』とは真逆の立 場になってしまうかもしれませんが、そこはワタシの天の邪 鬼根性、ということでご勘弁いただいて(苦笑)、今回ご紹 介したいのは『おばちゃんくの一小笑組』です。作者は多田 容子、たまたま書店で見つけて衝動買いした一冊でしたが、 大当たりでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/09 20:51
狐耳
とある男の子と青年陰陽師のお話をご紹介したいと思います。 作者は天野頌子(あまのしょうこ)、タイトルは『よろず占 い処 陰陽屋へようこそ』です。ちょっとハラハラしつつも、 最終的にはほっとした気分で本を閉じられる、そんな感じの 一冊です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/19 21:19
正しく心配
大震災が起きて二ヵ月が経ちました。まだまだ大変な事態が 続いていると思われますが、ちょっとこの天災と人災につい て、全体像をなんとなくですが掴みたく、これを読んでみま した。池上彰の『そうだったのか!池上彰の学べるニュース  5 東日本大震災と福島原発問題』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/12 20:36
新たな局面
我ながらこういうジャンルの本は珍しいと思ったのですが、 この震災で仕事やお金に関してもっと意識的にならねばと、 一念発起して手に取ったのがこれです。経済アナリスト、 森永卓郎の『大不況!! 年収120万円時代を生きる』で す。タイトルからして身につまされることばかり(泣笑)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 20:49
勢揃い
3月にアニメが映画化されました「落第忍者 乱太郎」の 公式キャラクターブックを手に入れましたので、ご紹介した いと思います。題して『落第忍者乱太郎 公式キャラクター ブック 忍たまの友 天之巻』(長いっ(苦笑))!充実し た内容となっております。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/25 20:52
英語 VII
3月の震災によっていつも利用している地元の図書館が閉鎖 になってしまいましたので、とても残念なのですが、今の 状況では致し方ありません。そのため小説らしい小説が読め なくなっておりますが、今回は本棚にあるこれをご紹介した いと思います。タイトルは『起きてから寝るまで英語表現 700 完全改訂版』、著者は吉田研作、荒井貴和、武藤克彦 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/14 21:54
文学のつながり
もちろん詳しく読み出したらこれだけではとどまらないので しょうけれど、全体を俯瞰して、ああこういうものだったの ね、とクリアにしてくれたのがこの本です。作者は清水義範、 タイトルは『身もフタもない日本文学史』です。タイトル からして、面白い(笑)! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/04 21:51
英語 VI
相対性理論を説明するのに、たしか美女の隣に座ることと、 熱いストーブの上に座ることを例えとして用いられていたよ うに思いますが、これはどうなのでしょう(苦笑)。作者は 広瀬直子、タイトルは『日本のことを1分間英語で話して みる』を読んでみました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/07 21:34
直感的推理法
以前この「なみだ探偵」シリーズの最初のを読んだと思うの ですが、実家の本棚のどこかに埋もれてしまっていて、どん な内容だったかはもう記憶の彼方なのです。が、最近になっ て二作目を読みましたので、ご紹介したいと思います。作者 は鯨統一郎、タイトルは『なみだ特捜班におまかせ! サイ コセラピスト波田煌子』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/03 20:47
ダンス大会
実は先日、社交ダンスのイベントに参加してきましたので、 それについてちょっとお話ししたいと思います。ワタシが 住んでいる県のダンス教室が十数カ所参加しての大会だった のですが、これまでまったく知らなかったダンスの世界を 垣間みることができました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/24 20:47
妖怪改方
「もののけ深川事件帖」の作者の新しいシリーズを書店で見 つけましたので、さっそく読んでみました。高橋由太の、 タイトルは『大江戸あやかし犯科帳 雷獣びりびり』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/21 20:23
都のバディ
久しぶりに雅な闇の世界の物語を読みました。作者は夢枕獏、 タイトルは『陰陽師 夜光杯ノ巻』です。九編からなる短編 集で、布団の中で一編ずつ読み、毎晩ふんわりとした気分で 眠りにつくことができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/14 21:04
人形の服
『苺田さんの話』という可愛い漫画を読んでからというもの、 お人形の服を作ることに興味があるのですが、生来の不器用 さと怠け癖のせいで、未だに実行に移せていません(苦笑)。 そんなワタシでも、ちょっといいナ、と思えたのがこちらの 本『ホビーラホビーレ Nina(ニーナ)の着せ替えブック』 です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/07 20:56
代理で探偵
お菓子探偵ハンナシリーズの第11弾を読みましたので、 ご紹介したいと思います。ヒロインのハンナ・スウェンセン を初めとして、レイク・エデンの住人たちとまた会えたね、 といった感じで楽しめました。タイトルは『シュークリーム は覗いている』、作者はジョアン・フルークです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/31 21:20
お月見パーティ
続きを待っておりました『妖怪アパートの幽雅な日常』の第 5巻が出ましたので、早速読んでみました。作者は香月日輪 です。ちなみにこの作者の「地獄堂」シリーズについての 広告が四つ折りで文庫の中に挟まっておりました。何となく 得した気分(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/20 21:19
ブルーマンデー
会社の中で働くということはどういうことかが、等身大の 主人公の目を通して描かれているお話です。タイトルは 『やってられない月曜日』、作者は柴田よしきです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/06 20:50
逆サイド
筋書きも分かっていますし、その結末のために見ているくせ に毎年テレビの前でティッシュの箱をかかえて泣くワタシ… …そう、この時期になると必ずどこかでやっている忠臣蔵に まつわる本です。とはいっても、赤穂浪士側から書いたもの ではなく、吉良サイドからの視点で書かれたお話で、作者は 清水義範、タイトルは『上野介の忠臣蔵』です。 ただ、筋金入りの(苦笑)赤穂びいきののワタシとしては、 たった一冊ばかり吉良視点のを読んだからといってそう簡単 に揺らぐものではありませんが、面白く読めた一冊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/13 21:09
秘薬っぽい
最近は本当に、アロマについての色々な本が出回るように なり、効能や使い方について書かれた新しいのが出るたびに、 どれもこれもとついつい欲しくなってしまいます(苦笑)。 使える時間とお金には限りがあるのは自明なのですが、衝動 に身を委ねてしまった一冊がコレです。著者は登石麻恭子、 タイトルは『魔女のアロマテラピー』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 20:58
暮らし方の見直しに
いよいよカレンダーも残すところ1枚となって、あぁ、今年 も早かったな〜……なんて思う時節がやって参りました。 大掃除やら何やらをしなければ、という心の声にせっつかれ るのですが、いかんせんワタシの部屋はカオスなので、それ に立ち向かうにはこういうハッパが必要なのです(苦笑)。 著者は金子由紀子、タイトルは『とびっきり居心地のいい  新☆シンプル暮らし』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/29 21:21
英語 V
英語関連本なのですが、同じ作者ので第2弾がありましたの で、これをご紹介したいと思います。著者は光藤京子、タイ トルは『働く女性の英語術 2nd season』です。 CDつきで、最近のビジネス事情や文化等についても興味深い 説明もあり、とてもお得な一冊です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/25 20:48
バイトは選ぼう
ワタシが持っている女子高生のイメージ(どんなものかは ご想像にお任せ)とはかけ離れたコが主人公のミステリでし た。作者は谷原秋桜子、タイトルは『天使が開けた密室』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/18 20:53
日本語 III
世情に疎い深窓の令嬢(?(大笑))のワタクシの目を開か せてくれた、現代日本語についての分かりやすい解説書を 図書館で見つけました。著者は深澤真紀、タイトルは『思わ ず使ってしまうおバカな日本語』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/11 21:04
落語で練習
最初に漫画を読んでしまったのですが、それで興味がわいた ので、原作も読んでみました。作者は佐藤多佳子、タイトル は『しゃべれどもしゃべれども』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/01 21:37
ギャップ
とても繊細かつ自由なものをモチーフにした、ミステリを 読みました。作者は坂木司、タイトルは『和菓子のアン』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/28 21:17
御器齧り
この著者の初エッセイ集、という帯の文句に引かれて買って みました。万城目学の『ザ・万歩計』です。 独特のユーモアのある文章に乗って、どんどん読み進められ ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/21 20:38
大食い合戦
江戸の昔からこんなバトルがあったのか〜、とちょっとびっ くりさせられる、鰻の大食い大会を舞台にした時代小説です。 作者は高橋由太、タイトルは『もののけ本所深川事件帖  オサキ鰻大食い合戦へ』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/18 21:04
英語 IV
前の職場にいたころにこれを聞いておけばもっと良かったで あろう本だ、と思いました。松崎久純の『ものづくりの英語 表現』をご紹介したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/11 21:05
満月と秋分と彼岸
カラクリ荘にやって来て1ヵ月ほど過ぎたあたりの太一を 描いた第2巻めを紹介したいと思います。作者は霜島ケイ、 タイトルは『カラクリ荘の異人たち 〜お月さんいくつ、 十三ななつ〜』です(長いわ〜(笑))。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/07 20:56
人生の休暇
ちょっと別の用で本屋さんに行ったのですが、ワンコインと いう値段と、この本の帯についていた10月23日より公開、 という文字に魅かれて衝動買いしてしまいました。それが 結構あたりの衝動買いだったものですから(笑)、ここに こうしてご紹介したいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/30 22:12
境界上にて
異世界とこちらの世界をつなぐ境界線上に建つ旅館兼下宿に、 とある高校生が入居することになりました。そのシチュエー ションはちょっと香月日輪の「妖怪アパート」シリーズに 似ているかもしれません(笑)タイトルは『カラクリ荘の 異人たち 〜もしくは賽河原町奇譚〜』、作者は霜島ケイ です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/27 20:58
ドラゴンの姫
昔のお姫さまは、悪いドラゴンにあ〜れ〜とか言っている うちにさらわれてしまっても、白馬の騎士や王子様が やってきて助けてくれるのを待っていれば良かったのです が、時が移るに連れて、お姫さまたちはただ王子様が助け にくるのを待たず、こちらから王子様を探しにいくように なりました(笑)。しかし、世の中にはもっとススんだ お姫さまもいるもので、このシモリーン姫は自らドラゴン に囚われにいってしまったのです!!顔だけが自慢で 頭カラッポの王子様と結婚させられるのがイヤだったので (笑)... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/23 18:09
英語 III
意志薄弱なワタシですが、一週間に一日、必ずまとめて勉強 する日を決めまして、錆び付きがちな語学のブラッシュ アップを図っております(苦笑)。 今回ご紹介したいのは、スティーブ・ソレイシィ著『英会話 ペラペラビジネス 100』です。タイトルを改めてこうし て書いてみると、なんだか軽〜そうに見えますが、仕事上で コミュニケーションをとる際のとっさに出したい一言の 集大成だと思います。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/16 22:18
タイムトリップ
時代小説とミステリとSFの要素が少しずつ混じった、なか なか面白い小説でした。タイトルは『小袖日記』、作者は 柴田よしきです。源氏物語をベースにしていながら現代風に もとれ、一気に読んでしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/06 20:56
接ぎ木
『靴を売るシンデレラ』の作者、ジョーン・バウアーの本を 図書館で見つけましたので、さっそく借りて読みました。 タイトルは『希望(ホープ)のいる町』です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/26 21:41
動物&人間
たまにTVで見てそのサバイバル能力とガッツに感心していた のですが、彼女の写真集(といってもファッション的なもの では無く(笑))を見つけましたので、ご紹介したいと思い ます。編集長イモトアヤコによる『珍獣ハンターイモトの 動物図鑑』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/19 23:08
女執事
執事、というとご主人の新聞に毎朝アイロンをかけ、衣類を ととのえ、家の管理をし、使用人を監督する、主に男性…… の仕事、というイメージが強いと思われるでしょうけれど、 この小説の主人公は女性で、しかもその執事の職に就いて いるのです!それもボディーガードも兼ねているというの ですから、並大抵の優秀さではありません(笑)。タイトル は『一度しか死ねない』、作者はリンダ・ハワードです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/12 23:38
犬も猫も
事務所が入っているビルの向かいが動物病院だったがために、 そこの獣医の紹介で、不本意ながら苦手な犬猫関係の事件を 手がけることとなった探偵のお話です。作者は我孫子武丸、 タイトルは『狩人は都を駆ける』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/09 20:31
書店の要石
とある駅ビルに入っている書店にて繰り広げられる、本屋 さんならではの謎を解く名探偵コンビの活躍を描いたシリー ズ、「成風堂書店事件メモ」の第3弾『サイン会はいかが?』 をご紹介したいと思います。著者は大崎 梢です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/05 22:09
フランス語
ちょっと仕事上で縁があったので、試しにこれを読んで みました。『CDエクスプレス フランス語』、著者は 筑紫文耀です。職場にフランス人の訪問者があったのですが、 とりあえず挨拶だけでも、という感じで目を通したのですが、 本の厚みが薄い割には内容がみっちり、という印象を受け ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/29 22:15
レベルアップ
新しく文庫が出ましたので、早速読んでしまいました。 香月日輪の『妖怪アパートの幽雅な日常』、第4巻です。 今回、夕士クンは、魔書を操るブックマスターとしても、 また一人の少年(そろそろ青年、か?)としても、また少し 成長を見せてくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/22 22:15
電話セールス
三度めの転職を果たしたヘレンの活躍を描くコージーミス テリのご紹介です。作者はエレイン・ヴィエッツ、タイトル は『おかけになった犯行は』です。今回のヘレンの職場は 洗剤を売る電話サービスなのですが、またしても過酷&劣悪 な状況で奮闘している彼女にはエールを送りたくなってしま います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/15 20:42
戦隊ポリス
こんな組織が本当にあったら面白いだろうな〜、と笑いが 止まらないまま読めた本でした。我孫子武丸の『警視庁 特捜班.jp(ドットジェイピー)』です。図書館で偶然見つけ た本でしたが、これは大当たりでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/12 20:46
英語 II
しばらく英語の勉強をサボってしまっていたところ、近い うちに必要となることが分かりましたので、耳のさび落とし にCD付きのこの本を読んでみました。作者は光藤京子、 タイトルは『働く女性の英語術』です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/05 20:59
プロフィール
最近とってもお気に入りの漫画『聖☆おにいさん』には、 神の子イエスと目覚めた人ブッダが立川で楽しくバカンスを 過ごしている、という設定のお話となっていますが、イエス を見守る大天使たちも、なかなか面白いキャラとして描かれ ています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/01 22:47
ドリトル探偵
獣医の先生と警察署の副所長というコンビが謎を解く、短編 推理小説集をご紹介したいと思います。大掛かりな陰謀 渦巻くスペクタクル、という訳ではありませんので、寝しな に読むのにぴったりの感じ(笑)。作者は五十嵐貴久、タイ トルは『土井徹先生の診療事件簿』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/21 21:17
初出張?!
「成風堂書店」シリーズ初の長編を読みましたので、ご紹介 したいと思います。(ワトソン役ですが)しっかり者の杏子 さんと、(ホームズ役ですが)やらた不器用な多絵ちゃんの コンビネーションが冴えるお話です。作者は大崎 梢、 タイトルは『晩夏に捧ぐ』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/17 20:24
副業
ある女性フリーライターが、同業者と組んで本業の他に始め たホストクラブを舞台として繰り広げられる、短編推理小説 集です。作者は加藤実秋、タイトルは『インディゴの夜』 です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/10 20:38
書店にて
ヒモ同然の夫から、財産分与と称してかっさらわれる収入を 得るまいと、安い時給の仕事をひたすらこなす毎日のヒロ イン、ヘレンが活躍するミステリの第2弾です。作者は エレイン・ヴィエッツ、タイトルは『死体にもカバーを』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/03 20:51
遅まきながら
今は、貨幣についての「利益」とは少々離れたスタンスを とる職場に仕事を得てしまいましたので、この本は派遣先 から切られる前に読んでおいた方が良かったかな〜、と ちらっと思いましたが、当事者の立場だと冷静ではいられ ないかもしれませんので、遅ればせながらかもしれませんが、 やはり今読んでみて良かったと思いました。 著者は、「週刊子供ニュース」でお父さん役だった池上彰、 タイトルは『会社のことよくわからないまま社会人になった 人へ』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/27 22:35
番長術師
三人悪、と異名を取るちび術師たちの活躍を描いた第2弾を 読みましたので、ご紹介したいと思います。作者は香月日輪、 『地獄堂霊界通信』、第2巻です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/24 23:06
With 狐
久しぶりに時代小説を読みましたので、ご紹介したいと思い ます。 なんとな〜く「しゃばけ」シリーズを彷彿とさせる感じです が、あちらは若旦那で日本橋の大店、こちらは深川の献残屋 (今でいうリサイクルショップ)の手代さんのお話で(笑)、 だいぶ懐具合には差があるようです。作者は高橋由太、タイ トルは『もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/20 22:55
行く道
いつか誰しもが年を取り、(運が良ければ自分以外の誰かの せいではなく)まっとうに寿命を終えるものですが、その時 までをどう過ごすのか、過ごせるのかは、その人次第という のが面白くもあり、哀しくもあるものです。今回ご紹介した いのは、コリン・ホルト・ソーヤーの『老人たちの生活と 推理』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/12 20:51
Brothers
いつもミステリばっかりなのも何だしな〜、と思っていた ところ、ちょっと前にNHKの教育TVの「Jブンガク」で 紹介していた本を図書館で見つけたので、読んでみました。 江國香織の『間宮兄弟』です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/10 21:26
高級ブティック
かなりキビシイ境遇に身を落とさざるをえなくなっている ヒロインが活躍するミステリをご紹介したいと思います。 作者はエレイン・ヴィエッツ、タイトルは『死ぬまで お買物』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/03 22:20
裏も隅も
本好きなら絶対に楽しめて、なおかつ「あるよね、こんな こと〜」と共感できる漫画だと思います。タイトルは『番線 〜本にまつわるエトセトラ〜』、作者は久世番子です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/28 22:24
少年術師
「妖怪アパート」シリーズですっかりファンになりました、 香月日輪の別シリーズを見つけましたので、ご紹介したいと 思います。タイトルを『地獄堂霊界通信』、第1巻です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/26 21:42
カフェ兼書店兼手芸店
お気に入りの作者から、新しいシリーズのコージーミステリ が出ましたので、ご紹介したいと思います。「お茶と ミステリ」シリーズの作者、ローラ・チャイルズの手による 『あつあつ卵の不吉な火曜日』、名付けて「卵料理のカフェ」 シリーズの第1弾です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/21 22:39
鍵は猫
懐かしい本が復刻したので、ご紹介したいと思います。 仁木悦子の『猫は知っていた』という、初版が50年ほど 前の作品で、ワタシが最初に読んだときは、講談社文庫から 出ていました。もし実家の本棚をひっくり返すパワーがあれ ば、他の作品も出てくるかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/04/14 22:25
黒くらべ
児童書なのですが、条件反射的に図書館から借りてきた本を 紹介したいと思います。タイトルは『黒魔女コンテスト』、 作者はエヴァ・イボットソンです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/11 12:01
普段着
自分ではとても無理、とは思っていても、見ているだけでも いいなぁ〜……とため息が出てしまいそうな手芸本をご紹介 したいと思います。作者はやまもとゆみ、タイトルは 『ミシンで着物 綿・麻・ゆかた』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/09 20:29
夏の思い出
今から80年ほど前のアメリカが舞台の物語をご紹介したいと 思います。作者はリチャード・ペック、タイトルは『シカゴ よりこわい町』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/02 20:44
軽い夫
前作が割と面白かったので、図書館で2巻めを借りてきまし た。滝田務雄の『田舎の刑事の闘病記』です。 闘病記、とはいっても、この気軽に読めるミステリの中です から、さほど深刻なものではありませんので、ご心配なく (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/26 21:18
体験学習
上の表題から思い起こされるような、明るく平和なイメージ からほど遠いようですが、映画にもなった『ぼくと1ルピー の神様』、作者はヴィカス・スワラップをご紹介したいと 思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/22 22:09
まず足下から
元気が出る物語をご紹したいと思います。作者はジョーン・ バウアー、タイトルは『靴を売るシンデレラ』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/14 20:36
重たい愛
コンピュータ世界も世間も広いようで狭いというべきか、 自分の知り合いが、というか部下が電脳世界に入ってきて、 同じゲームのパーティの仲間になろうとは、あ、お釈迦様 でも気がつくめぇ……といったところでしょうか(笑)。 今回は、滝田務雄の『田舎の刑事の趣味とお仕事』を紹介 したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/08 21:09
マダム奔走す
20世紀初頭の英国の田舎にあるホテルを舞台としたミス テリの第2弾、『パジャーズ・エンドの奇妙な死体』を ご紹介したいと思います。作者はケイト・キングズバリー です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/03 22:18
アラビア語
「紅の豚」という映画を見たときに、一行だけ逆の方向から 始まっていた文字の列がありました。初めて見たときには、 あれは何?と思ったものですが、今となるとその正体の見当 がつきます……アラビア語だったのですね〜。これがワタシ とアラビア語の(覚えている限りでは)最初の出会いだった と思います。 次に覚えているのは、以前職場にエジプトの人が研修に来た ということ。エジプトってことはムスリムだよね〜、何を 食事に出したものか、と営業の人が頭を抱えていましたが、 そのエジプト人はキリス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/01 19:35
舞踏会の裏
小野上明夜の「死神姫の再婚」シリーズの第4弾、 『死神姫の再婚 ー私の可愛い王子様ー』をご紹介したいと 思います。今巻のニューフェイスは、以下の四人です: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/28 21:05
この世をば
枕草子スキーのワタシとしては、藤原道長というと なんとなく敵、と思ってしまうのですが、この小説を読み ますと、その考えも変わってきたように思えてなりません。 作者は平岩弓枝、タイトルは『平安妖異伝』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/20 21:42
修業開始
香月日輪の『妖怪アパートの幽雅な日常』、第3巻をご紹介 したいと思います。今回も楽しく読み切ってしまいました♡ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/17 21:45
87分署?!
今野 敏の『東京ベイエリア分署 二重標的』を紹介したい と思います。東京ベイエリア分署、というのは東京湾岸分署 の別名ということですが、ワタシはついつい、和風87分署? なんて思ってしまいます(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/13 23:30
植物のチカラ
早い人はもうそろそろ準備をし始めるのでは……と、先日 ちょっと薬局で見かけたポスターで思いました。 何かと言いますと、そう、花粉症です。ワタシは幸いにして まだ発症していませんが、母がそうなので、おそらくいつか は出ることでしょう。で、そんなときに少しでも緩和でき れば、たとえ気休めでも(笑)ありがたいのではないかと 思い、これを読んでみました。作者は池田明子、タイトルは 『フィトセラピー生活12ヵ月』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/08 21:29
理系女子
昔読んでいたこの作者のを、最近になってまた見つけたので ご紹介したいと思います。タイトルは『あたしはメトロ ガール』、著者はジャネット・イヴァノヴィッチです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/07 12:44
骨蒐集家
Macが入院している間、図書館から借りたもので、もう手元 にはないのですが、これを紹介したいと思います。作者は ジェフリー・ディーヴァー、『ボーン・コレクター』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/03 22:44
小説版?!
イギリスにまだ婦人参政権もなかった時代、夫の遺した ホテルを切り盛りし、せいいっぱい頑張っている女性がヒロ インです。著者はケイト・キングズバリー、タイトルは 『ペニーフット・ホテル 受難の日』。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/21 22:27
お洋服
『苺田さんの話』を読んでからというもの、影響を受け易い ワタシはつい、図書館でこの本が目につくとすぐに借り出し てきてしまいました。著者は関口妙子、タイトルは『はじめ てのドール・コーディネイト・レシピ ーお人形服作りの 基本とコツー』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/19 17:18
夏・秋・冬
たまにはこういうのも読んで、自分の位置と言うかを確認 してみるのも面白い、と思います。七江亜紀著、『働く女性 のための色とスタイル教室』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/17 22:08
子供二人
今回でご紹介するのが3冊目となります、死神姫シリーズ、 著者は小野上明夜、タイトルは『死神姫の再婚 腹ぺこ道化 と玩具の兵隊』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/14 22:09
誤訳の指輪
とあるメルマガの中で紹介されていたのを図書館で見つけ ましたので、借りてみました。私にとって、この作者の本 を読むのはこれが初めてです。著者は道尾秀介、タイトルは 『ソロモンの犬』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/10 22:22
ブランドの周辺
とある十代の少女向けブランドの服を着たコばかりが被害者 となる殺人事件を解決すべく、二人の女性が、それぞれの 立場から動いていく小説です。著者は永井するみ、タイトル は、『さくら草』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/05 18:39
レンタル/リース神様
江戸の昔からこんな商売があったことにまず驚いてしまい ました。本のタイトルは『つくもがみ貸します』、作者は 「しゃばけ」シリーズの畠中 恵です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/03 21:58
顔見せ兼……
最近ハマったライトノベル、「死神姫」シリーズの第2弾、 小野上明夜の『死神姫の再婚 ー薔薇園の時計公爵ー』に ついてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/29 21:37
タロット本mini
一巻目に引き続いて読み切ってしまいました。香月日輪の 『妖怪アパートの幽雅な日常(2)』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/26 21:55
平安のブログ
枕草子が、といいますか平安朝がなんとなく気になっていた 今日この頃、面白いのを見つけました。『負け犬の遠吠え』 (ちなみにワタシは読んでいません……というより、読めて いません。あまりに現実過ぎて身につまされそうなので) の作者、酒井順子による『枕草子REMIX』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/23 11:40
若旦那と妖たち(4)
ちょっと紹介する順番を間違えてしまったようですが、今回 はしゃばけシリーズ第5弾、初の長編『うそうそ』、作者は 畠中恵です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/19 21:24
気分はすっかり
告白します。衝動買いでした(笑)。だってワタシのツボを 刺激する要素が二つも揃っていて……「魔女」と「化粧品」 なんですもの、抵抗不能!! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/16 21:55
大正浪漫風妖(?)館
長崎屋の若旦那は、物心ついたころからずっと妖たちと暮ら してきましたが、この物語の主人公は、急にそんな環境に 転がり込んでいかざるを得ない状況でした。タイトルは 『妖怪アパートの幽雅な日常 (1)』、作者は香月日輪です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/12 22:09
英語 I
今日は就業時間後に社内英検がありました。半期に一度の イベント(?)なのですが、管理職もその他大勢も、出張 とかでない限り、ほぼ全員受けることになっております。 社内英検といってもその実体はTOEIC IP Testというもの なのですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/09 22:32
これってもしかして
はじまりはとある雑誌の紹介コーナーでした。それをまた 偶然にもAmazonの画面で見つけ、「もしかして呼ばれて いる……?!」と思って買ったのが運のつき(笑)。 インターネットでちょっと調べてみると、ライトノベルと いう種類のだ、と分かりました。むか〜し昔読んだコバルト 文庫の進化形かも、と懐かしくてページをめくる手が早く (しかもさくさく読めてしまうものですから)なり、あっと いう間に一冊読み切ってしまいました……。 著者は小野上明夜、タイトルは『死神姫の再婚』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 21:48
祝・文庫化!
図書館でなかなか巡り会えない、と思っていましたら、書店 の平積み台で出会えました。ここのところずっと私のお気に 入り、森見登美彦の『新釈 走れメロス 他四編』が文庫に なっていたのです。ええもう、即、レジへ(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/26 22:08
修道女兼弁護士
古代に、しかも修道女で、かつ弁護士の資格を持つ女性…… 意外性満載なヒロインのミステリです。著者はピーター・ トレメイン、タイトルは『修道女フィデルマの叡智』です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/21 22:28
そうじの効用
先週末の土曜日に、季節性のインフルエンザの予防接種を 受けて来ました。それはまぁいいのですが、注射してもらっ た所を中心に腕が若干腫れまして、どうにも体もかったるい ので、今日は残業せずに帰ってきてしまいました。むうぅ、 稼ぎが減るかも(苦笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/19 22:13
兄妹の絆
ドラマを途中まで見ていたのですが、なぜか投げ出してしま いましたので、原作本を読んでみました。作者は東野圭吾、 タイトルは『流星の絆』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/12 21:43
美は細部に宿る
部屋の片付け本などを読んでいると、「ある一カ所を集中 して」とか、「時間が無いときはポイントを決めて」という ことで、台所をメインに不要品処分とか、トイレをキレイに しましょうとか書いてあるのを見かけますが、これはその やり方をちょうど人間に当てはめたものなんじゃないか…… と思いました。タイトルは『パーツコンシャス!』、REV- OWN監修です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/07 21:45
ロシア語
この前、ASEANからサービスエンジニアがやってきて技術 研修をしていった、と書いたことがあったと思いますが、 その時タイから来た人に、イタズラ心からちょっと聞いて みたい……と思ったことがありました。いえ、実際には勿論 聞いたりしていませんよ、こんなこと:「おたくの会社には、 ロアナプラに支社とかあったりする?!」なんて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/05 21:53
オツなオンナ
以前に『女性の品格』という本を読んでここに紹介したと 思いますが、どうもアレはワタシのようなヘソまがりとは 相性が良くなかったように思われます(笑)。 と、いうわけで今回は別な雰囲気のものを……美輪明宏に よる『乙女の教室』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/28 21:37
Prof. コヒブミー
最近、図書館における森見登美彦作品との遭遇率が高くて ささやかな幸せを感じております(笑)。このシルバー ウィークに読みましたのが、『恋文の技術』。当該書籍は ご自宅でお読みになることを推奨いたします。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/23 21:44
切手収集を少々
このシリーズがお気に入りで、前2作もいつか読み返したい と思っているのですが、とりあえず今日は最新作『殺しの パレード』、著者はローレンス・ブロックです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/21 20:56
独逸の伊太利亜人
先日の記事に「ドイツの協力会社」からサービスエンジニア がトレーニングに来ている、と書きましたが、実のところ 彼はドイツ人ではありません。イタリア人なのです。まるで テディベアのような、陽気なまるっこいおじさんで、話を していても、とてもユーモアがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/16 21:56
祭りの宵には
表紙のレトロな雰囲気に惹かれて手に取ってみたら、最近の お気に入りの森見登美彦の作品だったものですから、あっと いう間に読んでしまいました。タイトルは『宵山万華鏡』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/07 21:58
頭もついでに整頓
部屋のモノがあふれて散らかっていると、どれから手を付け たらいいのか迷います。これまでに読んだ収納関係の本に よると、「台所から攻める」など、まず一カ所決めて、そこ を集中的に片付けると良い、とありますが、その最初に決め る場所をどこにするか……まずはその決定からしなくては なりません(どこまでオマエは優柔不断なのだとおっしゃる ことなかれ(笑))。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/02 22:21
踊る殿様
図書館の棚に戻って来ていたのを見つけて、ひったくるよう に借りて来てしまいました(笑)。『のぼうの城』、作者は 和田 竜です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/31 19:53
とどろきセブン
以前紹介しました『ボクの町』の主人公、高木聖大クンの その後を描いた作品を読みました。作者は乃南アサ、 タイトルは『駆けこみ交番』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/26 22:02
死神は音楽がお好き
ちょっと不気味な表題をつけてしまいましたが、実際、登場 してくる主人公がそうなのですから、ウソとは言えません (笑)。著者は伊坂幸太郎、タイトルは『死神の精度』です。 夏ということで怪談(?!)を少々。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/19 21:25
手作りの参考
最近なんとなくソーイングが気になってしかたがないワタシ は、まずは本とカタチから入るのが習性になっています ので、こんな本を図書館から借りて来ました。タイトルは 『いちばんわかりやすいソーイングの基礎BOOK』、著者は 栗田佐穂子です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/15 20:55
目標その3
昨年亡くなったターシャ・テューダーの最後のインタビュー 集が出たというので、読んでみました。彼女自身の人生に ついての考え方や、暮らしや、仕事や、作品についての思い をじっくり読むことが出来て本当に心にしみる一冊です。 タイトルは『ターシャ・テューダー 最後のことば』。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/10 15:08
そしていつもの大団円
以前読みました『ダーティーペアの大征服』からしばらく 後……バーバリアンエイジで3ヶ月過ごしたその後のお話が この『ダーティペアの大帝国』です。著者はもちろん、 高千穂遙。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/05 21:55
人生の3分の1
ワタシは平日は6時間弱しか寝られず、週末いぎたなく布団 にしがみついているタイプなんですが、それではマズイ、と いうことを教えてくれたのがこの『ぐっすりセラピー』、 著者は三橋美穂でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/02 22:21
手作りの夢
夏になると、お店で見かける服の生地が薄くなるものです から、私のようなぶきっちょさんでもちょっと勘違いも したくなるというものです。……このくらいのシンプルな スカートとかなら、自分で作れるんじゃない? もしかして これと似たような生地があったら、家の周りでだけ着る くらいなら、いやいや、ルームウェアとしてだけなら、 着ていたっていいじゃない?! 時間はかかるかもしれない けど、安く出来ちゃうかもしれないし……なんて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/29 22:18
新米警官
警察小説として真っ先に思い浮かべるのは、私にとっては エド・マクベインの87分署シリーズですが、和物のこのて の小説は、久しぶりでした。作者は乃南アサ、タイトルは 『ボクの町』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/15 21:07
弟子達の活躍
このマジカルランドシリーズが好きで、出るたびに読んで いたのですが、今回ご紹介するのはその第16弾、タイトル は『魔法塾、はじめました!』……ロバート・アスプリンと ジョディ・リン・ナイの共著です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/13 20:16
ホームズ兄弟?!
久しぶりに、時代物の小説……というか絵本を紹介したいと 思います。著者は夢枕 獏、挿絵は村上 豊、タイトルは 『陰陽師 首』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/08 21:26
タイ語
来週ウチの会社にお客さんがやってきます。製品について 勉強し、メンテナンスなどが出来るようにトレーニングに くるのですが、どこからくるかといいますと、マレーシア、 タイ、ベトナム、インド、シンガポールの五カ国からなの です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/07/01 21:51
アパルトマン
ワタシが読む海外物の小説は、英語圏のものがほとんどなの ですが、今回ご紹介するのは、珍しくもフランスの作者の 物語です。タイトルは『優雅なハリネズミ』、著者は ミュリエル・バルベリといいます……なんと2008年から 日本在住だとか! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/22 21:15
ここであったが…
前にも一冊紹介しましたが、今回も伊坂幸太郎です。地元の 図書館ではいつも誰かに借りられていて、なかなか捕まら ない(笑)のですが、棚にあったのをすばやく抱え込み ました。タイトルは『フィッシュストーリー』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/17 22:24
料理人兼女主人
コージーミステリの主人公には料理上手が多いのですが、 彼女もまた、そのうちの一人です。ミス・マープルほどでは ないのですが、やや年齢層は高め(笑)。作者はリヴィア・ J・ウォッシュバーン、タイトルは『桃のデザートには隠し 味』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/15 21:51
ええ、大好き!
思わずタイトルのように返事をしたくなってしまうその理由 とは、カール・ハイアセン作『復讐はお好き?』を読んだ せいです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/03 22:58
時代劇ガール
世の中いろいろな職業があるとは思いますが、これはさすが にキツそう、と思ったもののどんどん読み進めてしまい ました。加藤実秋著、『モップガール』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/01 21:45
ミステリ案内人
ミステリ好きのためのミステリの本、といった感じで、 読んだあとも今後の楽しみの余韻に浸れるお話です。作者は 坂木 司、タイトルは『先生と僕』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/27 21:54
収穫!
花は咲いてはくれるのですが、なかなか実がならずにこちら をやきもきさせてくれたワイルドストロベリーに、とうとう 実がつきました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/25 22:03
若旦那と妖たち(3)
久しぶりに時代小説に戻ってまいりました。「しゃばけ」 シリーズの第三弾、タイトルは『ねこのばば』、作者は 畠中 恵です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/18 21:32
未来の時間の使い方
この腕が立って元気で明るいペアが昔から好きなもので、 新しいのが目に入ると、ついつい読んでおりました。作者は 高千穂 遙、タイトルは『ダーティーペアの大征服』。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/13 21:49
親子事情 in NY
いつの間にやらこのブログも、開設してはや1周年が過ぎ ました。飽きっぽい私がよく続いたものだ、と我ながら 不思議に思えてなりません。声をかけてくださる方々に、 改めてお礼申します……どうもありがとう〜〜! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/11 22:24
世の中の一端
図書館にて借りてきまして、GWを利用して一気読みして しまいました。作者は大沢在昌、タイトルは『魔女の盟約』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/08 21:46
別世界でも沙翁
GWに巣ごもりすべく、図書館で目を引いたものを片っ端 から借りてきました。タイトルだけで「これっ!」と決めて 来てしまったものですから、シリーズ物の内の一つだという ことに、帰宅してから気がついてしまったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/30 20:51
お初に
おそらく、このテの本を読んだのは生まれて初めてではない か、と思っております……すなわちそのジャンルとは、 ビジネス書。このカテゴリに入る本はなぜか触手が伸びず、 ずっと敬遠して来たのですが、この不況時ということで手に とって読んでみました。タイトルは『勝間和代のインディ ペンデントな生き方実践ガイド』、著者は題名より自ずと 明らかですが、勝間和代です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/27 22:50
しかしてその実態は
本屋つながり、ということで、もう一つ紹介したいと思い ます。タイトルは『配達赤ずきん 成風堂書店事件メモ』、 作者は大崎 梢です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/04/22 22:45
本屋さん×3
それほど時間もかからずに読めてしまいましたが、シリーズ になっているので止めたくなかった、というのが実のところ です。次はどんなバイトさんたちがやってくるのか、知らず にはいられない気分になってしまったのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 20:42
リハビリ
先週は都合で更新できず、ブログから遠ざかってしまいまし たので、なんだかキーを打つ指がもたついている感じです。 ですので、今日はちょっとリハビリがてら写真を載せたいと 思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/19 22:03
外見も中身も
だんだんと温かくなって来て、朝晩と昼間の温度差が大きく なり、着るものに悩むようになると、無性にこの手の本が 読みたくなるんです……作者は岸 紅子、タイトルは『美の 知力』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/08 22:30
その青さが好き
今日はちょっと遅くなってしまいましたので、簡単に (苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/06 22:42
男前な彼女
何種類かバイトもしましたが、夏休みだけ観光地での住み 込みのそれは、これまでの人生でしたことがありません。 そうしたバイトをしている女子大生のお話ってどんなだろう と思って読んでみたのが、これ……『ホテルジューシー』、 著者は坂木 司です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/01 22:38
勇者の素顔
ついに、読みおえましたファンタジーの大作、『ハリー・ ポッターと死の秘宝(上/下)』、つまりハリー・ポッター シリーズ最終巻、作者はJ・K・ローリングです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/30 21:45
ホルモーいろいろ
前作を読んですっかり気に入ってしまいました……『鴨川 ホルモー』の続編、万城目 学作『ホルモー六景』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/25 22:22
時代の終焉の蔭に
図書館でまず借りて読んでみようと思いまして検索してみた ところ、この本は児童書の棚にありました。タイトルは 『病気の魔女と薬の魔女』、作者は岡田 晴恵です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/23 22:11
猫にはミステリ
その忠実さと主人思いの点では犬の方に軍配があがるかも しれませんが、神秘性という観点でみると、猫の方が多少 分があるように思われます。今回の本は若竹七海著、『猫島 ハウスの騒動』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/18 21:12
職場事情 in NY
どこの会社にも困ったチャンはいるものですが、どんなに 気にくわない上司がいたとしても、明日からどうやって 食べていこう、と思ったらなかなか辞表を叩き付ける、と いった真似はできないものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 22:36
危険な関係
ファンタジー+ミステリ+軽いハードボイルドを全部足して 三で割ったような感じ、というのが一番近いかと思われます が、今回読んだのは『死せる魔女がゆく (上/下)』、 作者はキム・ハリスンです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/11 21:54
参考その3
昔はこういうことわざがあったけれど、現代はこちらの方 こそが目指すべきスタイル、と思われたのがメイ牛山著、 『美人長命 「美しくありたい」が女性の健康の源』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/09 22:06
私も欲しい!
『鴨川ホルモー』にて青地に龍を背中にしょったそろいの 浴衣の使い人たち、というのでまたぞろ再燃してきたこの熱 ……そう、着物です。着物関連本ということで読んでみた のが群ようこ著、『きものが欲しい!』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/04 21:53
ホルモーの正体
初めてこのタイトルを見た時は、何かの単語の間違いか、 あるいは駄洒落か、できそこないの語呂合わせかとしばし 首をひねったものでしたが、読んでみてやっとその正体が わかりました。その本の著者は万城目学、タイトルは『鴨川 ホルモー』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

2009/03/02 22:24
新たなる掃除法
はっきり申しますが、私は家事がどうにもダメです。 しかし、生きている以上避けては通れないものと肚を くくって、毎日の茶碗洗いなどに会社から帰って来てからの 小一時間を費やしています。朝、放りっぱなしで出てきた 鍋やフライパンを洗い、食器を洗い、弁当箱を洗い(一応 作ってはいるのです。メニューは大して代わり映えしません し、レトルトに頼ってばかりですが)、サーモマグを二本 (!)ゆすいで、米研ぎをしていると、何につけやることの トロい私の場合、あっというまに時間が経ってしまうのです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/25 21:52
参考その2
金融危機と叫ばれて久しいと感じるようになった今日この頃 でございますが、遅まきながら、ワタシもお金に関して真摯 に向き合おうと、まずは手始めにこれを読みはじめました。 作者はデボラ・ナッキー、タイトルは『あなたはお金が 貯まらないA子さん? 上手に使うB子さん?』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/23 20:57
二種類の愉しみ
確か今年、これを原作としたドラマが放映されていたよう な気がします。著者は大倉祟裕、タイトルは、『福家警部補 の挨拶』です。本の表紙をめくったすぐ裏側に、刑事 コロンボ、古畑任三郎の系譜、とかいてありますので、 これはもちろん、倒叙ものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/18 21:27
怖さからの訣別
誰しも行くのがおっくうな医者の種類の筆頭に挙げるのが 歯科医、ではないでしょうか。私の場合は眼科の次に気が 重いところでした。そんな歯科医嫌いの女子大生を主人公 とした、日常のミステリを解きほぐしていくお話が、 坂木 司作、『シンデレラ・ティース』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/11 22:06
真・行・草
積ん読になっていたものなのですが、ふと思い立って読んで みました。『はじめての茶の湯』、監修は北見宗幸です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/09 20:47
複数って
どこか突き抜けた感のある登場人物で、こんな人小説の中 にしかいないわ、とか思いつつ引き込まれてしまう作品が 多いな〜という印象の作者、伊坂幸太郎の一作です。 タイトルは『チルドレン』。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/04 22:22
ヒツジじゃなくて
テレビのコマーシャルで強調されていましたが、あくまで 「執事」(=しつじ)のお話の紹介です(笑)。もちろん、 メイド喫茶の対抗馬としての存在ではなくて真正の、紳士に 仕える紳士、のコト。タイトルは『比類なきジーヴス』、 著者はP.G.ウッドハウスです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/28 22:17
私は風と水
民間療法、というか予防医学とかいうものにミーハーな興味 (いやいや、真剣に取組んでいる方からみれば非常に不謹慎 な態度であろうことは重々承知ですが)を持って、色々な 初心者向けの入門書を読むのが楽しみな今日この頃です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/26 20:51
エ・ス・プ・リ
先日古本屋に読まなくなった本を売りにいった際、たまたま 目について、そして懐かしさのあまり衝動買いしてしまった のが「アメリ」という映画の関連本です。「アメリ」は 私が(多分)英語以外で初めて見た映画で、しかも、最初は 銀座まで見に行き、地元の方に来たときにもう一度映画館に まで足を運んだ最初で最後の映画でした。この本のタイトル は『アメリのa.b.c』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/21 22:36
いわば民宿?!
新しく読んだコージーミステリのご紹介です。作者はこの 本がデビュー作となるカレン・マキナニー、タイトルは 『注文の多い宿泊客』。このタイトル聞いたことあるかも、 と思われた方もいることでしょう。視点は違えど、お客が 被害者になる、という点では同じかと思われます(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/19 20:41
若旦那と妖たち(2)
本屋に行ったときに引き寄せられるように手に取ってしまい ました……しゃばけシリーズ第2弾『ぬしさまへ』、作者は 畠中 恵です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/14 22:00
続・料理とミステリ
本来でしたら今日は1月7日ということで、七草粥のはず ですが……実家ならともかく、わざわざこのお粥のために 七草をスーパーで買ってくるのも面倒だし、余ってしまって 悪くしてしまうのも気が引ける、と言い訳上手な(?)私は、 夕飯を今朝の残り物のアレンジとしてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/07 21:17
目標その2
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。皆様に とって今年が良い年となることを祈っております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/05 21:19
つなげていこう
今年最後の本としましては坂木 司の『切れない糸』を紹介 したいと思います。この作者はいわゆる「ひきこもり シリーズ」の頃からお気に入りで、登場人物たちの繊細な 心の在り様などを書かせたら天下一品なのでは、と思って いる書き手の一人です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/30 17:27
いづれの道にも
これほどミスマッチなタイトルがあろうか、とびっくりしな がらおそるおそる読んだのが『武士道シックスティーン』、 作者は誉田 哲也です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/24 22:12
ケーキづくし
コージーミステリ関連で、お気に入りの新しいのが出て いましたので、早速読んでみました。作者はジョアン・ フルーク、タイトルは『キーライム・パイはため息をつく』 です。お菓子探偵ハンナ・スウェンセンの第9弾です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/22 22:00
若旦那と妖たち
前にも書いたかもしれませんが、ミーハーな割に妙なところ で意地っ張りな私は、流行っていると聞くと返ってソッポを 向いてしまうところがあるのです。が、つい最近第2弾の ドラマにもなってとうとう(?)読んでしまいました。作者 は畠中 恵、『しゃばけ』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/17 22:36
右肩下がり……
今日は傷心の小むらさきです。 先月会社で行われたTOEIC IPテストの結果が戻ってきまして、 これまでどうにか保っていた800点のラインから滑り落ちて しまったことが判明いたしました(泣)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/10 21:37
代用でもOK
実家が青森だという会社の同僚から、お裾分けだと津軽 りんごを貰いました。で、前々から目を付けていた18p× 18センチの焼き型を手に入れました。 となると、こういう結果になります(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/08 22:05
料理とミステリ
フランス料理店のギャルソンを語り手に、レストランに来る 御客たちのさまざまな謎の物語を紹介します。 作者は近藤史恵、タイトルは『タルト・タタンの夢』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/03 22:15
直して使おう
電化製品などは次々と新しいものが発売されて、しかも機能 がアップグレードされたものが世に出ることが多いですよね。 もし故障したとしても、その修理費用がン万円、などとお店 に見積もられると、「買った方がいいかなァ〜」という誘惑 にかられることもしばしばあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/26 21:27
背筋ひんやり
森見登美彦の本、ということで手に取ってみたのがこれ…… 『きつねのはなし』です。どちらかというとこの本は、今の 初冬というか晩秋の季節よりも、晩夏に読んでみたほうが 良かったかもしれません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/24 22:12
食べもので薬
先週末から、どうもおかしいな〜と思っていたら、やっぱり でした。会社の隣の人からもらってきてしまったようで、私、 風邪です(笑)。定時と同時に近所の病院に飛び込んで、診て もらえたから良かったものの、どうしてもそうできない場合も、 忙しくてあるかもしれません。いえ、普段から予防に努めて いれば、のどの痛みや熱のせいで、辛い思いをしなくてすむ かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/19 21:40
あの劇の別の顔
シェイクスピアの作品にちなんだり、それになぞらえた劇や 小説は浜の真砂ほどあるでしょう。これもその一つ、今風に 言えばスピンオフ?のようなものと言えるかもしれません。 著者はレベッカ・ライザート、タイトルは『三番目の魔女』 です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/17 21:34
絵物語
日本語の美しさはもちろんなのですが、この本の挿絵にも 魅かれて紹介したいと思います。著者は北村 薫、挿絵は 謡口 早苗、タイトルは『語り女たち』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/10 22:00
正しくて可愛い
ハロウィーン、ということでそれに乗り、久しぶりに児童書などを 読んでみました。著者はアンナ・デイル、タイトルは『正しい魔女 のつくりかた』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/29 21:55
健康とは
トシを重ねて幾星霜、ハリ、つや、といったコトバなんて意識も してなかった高校生のころとは違ってあちこちにメンテナンスが 必要となるお年頃となってきましたものですから、こういった本 には、ついつい手が伸びてしまいます。著者は奥谷まゆみ、 タイトルは『おきらく整体生活』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/26 22:25
ハードボイルド幽霊
未亡人の書店主と、そこのお店にとり憑いてしまった私立探偵 (1949年に死亡 現在幽霊としてこの世に在留中(笑))の コージーミステリを紹介したいと思います。著者は、アリス・ キンバリー、タイトルは『幽霊探偵と銀幕のヒロイン』この シリーズの4冊目です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2008/10/20 22:17
プレ取説
せっかく買ったデジカメですのに、なかなか使いこなせずにいる 私。……この三連休で撮った写真は、近くのローカル線の無人駅 たった一枚です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/15 22:47
意識改革のきっかけ
9月2日付けの東京新聞で、ロシア出身の女性起業家の記事があり ました。その記事に紹介されていた彼女自身と、彼女の書いたと いう本がとても気になったのでこれを読んでみました。タイトルは 『夕張への手紙』、著者はナタリア・ロシナです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/13 21:17
表裏問わず
久しぶりに(私の選択肢内では)ハードな小説を読んでしまい ました。作者は大沢在昌、タイトルは『魔女の笑窪』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/12 21:34
決戦の地会津
『柳生忍法帖』の下巻を読み終わりました。勧善懲悪と分かっては いるものの、二転三転のドンデン返しに十兵衛先生の、ひいては 堀一族の女たちの命運はいかに!と手に汗握ってしまう物語でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/06 21:21
ヤッテミル
中で紹介されているインテリアだけでなく、そのイラストもセンス のいい『もっとカエテミル』を読みました。著者は川上ユキです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/29 22:46
ハーブティータイム
寝しなに毎晩見開き2ページずつ読んでいたのが、最近になって どうにか読み終わったので、紹介したいと思います。 著者は板倉弘重、タイトルは『からだに効く ハーブティー図鑑』 です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/25 21:50
旧い職業
うろ覚えですが、チャールズ皇太子が来日した際、ご自分のことを 世界で二番目に古い職業の者、とおっしゃったんだとか。最古の 職業、といえば言わずと知れたアレですが、この本『シモネッタ のデカメロン ーイタリア的恋愛のススメー 』の著者である、 田丸公美子の仕事も、かなり旧い部類に入ります。すなわち、 通訳です(ちなみに、同じくらい古い他の生業としては、傭兵と 収税吏だとか)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/24 21:33
江戸から会津へ
以前、これを原作とした漫画について書きましたが、今回は、その 原作について書きたいと思います。著者は山田風太郎、本の タイトルは『柳生忍法帖』……とりあえず上巻です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 22:33
参考その1
この著者のケーキのレシピを見ながら、小麦粉と卵とバターの シンプルな焼き菓子を焼いた覚えがありますが、今回は料理では なく、リフォームのお話です。著者は大原照子、本のタイトルは、 『55uの暮らし替え』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/10 23:01
不思議四畳半
運命的(?)な出会いをした森見登美彦の本を見つけたので、早速 買ってみました。タイトルは『四畳半神話大系』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/03 22:19
偵察し隊
あのユルさ加減がなんとも心地よかったことが印象に残っている 映画の原作です。タイトルは、『かもめ食堂』、著者は群ようこ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 22:05
門戸は広し
ほかの種類のダンスとくらべると、圧倒的に出版されている 本の数が少ないように感じるのは気のせいなのでしょうか。 ですが、最近見つけたこれを紹介したいと思います。タイトルは 『シンプル フラメンコ』、著者はエル・トレオです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/29 23:19
気軽にセラピー
このところ夏の終わりを感じさせるような天気が続いています。 いや、積乱雲や雷雨は夏らしいと言われれば確かにそうなのですが、 それが通り過ぎたあとの空気が、なんとなく落ち着きすぎていると いいますか。で、青い色が爽やか、というよりちょっと寒そう、に 見えてきた気がするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/25 22:53
沁み入ることば
彼女のその数奇な人生を紹介したドキュメンタリー番組を見た 方も多いかと思います。私が、おもわず表紙の絵に惹かれて手に とったのがこの『魂のことば』、著者はフジ子・ヘミングです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/22 23:06
オリジナルこそ魔法
触るとその凹凸が分かるような三日月や星、それとマントを なびかせてホウキにまたがる、ほっそりした魔女があしらわれた 白い表紙の素敵な装丁の本です……題名は『魔女のメッセージ』、 著者はカメリア マキです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 22:38
未来のために
あまり普段は考えない、というか、無意識に考えるのを避けて しまうのが、お金に関することです。気が滅入ってきてしまう ために目をそらし、逸らしているがために分からなくなって ますます縁遠くなってしまう(怖)……この悪循環から少しでも 足を洗うべく、読んでみたのが、逢坂ユリ著『あなたを幸せにする お金のレッスン80』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/17 22:36
そうだったとは
喫茶店に入って頼んだものが来る間に、そこを出たら電車が 来るのを待つ間に読めればいいやと思って、単に廉価と薄さに 惹かれて買った本でしたが……謝らなくてはなりません。 そんな不謹慎な理由だけでこの森見登美彦著『太陽の塔』を 買ったことを! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/16 13:20
めざせベラドンナ
ミーハーな割に天の邪鬼な所が私にはありまして、ブームと なった本は横目で見つつもしばらくは手を出さないでいます。 で、その流行のほとぼりが冷めた頃、よっこらしょとばかりに 読み始めたりするのです。もちろん例外もありますが、その 小むらさき流天の邪鬼方式で読んだのがこれ……『女性の品格』 著者は坂東眞理子です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/14 23:30
何かの参考に
ビジネスマナーや手紙の書き方、料理や掃除に関する イラスト入りの生活の絵本のシリーズで、最近読んだのが これです。『明日はお休み。』監修は柿崎こうこ、絵が 小林美佐緒。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/12 16:33
秘密のベランダ
読み終わるのに長いことかかってしまいました……のが 『魔女の薬草箱』、著者は西村祐子の本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/11 17:14
まずはこの一品
実際になかなか取りかかれないくせに、見て楽しみ、そして 終わった気になってしまう種類の本の筆頭株といえば、私にとっては 収納ノウハウなどの片付け本と、料理本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/06 23:08
From マイアミ
何故こんな面白い番組が平日の、しかも昼間にしかやって ないんだろう、と口惜しかったものですが、ノベライズ されていたのを見つけたので、読んでみました。 『CSI:マイアミ カルトの狂気』、著者はドン・コルテス。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/28 22:36
推理漫才
軽〜い感じの推理ものではイチオシの黒崎 緑著、『しゃべくり 探偵』をご紹介します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/25 18:08
たとえ幽霊でも
巻き込まれ型探偵の職業が、自営業(小売業)であるという 共通項を見つけたつもりの今日この頃でございます(笑)。 まぁ、探偵が職業になっているのでしたらそれが商売なの ですから、話がすすむのは当然ですが、普通の会社員では 融通が利くわけもなく、もし尾行に何日も有給を使えるわけ もないしな〜と、妙になっとくしてしまったものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/21 22:39
目移りしそうです
今日は久しぶりに愛車(自転車の方です)Caribou AXに のって、片道30分弱の道のりをお気に入りのカフェまで 行ってきました。運動のため、と言いつつも行った先で ケーキとハーブティを目当てにしているものですから、 結局はプラスマイナスゼロ、といったところでしょう(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 21:27
転んだときの杖
母の友人からいただいた本で、そうか、と腑に落ちる 部分がありましたもので、紹介したいと思います。タイトルは、 『うまくいっている人の考え方』、著者はジェリー・ ミンチントンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/18 23:18
神無月を過ぎたら
これもドラマ化されたので知った作品ですが、最近に なってやっと読みました。万城目学の『鹿男あをによし』 です。「あをによし」という言葉なんて、高校生のとき以来 すっかりご無沙汰なものですから、どういう意味?と 首をひねってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/13 22:07
チームワークの真髄
一匹狼のハードボイルドもいいけれど、たまには集団戦の 面白さもいいかな〜と思って紹介するのは『銀河おさわがせ 中隊』、著者はロバート・アスプリン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/09 21:34
クッキーも準備して
コージーミステリのジャンルで、私のもう一つの お気に入りのシリーズがあります。ローラ・チャイルズ の『カモミールティーは雨の日に』です。《お茶と探偵》 シリーズの第6弾になります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/06 21:11
笑いつつ考えつつ
この『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』は、 米原万里の本の紹介の2冊目となります。通訳業界の スピード感あふれる現場をいきいきと伝えてくれて、 居眠りしている私の脳細胞を活性化させてくれるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/04 22:56
私の中の7分の4
偶然見つけた、しかも現在は絶版の本ですが、とても 面白かったので、書いてみたいと思います。絶版とは いっても、このタイトル『女はみんな女神』を検索すると、 PDFのダウンロードファイル(無料)で読めますので、 かえって手軽かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/02 23:16
いつかはこんな出立ちで
正統派から見たらちょっと外れるのかもしれませんが、 出るたびに買ってしまうのがこの『KIMONO姫』です。 今回の表紙を飾っているのは蒼井優、信じられないくらい ふわ〜っと広がった髪型に、ドット柄の濃紺(だと思う のですが)の着物で映っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/28 11:56
ジンクス無しかも
ドラマになったのを何話か見ていた頃は、ひたすら 柴咲コウの凛とした美しさに見とれて「ほうぅ〜…っ」 となっていましたが、つい最近原作を読みました。作者は 東野圭吾、本のタイトルは『予知夢』。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/27 22:10
美しい妖しの闇
本というか絵本というべきかちょっと迷ったのですが、 『陰陽師』シリーズの『瘤取り晴明』を読みました。著者は 夢枕獏、なんとも趣のある絵の描き手は村上豊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/25 22:05
モードあらくれ
これが同じ芦原すなお作品の一つなのか、と(良い意味で) びっくりさせられるのは、この『雪のマズルカ』。 ちなみにマズルカとは、大雑把に言ってしまえばポーランドの 民俗舞踊というかその音曲のことも指すそうで、主人公 笹野里子のお気に入りでもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/21 12:17
神々のうたたね?!
祝杯をあげたそのぽや〜っとした頭でブログを書こうと いうのはちょっと無謀かもしれないけれど、信じられない ことが起きたので、あまりに嬉しかったので、そして 踊りだしそうになってしまったので、書いてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/20 22:54
いっぱいは楽しい
世の中に、いくつの種類の言語があるのだろう、など という素朴な疑問に答えてくれるのがこの『ポケット いっぱいの外国語』をはじめとする黒田龍之助の筆に よる語学エッセイでは、と思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 22:54
運動不足解消
職場が引越しをしたおかげで、駐車場からの距離が今までの 半分以下近くになってしまいました。楽になったかというと これがさにあらず。一日の歩いた累計時間をはじき出して みると、両手の指で足りるほど……つまり、10分も無い のです!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 11:43
13日の金曜日
……というわけで、とある方々には縁起の悪い日なのかも しれませんが、私にはちょっとした話の種か、自分のミス の責任転嫁用に使ってしまう日でございます。不謹慎かしら (^O^;;)A。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/13 20:59
大丈夫なのでしょうか
いわゆる「巻き込まれ型探偵」にもいろいろなタイプが いると思いますが、この『白戸修の事件簿』の主人公、 白戸修くんは、読んでいるこちらがはらはらするほどの お人好しです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/06/11 22:55
ごめんなすって
このブログを《姐さんの本棚》と銘打ったからには、 いつか積ん読状態から脱出させねば、と思っていたのが この『色っぽいキモノ』……著者は、井嶋ナギ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/07 19:29
喰うか喰われるか
自分ができないことだからこそ、小説の主人公が それをやってくれるのを読むことで、すかっ、とした 気分を味わえる……そういう職業の最たるものがこれ なのでは、と思っております。いえ少なくとも、その 一つなのでは、と思っているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/02 22:32
珈琲とインセンス
ぽっかり空いた昼下がりとか、物寂しいけれども だからこそひとりで過ごしたい、などと思う日に よく合うのでは、と密かに思っているのがこの本…… というか、詩と絵の融合のような、やまだないとの 『Coffee and Cigarette』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/01 21:41
美女と朴念仁
生活の様々な側面において、なにがしかがどうにも八方 塞がりになったときに、これを読みます。田中芳樹の <薬師寺涼子の怪奇事件簿>シリーズ、今回は『黒蜘蛛島』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/31 12:12
イタチごっこかっ?!
今月いっぱいで私の所属している職場のグループが引越し すこととなり、今日がその日でした。 現在使用中の資料、前任者の残したファイル、出張中の 同僚の用具、個々人の机上のパソコン。引越しはモノを 捨てたり整理したりするのにちょうどいい機会、あるいは リーサルウェポンかとも思えるのですが……ことそれが 職場に応用しようとしても、まったく奏功しません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/30 22:29
こんな奥さんが欲しい
「わが身世にふる、じじわかし」……ちょっと「?」と 首をひねってしまうようなタイトルですが、本文を読んでみる と、なるほどと思わせる、芦原すなおならではの短編推理物語 集シリーズの第3弾です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/26 23:15
予言?
今度もまた池波正太郎から一冊。その名も『蝶の戦記(上/下)』 ……ここのブログのテンプレートが蝶だから、という理由では ありませぬ、多分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/22 22:08
部屋で読みましょう
昔からこの存在は気になっていたもののひとつです。 ホーキで空を飛び、黒猫を友として、何やら得体の知れない モノをぐつぐつと大鍋で煮込む女たち……そう、魔女です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 23:19
身も心もすこやかに
たいてい私の読む本というのは、今いる現実から遠いところを 舞台にしたものが多いです。時代小説しかり、洋物のミステリ しかり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 21:17
おいしいミステリ
ジョアン・フルークの<お菓子探偵ハンナ>がここのところ お気に入りのシリーズです。ものすごく血飛沫や銃弾が飛び交ったり する訳でもないものの、適度に(?!)殺人事件が起きて、 ヒロイン、ハンナの活躍で解決されていくお話。構えることなく 楽しんで読めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/16 21:00
夢中になれる何かを持つこと
その作品を日本語で読めることを喜びとしている作家の一人に、池波 正太郎があります。これは、その一冊の『ないしょないしょ』。 於福という娘の16歳から36歳で亡くなるまでの、数奇な運命を たどった本ですが、彼女を取り巻く登場人物のなかに、かの「剣客 商売」の秋山小兵衛も出てきたりするので、「剣客商売」を堪能して 読んだ人にも楽しめる小品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/12 21:21
脳細胞の洗濯
ロシア語通訳者として屈指の実力の持ち主と評されていた著者の、少女時代に 通ったというチェコのソヴィエト学校を舞台とした物語。 もちろん、フィクションではあるのだろうけれど、この内容の濃さと重みに 圧倒されてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/10 11:34
積ん読くずし
ゴールデンウィークを利用して、エリザベス・ムーン著『明日への誓い』を読みました。 <若き女船長カイの挑戦>シリーズの3作目で、かなり分厚いのですが、その厚さなど 気にならないくらい! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/05 22:23

トップへ | みんなの「本」ブログ

姐さんの本棚 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる