アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漫画」のブログ記事

みんなの「漫画」ブログ

タイトル 日 時
見守る
見守る 自分の体の中でこんなふうに細胞たちが休む間もなく頑張っ てくれているのだと、毎度感心しながら読んでおります。 『はたらく細胞』03巻をご紹介したいと思います。どの話も それぞれに面白く、勉強にもなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 21:37
奸計から
奸計から 美しい絵に見とれながら読んだ一冊でした。岡田屋鉄蔵の 『口入屋兇次』の第二巻をご紹介したいと思います。今回は 呉服屋の手代、伊助をめぐっての、兇次の仲間たちの動きが 素敵でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 21:21
変わる体
変わる体 著者自身が変わっていく様子にこちらも元気と刺激を貰える 『ずぼらヨガ』をご紹介したいと思います。作者は元漫画家 の崎田ミナです。図書館で借りた本なのですが、買って手元 に置きたいと思った一冊でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/20 22:01
笑おう!
笑おう! 偶然古本屋で入手できまして、ほくほくしながら早速読みま した。清水茜の『はたらく細胞 02』をご紹介したいと思 います。今回も白血球(好中球)を初めとして、様々な細胞 たちが体のために頑張っています。新しく登場して来たのは 好酸球、好塩基球、NK細胞です(今回も、こうして本を見ず に入力できているワタシ自身がちょっと嬉しい(笑))。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/04 22:00
和歌の絵
和歌の絵 百人一首の解説書というのは世の中にたくさんあるでしょう けれど、著者のフィルターを通した現代風の絵もまた味わい 深いものです。初めて読んだ漫画家、今日マチ子の『百人一 首ノート』をご紹介したいと思います。つくづく思うのです が、図書館からこうしたコミックエッセイの類いの本が借り られるようになったとは、有り難い限りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/20 20:22
細胞たち
細胞たち 面白く人間の細胞について勉強できる漫画です。自分自身の 体を守るために、こんなふうに皆が働いてくれているのかと 思うと、ムダに夜更かしして睡眠不足の挙げ句、免疫不足に なっていたりしては大変ばかばかしい、と思えるようになっ てきました。清水茜の『はたらく細胞 01』をご紹介した いと思います。白血球や赤血球など体内の様々な細胞が擬人 化されて、それぞれの働きについてストーリー仕立てで知る ことが出来る上に、少年漫画風なアクションが多くて楽しめ る一冊でした。しかも有り難いことに初... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/06 21:27
褌密書
褌密書 内容が濃くて、すでに何度か読み返してしまいました(笑)。 『落第忍者乱太郎』」の第59巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。歴史の豆知識も得られてお得感もあ り、ちょっと賢くなった気分(笑)。この漫画で得た情報を きっかけに、少しずつ視野を広げていけたら、なんてことも 考えてしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/05 16:13
衣装係
衣装係 楽しみに待っておりました最新巻をご紹介したいと思います。 作者は江口夏実、『鬼灯の冷徹』第21巻です。第1巻から 見慣れてきたキャラの成長ぶりには、思わず親戚の小母さん モードになってしまった自分がいたり、相変わらず何がしか の豆知識が得られる漫画だなぁ、と感心したりの一冊でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 21:29
仲介業者
仲介業者 久しぶりに、しかもとても素敵な時代劇漫画を読みましたの で、ご紹介したいと思います。初めての漫画家さんなのです が、岡田屋鉄蔵、タイトルが『口入屋兇次』第一巻です。 本当に、この作品に出会えた偶然に感謝したいと思います。 たま〜に現代語っぽい言葉が見受けられますが、それはまぁ、 ご愛敬ということで。とにかく絵が美麗で、登場人物の躰の 肉の厚みにうっとりしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/30 21:13
二ツ名
二ツ名 今巻も変わらぬ面白さで笑わせてもらいました。『鬼灯の冷 徹』第20巻をご紹介したいと思います。作者は江口夏実です。 地獄の他の庁の王や補佐官、鬼灯さまの周囲の面々について いろいろと深く知っていけるのがまた楽しい(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/29 21:32
生首排球
生首排球 楽しみにしておりました最新巻を読みましたので、ご紹介し たいと思います。『落第忍者乱太郎』の第58巻、作者は尼 子騒兵衛です。これまで「落乱」に登場した色々な城や組織 の忍者達が再登場して、たいへん賑やかなお話になっていま す。大分前のキャラということで、思い出すのにちょっと苦 労した人もいたことは秘密です(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/18 21:35
巻き髪
巻き髪 楽しみにしておりました最新巻を読みましたので、ご紹介し たいと思います。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯の冷徹』 第19巻です。表紙のミキちゃんがひたすら可愛い……!今巻 は、勉強の国の妖精(命名:マキちゃん(笑))の彼女の別 の顔も見られて満足です。ミキちゃんのみならず、他のキャ ラの様々な新情報にわくわくの一冊でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/22 22:09
旅行先
旅行先 旅行案内署というのをこうした形で読むようになってきた 自分に、我ながらちょっと驚いていると云うか、こそばゆい 気持ちになっているというか、複雑な気分でおります(笑)。 多分、自腹を切っては読まないであろうジャンルのが、図書 館から借りられるようになっている、と気づいたのが大きい かと……すなわち、コミックエッセイ、といった種類の本で す。原作者はたいらさとこ、漫画化は白ふくろう舎、タイト ルは『京都女ひとり旅』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/16 21:28
一杯め
一杯め いまだに砂糖とミルクを入れますが、何となく飲むのが最近 の習慣になりつつあるコーヒーについて、シンプルな絵で知 ることが出来た一冊でした。細川貂々の『コーヒー・ルンバ』 をご紹介したいと思います。こうしたコミックエッセイと呼 ばれる本は分かりやすいし読みやすいし、親近感が持てて 取っ付きやすく、本当に重宝してます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/01 21:45
素顔
素顔 日本文学の文豪について、楽しく知ることが出来る一冊だと 思われます。著者は久世番子、タイトルは『よちよち文藝部』 をご紹介いたします。番子さんが文学クラブを作って部員 (編集部の方)と一緒に作家を紹介していく、というスタン スなのですが、彼女の切り込み方がユニークで、ついついク スッと笑ってしまいます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/25 21:23
特別誂え
特別誂え どのお話から読んでも面白い、そして情報量が多いのでゆっ くりじっくり楽しめるお気に入りの漫画の最新巻を読みまし たので、ご紹介したいと思います。作者は江口夏実、タイト ルは『鬼灯の冷徹』第18巻です。大分長く続いているのに 全く飽きたとか思わないので、まだまだ楽しみに出来そうな のが嬉しいです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/08 21:15
米の粉
米の粉 楽しみにしておりました『落第忍者乱太郎』の第57巻を読 みましたので、ご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛 です。今巻も内容ぎっしり、一ページ一ページを舐めるよう にして見てしまいました(笑)。「落・乱」は歴史に関する 豆知識を得られるのもお気に入りの理由の一つですが、今回 は古語の単語のお勉強にもなって、やっぱり得した気分です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/06 11:40
緊急手術
緊急手術 楽しみにしておりました最新巻を読みましたのでご紹介した いと思います。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯の冷徹』 第17巻です。今巻もどこから読んでも面白く、かつ地獄につ いての豆知識も得られる、内容ぎっしりの一冊となっており ます(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/02 21:26
北の魔境
北の魔境 パワフルな美女の活躍を楽しんで読みました。原作がそろそ ろ文庫になってくれることを待ちこがれる、漫画垣野内成美、 原作田中芳樹の『魔境の女王陛下』上下巻、一気に読み切っ てしまいましたのでご紹介したいと思います。今回、刑事部 参事官室ご一行さまは、刑事部長のココロの安寧のために (苦笑)、シベリアに犯人確保に遣わされました……寒々と した景色の画がいっぱいですが、相変わらずお涼さまと JACESの力はどこへいっても健在です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/12 21:13
バイト
バイト 古本屋で見つけてきてわくわくしながら読みました。原作香 月日輪、漫画深山和香、タイトル『妖怪アパートの幽雅な日 常』第6巻をご紹介したいと思います。夕士クンが高校2年 生の夏休みを大変充実して過ごしております。見ているこち らも気持ちのよい汗をかいた、そんな感覚すら持てそうなく らい(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/15 21:32
笑顔
笑顔 楽しみに待っておりました最新巻を読みましたのでご紹介し たいと思います。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯の冷徹』 第16巻です。相変わらず賑やかで面白い地獄の日々を垣間み ることが出来て、ワタシは今日も現世を一日乗り切っていけ そうです(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/01 22:20
極小文字
極小文字 いまかいまかと待っていました『落第忍者乱太郎』の第56 巻を読みましたので、ご紹介したいと思います。作者は尼子 騒兵衛です。今巻は、組を問わず一年生にスポットが当たっ ていて登場人物がやたら多い気もしないでもありませんが、 その賑やかさもかえってエネルギッシュで楽しめました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 21:21
修行続行
修行続行 魔導士修行も高校生活も、両面とも色々と力を入れている姿 にじ〜んときてしまいます。『妖怪アパートの幽雅な日常』 第5巻をご紹介したいと思います。原作は香月日輪、漫画は 深山和香です。表紙をめくったところにも漫画があったと今 更ながら気づいて、これまでの1〜4巻のを慌ててめくって 見ました(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/18 22:33
共感!
共感! ワタシのこのブログで「古典」のカテゴリに入っているのは これしかないのがご愛敬ですが、またしても面白いのを読ん でしまいましたので(笑)ご紹介したいと思います。原作清 少納言、漫画小迎裕美子、監修赤間恵都子での『本日もいと をかし!! 枕草子』です。個性的(すぎる?!)絵柄なの で好みが別れるかもしれませんが、勢いとユーモアがあって ワタシは気に入ってます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/29 22:09
ルパン三世 vs 名探偵コナンTHE MOVIE
ルパン三世 vs 名探偵コナンTHE MOVIE スリリングなやりとりを含む、胸踊る大冒険がきっと見られ るに違いない、という期待に違わぬ映画でした。『ルパン三 世 vs 名探偵コナンTHE MOVIE』をご紹介したいと思います。 前回のヴェスパニア王国から一転、今回は日本が舞台となっ ているせいか、『コナン』側の登場人物が色々出てきていま すが、ワタシはどちらかといえばルパン一家びいきですので やはりそちらの方に目が行ってしまいます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/25 22:21
病気未満
病気未満 ふと自分自身の体の状態が気になった時に、ちょっと読み返 して気分を軽くしてくれるのにちょうど良いかと思われる、 青木光恵の『9年目の未病生活 不調な私のセルフメンテ術』 をご紹介します。字の大きいコミックエッセイで全頁カラー と読みやすく、ワタシは布団の中で読んで、ゆったりした気 持ちで満足して寝ました(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/14 21:08
元カノ
元カノ 書店に行く機会があって、ここぞとばかりに買ってきてしま いました(笑)。『鬼灯の冷徹』第15巻をご紹介したいと思 います。作者は江口夏実です。今巻も(文字通り)パワー溢 れる傍役達と、彼らに涼しい顔で対処していく鬼灯さまの様 子がなんともツボです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/01 21:09
行先決定
行先決定 そろそろ新刊が出てくる頃かな〜と期待しつつ、こちらを読 んでみました。『コミック&アニメ公式ガイド 鬼灯の冷徹 地獄の手引書』をご紹介したいと思います。文字が小さいの がやや難点といえば難点なのですが、アニメ版解説箇所では 多少カラーページもあり、ま、こんなものだろうと納得して おります(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/14 22:58
野戦料理
野戦料理 今回の『落第忍者 乱太郎』第10巻、短めのお話が少しずつ リンクして、いろいろ豆知識が得られるようになっておりま す。作者は尼子騒兵衛です。一年は組のチームワークの良さ が十分に発揮されて、皆が元気良く走り回っている姿が何と いっても可愛いです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/11 21:46
一蓮托生
一蓮托生 久しぶりに昔のを読み返しましたので、ご紹介したいと思い ます。『落第忍者 乱太郎』第11巻、作者は尼子騒兵衛です。 「上級生」と言われて(セリフの中だけでも)登場するのが 五年生の鉢屋三郎や二年生の先輩ぐらいですので、現在のと 比べるとなんだかとても新鮮な気がしてなりません(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/15 22:41
担当分野
担当分野 久しぶりに新刊を読みましたのでご紹介したいと思います。 聖人男子二名様の立川ライフを垣間みられる『聖☆おにいさ ん』第10巻、作者は中村光です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/01 21:39
悪女子会
悪女子会 前からの続きのお話を待ちわびた最新巻を読みましたので、 ご紹介したいと思います。作者は江口夏実、タイトルは『鬼 灯の冷徹』第14巻です。表紙のお香姐さんの色っぽい艶姿 にうっとりしつつ、綺麗な薔薇には刺がある、ならぬ美貌の 鬼女にはヘビが巻き付く、なんてフレーズを思いついてしま いました(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/29 21:33
弁当持参
弁当持参 好きなイラストレーターの作品、ということで読んでみまし た。森下えみこの『今日も朝からたまご焼き お弁当生活 はじめました』です。およそ働き始めてからというもの弁当 派のワタシは、何も迷うことなく、というか経済的に迷える 余地もなくそうしてきたので、主人公の弁当を作り始める戸 惑い、というかを却ってある種の新鮮な気持ちでもって眺め ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/14 21:42
新入生
新入生 どこが面白かったかと聞かれたとしたら、絶対選びきれない ほど面白い最新刊です。『落第忍者乱太郎』の第55巻を読 みましたので、ご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛 です。今巻は巻末にスペシャル対談も掲載されていて、色々 と勉強になりました……というか、この漫画、対象年齢が巻 を追うごとに高くなっているような気がするのですが、ワタ シだけでしょうか(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/02 21:39
二年生
二年生 先日、古本屋に読まなくなった本を持ち込んだところ、クー ポン券をもらい、それにちょっとばかり手持ちを足してお手 頃価格で手に入れましてホクホクしながら読みました(笑)。 原作香月日輪、漫画は深山和香の『妖怪アパートの幽雅な日 常』第4巻をご紹介したいと思います。夕士クンは無事高校 二年生になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/31 21:39
ネタ元
ネタ元 毎週アニメも楽しみにしているお気に入り漫画『鬼灯の冷徹』 の原作の細かい点についていろいろと解説してくれる本です。 『超解読 鬼灯の冷徹 地獄のヒミツのあれやこれ』を読み ましたので、ご紹介したいと思います。13巻の冒頭までの全 104話中の様々な事物について説明があるのですが、未読の 方は最後まで読まずにとっておく方が良いかもしれません (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/19 22:12
基本のき
基本のき 着物に関するコミックエッセイを読みましたので、ご紹介し たいと思います。作者は近藤ようこ、タイトルは『着物いろ はがるた』です。この著者の作品を読むのは今回で二冊目で すが、なかなかお気に入りなのです(笑)。シンプルな線の 絵の中に着物への興味、関心、愛着、情報……等がたくさん 詰まっていると思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/10 22:15
子供服
子供服 早速書店に走って買いました(笑)。最新刊の『鬼灯の冷徹』 第13巻をご紹介したいと思います。作者は江口夏実です。 アニメの方もしっかり楽しんでいて、ワタシなどほとんど中 毒のような様相を呈しております(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/24 22:21
聖☆おにいさん
聖☆おにいさん 原作も結構好きですので、どんな風に映画化されたのか興味 がありました。『聖☆おにいさん THE MOVIE』をご紹介し たいと思います。原作は中村光です。ブッダとイエスの二人 の聖人男性の声にとても癒されました(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/19 21:39
ラスト1
ラスト1 古本屋のフェアの棚にあったので、何気なく手に取ってみま した。この本の中にあるような、気の張らない会話が交わせ る生身の人を身近に持つ能力に欠けるワタシとしては、やや 羨望の眼差しで読んだ一冊です。作者は益田ミリ、タイトル は『言えないコトバ』です。文庫本サイズのコミックエッセ イとなっております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/15 14:03
賢妹愚兄
賢妹愚兄 先月に続いて今月も新刊が出たので、ファンとしては嬉しい かぎりです。しかも、今年からアニメ化もされて、ますます 楽しみが広がっている『鬼灯の冷徹』第十二巻をご紹介した いと思います。作者は江口夏実です。第93話から101話 までどれが一番面白い、と決めるのことなどとても難しいこ とでしょう(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/13 21:13
風の術
風の術 転校生の喜三太が元通っていた風魔の忍術学校から同じ一年 生が助けを求めてやってきました『落第忍者乱太郎』第12 巻をご紹介したいと思います。作者は、尼子騒兵衛です。 今回はほぼ2つのお話でなっていて、相変わらず歴史の情報 や豆知識のぎっしり詰まった一冊となっています(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/16 22:20
縁結び
縁結び 書店に積んであるのを見て、早速買ってきて読んでしまいま した。作者は江口夏実、『鬼灯の冷徹』第十一巻です。 もう、ページを繰る手ももどかしいほど、という表現そのも のといった感じで一気読みしてしまいました(笑)。今巻も 笑えて、ちょっとぞくっとして、かつ楽しめる一冊でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/25 21:25
生真面目
生真面目 五年生の尾浜勘右衛門が初登場した巻、とはつい最近(苦笑) になってから、というのが何とも可笑しい、『落第忍者乱太 郎』、第13巻をご紹介したいと思います。作者は、尼子騒 兵衛です。 大きく分けて三つのお話しになっていますが、ワタシのお気 に入りは教育実習生の大間締堅蔵(おおまじめ・けんぞう。 土井先生より年上(苦笑))先生が出てくるお話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/18 21:48
逆さの力
逆さの力 待ってましたとばかりに早速書店に走って買いました最新刊 『落第忍者乱太郎』の第54巻を読みましたので、ご紹介し たいと思います。作者は尼子騒兵衛です。今巻もぎゅぎゅっ、 と内容の詰まった、濃いお話となっております。そして待望 の手合わせもあり、でした(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/04 20:52
服選び
服選び 以前この作者の、本や漫画に関するコミックエッセイを読ん だことがありましたが、今回のもとても笑わせて、かついち いち納得させていただきました(笑)。作者は久世番子、タ イトルは『神は細部に宿るのよ』第1巻です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/28 21:33
鬼の外交
鬼の外交 とうとうここまで追いついてしまいました(笑)。『鬼灯の 冷徹』第10巻をご紹介したいと思います。作者は江口夏実 です。実在の人物もそうでない人々も、いろいろ登場してき て、相変わらず楽しませてくれる一冊でした。特に今回お気 に入りなのは、極楽に引っ越してきたかぐや姫……彼女の体 験談がじ〜んと胸に沁みます(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/14 21:50
山彦の術
山彦の術 そろそろ最新刊が発売される頃かなぁ〜、と思いつつ、昔の お話のも読み返してみては楽しんでおります。尼子騒兵衛の 『落第忍者乱太郎』第14巻です。漫画の中のこととはいえ、 いろいろとオトナの眼で観てしまうと結構重い話なのかも? という面も感じさせる一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 16:42
厠の神
厠の神 黄泉の世界(笑)に起きている様々な騒動が楽しい『鬼灯の 冷徹』第9巻をご紹介したいと思います。そういえば最新刊 の帯にアニメ化すると予告がありましたのでとても楽しみに している今日この頃(笑)。作者は江口夏実です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/30 21:30
着物熱
着物熱 機会があってまた着物に触れることが出来たせいか、最近ま たしてもこの熱がぶり返してきました(笑)。わかりやすく、 着物との関わり方を教えてくれているエッセイ(しかも漫画 で)に出会いましたのでご紹介したいと思います。作者は近 藤ようこ、タイトルは『あしたも着物日和』です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/23 19:50
シェア
いろいろ身につまされる思いの一冊でした。しかし、これを 手元においてたまに読み返し、現実の自分の生活を見直し、 チェックし、反省するのに役立てたいと思います。作者は花 輪陽子、漫画はふじいまさこ、タイトルは『「貧困女子」時 代をかしこく生きる6つのレッスン』をご紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/16 12:52
超過労働
立川の聖人男性二人(笑)のゆるゆるライフを楽しんで読み ました。作者は中村光、タイトルは『聖☆おにいさん』第9 巻をご紹介したいと思います。節分や雛祭り、春の国民的疾 病(苦笑)の花粉症に関するブッダとイエスのリアクション に、ついついにんまりとしてしまいます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/15 20:27
コタ巣
本の中にワタシがいる、と思った一冊でした。原作スズオカ アキコ、漫画アベナオミの『お家ガールの自由すぎるひとり ぐらし』をご紹介したいと思います。いや〜、これで今の自 分の生活の大義名分(?!)が見つかったような気持ちでいっ ぱいです(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/08 21:44
補佐官達
最近第10巻が出たと思いますが、まずはこちらで第8巻を ご紹介したいと思います。作者は江口夏実、タイトルは『鬼 灯の冷徹』、古本で安くなるのを待たずに買ってしまう作品 の一つなのです(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/02 20:35
現代OL
若干メインの登場人物とタイトルに「チッ」とか思ったりし なかった、といえば嘘になりますが、面白く読めたのをご紹 介したいと思います(苦笑)。作者は井上ミノル、タイトル は『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』です。 漫画の絵自体はあまり綺麗とは言いがたいのですが(清少納 言スキーのワタシの僻目か)、ま、現代に置き換えたならこ んな感じ、というのにはナルホド、と思わせられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/26 22:11
緋色より
原典ももちろん好きなのですが、登場する文物をすべて現代 に移しきったこちらのドラマのファンにもなりました。そし てそのドラマで、主役のシャーロック・ホームズを演じてい る役者さん(ベネディクト・カンバーバッチ)がそのまま紙 に映しとられたようなこちらの漫画をです、衝動買いせずに いられましょうか(苦笑)。 と、いうことで漫画化された『SHERLOCK ピンク色の研究』 をご紹介したいと思います。脚本はスティーヴン・モファッ トとマーク・ゲイティス、漫画はJay. です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/12 21:15
飛行の術
表紙と裏表紙で乱きりしんの三人組が、楽しそうに獅子舞を 踊っているのが、見ているこちらも和んでしまいました。尼 子騒兵衛の『落第忍者乱太郎』第15巻をご紹介したいと思 います。今回は主に二つのお話からなっている一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/22 22:34
初訪問
ますます頼もしくなってきた主人公、夕士クンのその後が見 られます、原作が香月日輪、漫画が深山和香の『妖怪アパー トの幽雅な日常』第3巻をご紹介したいと思います。親友、 長谷泉貴クンもとうとうアパートに初めてやって来て、住人 とのつながりも出来てきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/23 22:04
臭う人々
この夏にも実写映画になる、とのニュースにちょっとわくわ くしているのですが、再度原作に立ち返ってご紹介したいと 思います。尼子騒兵衛の『落第忍者乱太郎』第16巻です。 主に二つのお話と短編集のような感じに仕上がっています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/10 21:40
八寒地獄
現世での行いを慎まねば、と改めて思わせてくれる一冊です。 主人公のドSさは、もうここまでくるといっそ快感といいま すか、よくぞ言ってくれたと逆に胸がすく、といいますか (笑)。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯の冷徹』、第7 巻をご紹介したいと思います。最新刊も出たことですし、ワ タシの中で最近イチオシの漫画となっております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/01 17:48
守護猫
なんとも可愛らしい表紙と、ワタシにとってのツボである 「魔女」というキーワードでふらふらと買ってしまいました が(苦笑)、結果として間違っていなかった……というか、 もっと早くこれに気づいていれば良かったと思う漫画でした。 作者は四宮しの、タイトルは『魔女と猫の話』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/20 21:30
風物詩
いずれワタシが行くかもしれない(?!苦笑)地獄の第五裁 判官、閻魔大王の第一補佐官鬼灯さまと彼の同僚やケンカ相 手との日常の漫画です。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯 の冷徹』第6巻です。また新たなキャラが出てきて、目が離 せないお話となっております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/13 21:05
お嬢さん
首を長くして待ちわびていた最新刊『落第忍者乱太郎』の第 53巻を読みましたので、ご紹介したいと思います。作者は 尼子騒兵衛です。今巻は、だいぶお話が忍者らしいというか、 こみ入っている感じでとても読み応えがあります。どこの城 がどこの城と、どう敵対しているのか、しっかりアタマに入 れつつ読んでみました(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/27 17:25
永楽通宝
そろそろ最新刊、つまり53巻が出るのをわくわくしながら 待っているのですが(笑)、おさらいの意味でもちょっと振 り返ってみたいと思います。『落第忍者 乱太郎』の第17 巻、作者は尼子騒兵衛です。この巻はちょっと普段のとはつ くりが違っていて、様々な面でユニークな、といえる一冊だ と思われます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/15 21:10
新人司書
ワタシが普段からよくお世話になる公共の組織である(笑) 図書館が舞台の漫画をご紹介したいと思います。杢納タオ (本当は、一番最初の漢字が違います(泣)。ののう、とい う読みのようですが、変換できません。うぅ、お恥ずかしい) という作者で、タイトルは『夜明けの図書館』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/08 22:26
お子様鬼
実はこれが、古本で買った最後の巻となります(苦笑)、最近 お気に入りの漫画をご紹介したいと思います。作者は江口夏実、 タイトルは『鬼灯の冷徹』第5巻です。今回も地獄の豆知識+ 鬼灯様と様々な登場人物たちとの掛け合いがとても楽しい一冊 です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/30 22:41
妖者の術
いつもの学園長先生の思いつきで、忍たま達がオリエンテー リングに励んでいるお話がメインの『落第忍者乱太郎』、第 18巻を紹介したいと思います。作者は、尼子騒兵衛です。 オリエンテーリングとはいっても忍者のそれですから、いろ いろと罠もあり、しかも二人一組になって行うその相手がな かなかの曲者……いえ、個性の強い上級生ばかり(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/23 21:52
春は曙
初めてこの作者の作品を読みました。最近のワタシは昔ほど 大胆に漫画を読む冒険をしなくなって(勿論、気持ち的に小 さくなっただけでなく、財布の紐の遊びが小さくなったせい もあるので(苦笑))、これまでに読んだことのある作者ば かりのを追っていたのですが、久しぶりに新しい人のを手に 取りました。「枕草子」のレビューを追っていて、ネットの 海を彷徨った末にたどり着いた逸品です。作者はサメマチオ (あぁ、この名前の由来が知りたいです……どこまでが名字 で、どこからが名前なのか、も)、タイ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/11 21:35
魔道書
原作も面白いですが、漫画になってもそのイメージのままの 世界を楽しめるシリーズでです。原作が香月日輪、漫画が深 山和香の『妖怪アパートの幽雅な日常』第2巻をご紹介した いと思います。アパートに新しい顔ぶれもやって来て、ます ますにぎやかになって来ています。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/04 21:27
初離婚
最近お気に入りの漫画の一つをご紹介したいと思います。そ ろそろ古本屋でゲット、というのは、新刊が待ちきれなくて 無理そうになってきたシリーズです(笑)。作者は江口夏実、 タイトルは『鬼灯の冷徹 四』です。新たな登場人物がまた 個性豊かで、とても楽しめる一冊でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/25 21:36
白うねり
珍しく表紙にいつもの乱太郎・きり丸・しんべエの三人組に 土井先生が加わっている、『落第忍者乱太郎』第19巻を紹 介したいと思います。今回は、大きく分けて三つのお話から なっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/11 13:17
石火矢
山のみならず海でも活躍する忍たま達のお話をご紹介したい と思います。『落第忍者 乱太郎』第20巻、作者は尼子騒 兵衛です。今巻は、大きく分けて2つのお話からなっていま すが、共通して出てくる武器としてあげられるのは石火矢、 すなわち今でいうところの大砲です。この漫画にかかると、 武器の恐ろしさというかが霞んでしまって、興味深さの方が 先に立つ(苦笑)ように感じてしまうのが、難と言えば難、 でしょうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/21 21:30
新人研修
亡者を管理する地獄の獄卒と、その彼らを束ねる閻魔大王の 右腕、鬼灯様の日常を描いた漫画をご紹介したいと思います。 おまけ漫画の二編も楽しめるやや厚めの一冊となっておりま す。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯の冷徹 参』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 21:03
大天使
楽しみに待っておりました最新刊を読みましたので、ご紹介 したいと思います。作者は中村光、タイトルは『聖(セイン ト)☆おにいさん』第8巻です。帯によるとアニメ映画化決 定とのことで、またワクワクが増えた気がします。ちなみに、 DVD付きの特装版もあるとのことですが、ワタシは財布と相 談しました結果、普通版購入ということで(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/17 22:46
剣豪集結
裏表紙に、何やら和歌(?)のようなのが出ているのが印象 的な巻です。『落第忍者乱太郎』の第21巻をご紹介したい と思います。作者は尼子騒兵衛です。残念ながら不勉強のた め、裏表紙のきり丸が女装をして心太うりをしている様子と 和歌がどんな効果を生み出しているのか、詳しい意味が何な のかがはっきり分からないのが歯がゆい限りでございます (苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/15 22:04
ドクたま
いろいろと「初」が重なった巻の『落第忍者乱太郎』第22 巻をご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛です。大き く分けて2つのお話からなっていますが、やはりまずは忍術 学園のお茶目(?!)な敵役、ドクタケ城の忍者のたまごた ちが初めて登場してくるのがワクワクします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/01 16:55
豆乳代
待っておりました最新刊『落第忍者乱太郎』の第52巻を読 みましたので、ご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛 です。今巻は、前巻からの話の続きといった感じで一つのま とまったお話となっています。謎解きも、忍たまそれぞれの 活躍も満載の、読み応えのある一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/05 23:03
大安宅船
久しぶり(?)に『落第忍者 乱太郎』の第23巻をご紹介 したいと思います。作者は尼子騒兵衛です。今巻は、一つの 長いお話からなっていますので、最初から最後までどきどき ワクワクの連続です(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/22 22:21
仮免忍者
『落第忍者 乱太郎』の第24巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。裏表紙には数少ない(笑)真の剣豪 の一人、野牛金鉄が鋭い眼光でどこかを見据えていますが、 彼の名前の由来はあの隻眼の剣豪ではなくて、とある野球チ ームだというのですから侮れません(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 20:17
血滴子
『落第忍者 乱太郎』の第25巻を紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。表紙の絵で、乱太郎たちが遊んでい るのはどんなゲームなのか、ちょっと気になって仕方があり ません(笑)。将棋でもなさそうだし、碁にしてはコマも大 きいし、盤の升目も違いますし。まぁ、三人が楽しそうだか ら、良しとしますか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/27 21:38
艶/異聞
順当に行けば、本編の3巻を紹介すべきかと思ったのですが、 面白かったものですから、こちらからにしたいと思います (笑)。 作者は杉田圭、タイトルは『超訳百人一首 「うた恋。」【異 聞】うた変。』です。とにかく何度読み返してもついつい頬 がユルむ一冊です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/06 21:28
略本の術
どうやら作者が占いに凝っていた頃の(?!笑)作品かと思 われます。『落第忍者乱太郎』第26巻、作者は尼子騒兵衛 です。 主に三つのお話からなっていますが、ワタシがお気に入りな のは最後の小松田さんが出茂鹿之介を制して、忍術学園の事 務員に残れるお話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/30 21:08
黒蜥蜴
忍術学園ばかりではなく、ドクタケ忍術教室の方にもスポッ トがあたったような巻です(笑)。作者は尼子騒兵衛、タイ トルは『落第忍者乱太郎』第27巻をご紹介したいと思いま す。今回は大きく分けて3つのお話からなっております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/23 22:06
幻術使い
『落第忍者乱太郎』の第28巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。最新刊から遡って過半数には達しま したが、まだまだこれからです(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/16 20:14
獄卒生活
黄泉の国のドSな管理の日常を描いた漫画をご紹介したいと 思います。このサディスティックさはクセになりそう(笑)。 作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯の冷徹 弐』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/07 21:52
不運小僧
表紙の絵が中華風の『落第忍者乱太郎』第29巻をご紹介し たいと思います。作者は尼子騒兵衛です。今回は大きく分け て二つのお話からなっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/25 21:15
先タマ
『落第忍者乱太郎』の第30巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。今回は大きく分けて3つの話に分か れておりますが、どれも見どころ満載といった感じで面白く 読めます。ところどころで乱太郎達が歌っている(おそらく は)昔の歌があるのですが、山田先生の苦笑している表情か らしてあまりお上品な内容ではなさそうとはいえ、出典や現 代語の意味が知りたくてしかたがありません(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/18 22:33
名刀
『落第忍者乱太郎』の第31巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。今回は、大きく分けて三つのお話か らなっていますが、一番長い最初ので珍しい物が見られます。 すなわち、忍術学園剣術師範、戸部新左衛門先生の黒目です (笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/11 21:28
地蔵薬師
『落第忍者乱太郎』の第32巻をご紹介したいと思います。 今回は、昔くの一だったという乱太郎の母ちゃんと、乱きり しんたちの活躍が見られます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/02 23:15
首実検
いつもはおちゃめ(?笑)な悪役のドクタケ城が、本格的に 忍術学園に敵対姿勢を見せた、最初の巻のように思われます。 作者は尼子騒兵衛、『落第忍者乱太郎』の第33巻を読みま したので、ご紹介したいと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 17:42
矢羽音
『落第忍者乱太郎』の第34巻を読みましたので、ご紹介し たいと思います。はっきり比べたわけでもなく、あくまでワ タシ個人の感覚なのですが『落乱』は一冊読むのに他の漫画 よりも時間がかかる漫画だと思われます。 今回も乱太郎達が「閑吟集」の一節を歌いながら山道を行く シーンがあったりして、己の勉強不足を嘆くのにちょっとば かり時間を取られました(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/19 21:59
新火薬
『落第忍者乱太郎』の第35巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。今巻は、理系のお勉強(?笑)に なるかと思われます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/12 22:16
迷い癖
楽しみに待っておりました『落第忍者乱太郎』の第51巻を 読みましたので、ご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵 衛です。とにかく隅々まで目が離せない一冊でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/05 17:40
宝の壺
『落第忍者乱太郎』の第36巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。大きく分けて三つのお話でこの一冊 となっています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/28 15:53
寸白
『落第忍者乱太郎』の第37巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。アニメ映画「忍術学園 全員出動!」 のベースになった巻ですので、とても読み応えがありました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/21 13:39
桂男
『落第忍者乱太郎』の第38巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。4年生に新たな生徒が、編入生とし てですが、入った巻でもあります。他の4年生同様、とても 派手(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/14 17:45
雨鳥の術
『落第忍者乱太郎』の第39巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。今回、ドクタケ以外の悪い城(笑) のドクササコが出張ってきております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/09 20:53
日本語IV
楽しみにしていた新刊が出ましたので、ご紹介したいと思い ます。蛇蔵&海野凪子の『日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編』です。凪子先生と教え子達との、くすっと笑える日 々の交流の様子が、読んでいるこちらもその場にいるかのよ うで、あっという間に読み切ってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/07 19:25
古法十忍
『落第忍者乱太郎』の第40巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。この巻で連載二十周年とのことで、 いろいろなキャラクター達が出てきています(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/31 13:29
参差の術
『落第忍者乱太郎』の第41巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。今巻は、大きく分けて2つのお話か らなっているのですが、ワタシは二番目の委員会関連のお話 がお気に入りです(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/24 18:12
旅僧姿
アニメ版映画の基となった『落第忍者 乱太郎』の第42巻 をご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛です。園田村 の戦いの全貌が此処で全て明らかになります(笑)! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 14:00
予算会議
『落第忍者 乱太郎』の第43巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛です。今巻のお話の白眉はなんといっても、 地獄の会計委員会(By加藤団蔵)を率いる会計委員長、潮江 文次カの活躍でしょう(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/10 12:02
蛍火の術
『落第忍者 乱太郎』の第44巻をご紹介したいと思います。 作者は尼子騒兵衛、今巻は(も?)いろいろ盛りだくさんな 内容となっております(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/03 16:51
敵中突破
実写化された映画の『忍たま乱太郎』の主なベースとなって いるのがこの巻、『落第忍者 乱太郎』第45巻です。作者 は尼子騒兵衛です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/25 13:56
竹目当て
このところお気に入りの漫画『落第忍者 乱太郎』の第46 巻をご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛です。例に よって、忍たま達にとってやや迷惑な学園長の突然の思いつ きは、ファンにとってはお待ちかねの騒動になります(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/18 19:50
文化祭
新しく五年生のキャラが加わった『落第忍者 乱太郎』の 第47巻を紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛です。 まぁ、新しくとはいっても、彼は16年前(!)、第13巻 でちらっと出て以来、名前もなしで潜伏していたようなので すが(苦笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/11 16:34
神在月
三大宗教のうちのツートップが立川でバカンス中のようです が(笑)、こちらでは神様たちが大集合して会議をしていま す。染屋カイコの『かみあり 壱』でのお話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/12 21:38
オーディション
今年初のブログは去年最新刊を楽しみに待っていた尼子騒兵 衛の『落第忍者乱太郎』の第50巻です。この巻には特製ポ ストカードも付いていて、使うつもりはありませんが、お得 感満載です(笑)。また本編とは別に、登場人物(土井先生、 皆本金吾、タソガレドキ忍者隊の面々…雑渡昆奈門をはじめ として彼の部下たち…)の裏設定も書き下ろし漫画として掲 載されていて、ワクワクします。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/03 20:36
忍びの遠駆け
原作の漫画も50巻まで出た「落第忍者乱太郎」ですが、こ のたび実写化された映画『忍たま乱太郎』を見ましたので、 ご紹介したいと思います。主役の乱太郎を演じたのは、子供 店長こと加藤清史郎くんで、なかなか可愛い乱太郎になって いたと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/26 21:24
絵で再会
愉しんで小説の原作の方を読んでいましたが、このたび漫画 化されたのを書店で見つけ、早速読んでみました。原作者は 香月日輪、漫画は深山和香、そしてタイトルは『妖怪アパー トの幽雅な日常』第1巻です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 21:19
八百万+2名様
初めは古本屋で見つけるまで待っていたのですが、最近は待 ちきれずに書店で買うようになった数少ない漫画の一つです (笑)。中村光の『聖☆おにいさん』第7巻をご紹介したい と思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 21:21
癒し処
ぼったくられなくてすむかも、となんとなく安心感を持って しまうクラブのお店です。クラブはクラブといってもホスト クラブなのですが、作者は遠藤淑子、タイトルは『なごみク ラブ』第3巻。こちらの心をほっこりさせてくれる遠藤節は 相変わらず健在です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 20:55
見る文学史
以前からこのコンビのは面白いな〜、と思っていたのを書店 で見かけて衝動買いしてしまいました(苦笑)。 エッセイ:海野凪子、漫画:蛇蔵の『日本人なら知っておき たい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典』 ……新しい知識が愉しく得られてとてもいい感じです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 20:55
うた詠み。
教科書や専門書による真面目なお勉強だけでなく、こうした 本もあるからこそ、とっつきにくい古典が身近に感じられる ようになった気がします。作者は杉田圭、タイトルは『超訳 百人一首 うた恋い。2』をご紹介したいと思います。DVD 付の特別版の方ですが、内容を考えますとこちらでもかなり お得かと(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 21:14
黄泉の官吏
天国から現世に降りてきた聖人男性2人組の話も面白かった のですが、地獄で日常の生活を送っている者たちの漫画をご 紹介したいと思います。作者は江口夏実、タイトルは『鬼灯 の冷徹』壱です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/12 21:07
お匙屋敷
ちょっと巻数があいてしまいましたが、ワタシが大好きな お話がとうとう漫画化されたのが載っていましたので、こち らを先にご紹介したいと思います。原作池波正太郎、漫画 大島やすいちの『剣客商売』第10巻です。「鷲鼻の武士」、 「品川お匙屋敷」、「川越中納言」、「新妻」の四編で、い うまでもなくイチオシなのは「品川お匙屋敷」です……何と 言ってもこの話でとうとう大治郎さまと三冬さまが祝言を挙 げるのですから! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/22 22:12
忍術学園全員出動!の段
震災で映画館では見られなかったのですが、DVDになったの で鑑賞しました! 最高に面白く、痛快としか言いようのな い作品『劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園全員出動! の段』を見たのでご紹介したいと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/08/08 20:43
大運動会
実写版の映画がそろそろ公開となりますが、新刊が出たので ご紹介したいと思います。作者は尼子騒兵衛、タイトルは 『落第忍者 乱太郎』第49巻です。今回は裏話も乗ってい るという小冊子目当てにPREMIUM版を買いました。どのペー ジもじっくり読み込みたくなり、何度読み返しても笑えます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/21 23:31
37巻+42巻
震災やその後の余震等、様々な要因で映画を見られなかった のですが、漫画になっているのを読みましたので、ご紹介し たいと思います。原作尼子騒兵衛、漫画小倉あん子の『劇場 版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園全員出動!の段』です。 動く忍たまたちを、これを読みながら想像しております(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 20:52
出すための置き場
震災があって部屋の物が飛び散った時の状態に比べれば今は 幾分マシと言えるのかもしれませんが、やはりワタシの整理 ベタは相変わらずなので、これで少し刺激を受けたいと読ん でみました。池田暁子の『必要なものがスグに!とり出せる 整理術!』です。この作者の前作で汚部屋脱出を成功させて いたので、その後が気になっていたということもあります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/26 22:11
勢揃い
3月にアニメが映画化されました「落第忍者 乱太郎」の 公式キャラクターブックを手に入れましたので、ご紹介した いと思います。題して『落第忍者乱太郎 公式キャラクター ブック 忍たまの友 天之巻』(長いっ(苦笑))!充実し た内容となっております。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/25 20:52
英吉利のボン
P・G・ウッドハウス原作の小説を漫画化した作品の第2巻 をご紹介します。タイトルは『プリーズ、ジーヴス』作者は 勝田 文です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/24 20:56
お試しツアー
マーラの誘惑に負けて、最新刊を定価で買ってしまいました (笑)。中村光の『聖☆おにいさん』第6巻です。ブッダと イエスのゆるゆる下界バカンスライフがどうなっているのか 楽しみに待っておりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/13 20:49
密書でポン!!
なんで今になってこんなにハマるようになったのか、自分で も分からないのですが、最近凄く好きな漫画です。作者は 尼子騒兵衛、タイトルは『落第忍者 乱太郎』48巻です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/23 21:15
今も鮮やかに
競技になっている様子を漫画にしたのもあるそうですが、 今回ワタシが読んだのは、百人一首そのものの意味や背景を 漫画にしたものです。作者は杉田 圭、タイトルは『超訳  百人一首 うた恋い。』……「。」がついているあたりが 現代っぽいわ〜、などと思って、軽い気持ちで読み始めたの ですが、いい意味で裏切ってくれる作品でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/02 20:46
落語で練習
最初に漫画を読んでしまったのですが、それで興味がわいた ので、原作も読んでみました。作者は佐藤多佳子、タイトル は『しゃべれどもしゃべれども』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/01 21:37
下界バカンス
宗教の二大始祖が、現代で、しかもここ日本でバカンスを エンジョイしている……なんで空想をしてみたのがこの漫画 でしょうか(笑)。タイトルは『聖☆おにいさん』(1)、 作者は中村光です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/30 20:52
永遠
とうとうこれで大団円を迎えた『苺田さんのお話』第6巻を ご紹介したいと思います。作者は小沢真理です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/16 22:43
自由へ……
新谷かおるの筆になるシャーロック・ホームズの姪っ子が 活躍する『クリスティ・ハイテンション』の第5巻をご紹介 したいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 20:35
転機
無事ティラノ(=寺野)へのカミングアウト(?)も済んで (笑)、意外と相性が悪くない、と分かった苺田さんと イオンのその後のお話です。作者は小沢真理、タイトルは 『苺田さんの話』、第5巻です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/08 20:31
露見
お人形に憑依した地球外生命体、名付けて苺田アンさんの お話の第4巻を紹介したいと思います。タイトルは『苺田 さんの話』第4巻、作者は小沢真理です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/06/24 20:54
三姉妹(?)
神様のいなくなってしまった、とある鎮守の森に三人の魔女 が棲みついた、という設定で始まる漫画です。作者は松本花、 タイトルは『森の魔女たち』。上下2巻です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/17 22:13
戦いの乙女
新谷かおる原作の『砂の薔薇』をアニメ化したものを借りて 見ました!タイトルを『デザート・ローズ 砂の薔薇 雪の黙示録』です。 今まではDVDなどをお店に行って借りていたのですが、一ヵ 月に借りる料金の合計と、ネットで借りた場合の値段を比較 すると、ネットで借りた方のが安いことに気づいたので (今頃?!(苦笑))、職に就けたゴホウビに、と入って 見ることにしました。これなら、新作なども早く借りられる かもしれませんし。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/01 20:15
裏も隅も
本好きなら絶対に楽しめて、なおかつ「あるよね、こんな こと〜」と共感できる漫画だと思います。タイトルは『番線 〜本にまつわるエトセトラ〜』、作者は久世番子です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/28 22:24
新米神様
時代小説とミステリの要素がほどよくブレンドされた漫画を 見つけましたので、ご紹介したいと思います。原作は 「しゃばけ」シリーズの畠中恵、漫画はみもりの『八百万 (やおよろず)』です。二つの短編からなっているのですが、 これが結構ひきこまれてしまう謎でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 21:54
初女装
津田雅美の『ちょっと江戸まで』、第2巻をご紹介したいと 思います。そうびが旗本の兄、桜井貴晄に引き取られて一年 ほど経ったころのお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 21:19
老剣客と老婆
大島やすいち版の『剣客商売』、第6巻をご紹介したいと 思います。今回は「深川十万坪」、「雷神」、「箱根細工」、 「夫婦浪人」の四編です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/05 20:50
秘密
小沢真理の『苺田さんの話』第3巻をご紹介したいと思い ます。苺田さんとイオンにそれぞれ新しい友達ができる お話です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/29 20:15
5 = E
単行本(全2巻)を持っているのですが、このたび文庫で 一冊にまとまったのを手に入れましたので、ご紹介したいと 思います。作者は遠藤淑子、『ヘヴン』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/24 22:04
プラスα
日本のシンデレラストーリーの原型、『落窪物語』を漫画化 したものをご紹介したいと思います。画は花村えい子の手に よります。優美な美男美女にうっとり(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/17 21:38
どちらまで?
一風変わった時代物の漫画をご紹介したいと思います。 古本屋で見つけました掘り出し物でした!作者は津田雅美、 タイトルは『ちょっと江戸まで』第1巻です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/10 23:13
メイド達の話
ホームズの姪っ子、クリスティ・ホープ伯爵令嬢の冒険譚 第4弾です。『クリスティ・ハイテンション』、作者は 新谷かおるです。原典からのは「六つのナポレオン」と、 「五つのオレンジの種」の2編ですが、ホープ家のスーパー メイド達(笑)、すなわちノーラの生い立ちと、 アンヌマリーの過去についてのお話もあって、とても読み 応えがあります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/06 20:57
帰還
絵を眺めているだけで幸せな『苺田さんの話』第2巻を ご紹介したいと思います。作者は小沢真理です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/26 20:51
日本語 II
楽しみにしていた第2巻めが出ましたので、早速読んで みました。蛇蔵&海野凪子の『日本人の知らない日本語』 です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/02/24 21:43
ご指名
新巻が出たので早速買ってしまいました。遠藤淑子の 『なごみクラブ』、第2巻です。だんだんキャラクターの 顔と名前が一致するようになってきました(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/15 22:15
モテない貴公子
お気に入りの漫画家さんの一人、波津彬子の作品をご紹介 したいと思います。「うるわしの英国シリーズ」の第1作、 『月の出をまって』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/10 22:40
足長坊ちゃん
この人の絵は、現代より少し前の、ゆっくりと流れる時間を 描き出すのにぴったりだ、と改めて思いました。勝田 文の 『Daddy Long Legs』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 21:08
赤ずきん
以前、「しかしてその実態は」というタイトルで紹介しまし た、原作大崎 梢、『配達赤ずきん』が漫画になっているの を見つけました。タイトルは同じですが、作画が久世番子と なっております。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/28 19:24
素敵な同居人
なぜかこの前の記事と洋服つながりになってしまいますが、 今日は『苺田さんの話』についてです。作者は小沢真理。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/07 21:57
出られない森
B●●K●FFで偶然手に入れたのですが、掘り出し物でした。 やはり本好きには、自分の行きつけの場所の舞台裏がどう なっているのか、気になりますものね?! 作者は磯谷友紀、 タイトルは『本屋の森のあかり』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/30 20:44
入浴シーン
……月曜日の長寿時代劇の一場面のお約束ではありますが、 今回の入浴シーンはテレビのではござんせん(笑)。原作 池波正太郎、画 大島やすいちの『剣客商売 5』巻です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/15 22:07
姫ねえさまの原型
環境を考える映画としても、また単に楽しむだけのためだけ にしても忘れられない一本として、「風の谷のナウシカ」が 印象に強く残っていますが、その姫さまのモデル、といわれ ていたのが「虫めづる姫君」。これが出てくる中世の物語と いうのが「堤中納言物語」です。で、ワタシが読んだのが、 坂田靖子の手になる漫画『堤中納言物語』という訳です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/28 22:44
キャリアウーマン in 御所
原文は言うまでもなく、現代語訳はおろか漫画ですらも読み 通したことが無い源氏物語に対して(自慢してどーするよ、 ワタシ)、『枕草子』は現代語のを、橋本治訳で読んだこと を覚えています。が、今回はさらにお手軽に楽しんでしまい ましょう、というわけで漫画の『枕草子』です。原作は勿論 清少納言、絵は面堂かずきです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/14 22:34
軽井沢にて
せっかく最近はブログを月曜日と水曜日には更新する、と いう生活のリズムができて来ていたのに、昨日は会社の人と の食事会が長引いて帰って来たのが遅くなってしまいました ……(涙)。つきあわされたその話が長いうえに……イエ、 このへんでヤメにしておきましょう。ここで記憶を再生して あの気分まで再現するのは愚の骨頂というものです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/01 22:06
日本語
母語として日本語を理解ししゃべることと、それを非日本語 話者に説明できることの間には、大きな隔たりがあるもんだ と、これを読んでつくづく納得しました。タイトルは 『日本人の知らない日本語』、蛇蔵&海野凪子共著の コミックエッセイです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/17 22:28
伝説の魔犬
名探偵ホームズの姪っ子、クリスティ・ホープ伯爵令嬢の 活躍の漫画です。著者は新谷かおる、『クリスティ・ハイ テンション』第3巻です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/12 16:25
こんどこそ!
お掃除関連書はいろいろあると思いますが、まず親しみやす さから入るとしたらこれ、と思っていました。池田暁子作、 『片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術』。 図書館で見つけて借りてきたエッセイ漫画です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/07/22 22:43
頑張るもん
エッセイ漫画と呼ばれる種類の漫画を読んだのは、これが 多分初めてです。作者は森下えみこ、タイトルは『独りで できるもん』です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/24 23:03
点目が好き
どうにも理不尽な目に合ってしまったり、なんともやりきれ ない気分になった時は、これでやさぐれた心を鎮めることが できます。原作池波正太郎、作画は大島やすいちの『剣客 商売』第3巻、です。剣劇で血なまぐさいなどと、ゆめゆめ 思わないでくださいまし。情趣にあふれ、筋のとおった 人々の活躍で、カタルシスを得られるのです(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/19 23:12
絵師と娘と弟子と
時代物の漫画は、『剣客商売』しか知らなかったのですが、 新しいのを見つけました。作者は杉浦日向子、『百日紅』 (上/下)です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/08 22:18
名探偵と吸血姫
ちょっと物騒?なタイトルになってしまいましたが、楽しみ にしていた漫画の紹介です。作者は新谷かおる、タイトルは 『クリスティ・ハイテンション』第2巻です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/29 22:16
英吉利の若旦那
P.G.ウッドハウスの『比類なきジーヴス』について以前紹介 しましたところ、花曜さんから漫画化されて出たとの お知らせをいただきました。本屋で目を皿のようにして、 棚に並んだ背表紙を舐めるようにして探したにもかかわらず 見つからなかったため、ネットで購入したのがこれです。 タイトルは『プリーズ、ジーヴス』第1巻、作者は勝田 文 です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/20 22:08
血は水よりも濃し
『砂の薔薇』を読んで以来ずっとお気に入りの新谷かおる 作品の『クリスティ・ハイテンション』をご紹介したいと 思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/01 21:57
もし呼ばれるなら
私は行ったことはないのですが、執事喫茶(? うろ覚えで すみませぬ……多分このような名称だったかと(焦))で 女性客は「お嬢様」と呼ばれるのだとか。その単語が意味 するであろう年代の範疇をとっくに通過してしまった人間と しては、たとえ向こうが商売で、かつ、お互い口先だけだと 分かってはいてもそんな語彙で呼びかけられるのはなんとも 背中がこそばゆいものでございます。 ですので、もし行く機会があったなら、姐さん、とでも 呼んでもらえたら……ありえないか(笑)。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/12 20:54
師走にぴったり
書店で見つけて思わす衝動買いしてしまいました。でも、 この時季にぴったりで、大当たりの漫画です。作者は わかつきめぐみ、タイトルは『シシ12か月』です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/01 20:20
待ちかねたり
刮目して(?!)待っていた漫画が出ましたので、早速読んで みました。原作 池波正太郎、作画 大島やすいち、しかしてその タイトルは『剣客商売』2巻です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/27 22:35
目には見えねど
世の中にはこの世ならぬものが「見える」人がいるようですが、 私には全くもって、そのようなモノを感知する力はありません。 が、この『百鬼夜行抄』は「見える」少年(いや、私が単行本 を買いはじめたころの主人公は高校生だったもので……)を 中心にお話がすすんでいきます。作者は、今市子。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/22 22:23
大切な目録
懐かしい人の漫画が文庫になってるな〜と思って手に取ったのが、 わかつきめぐみ作、『言の葉遊学・ご近所の博物誌』です。本書 にはそれだけではなくて、高校生たちを主人公とした短編、および 描き下ろしもすこし掲載されています。が、私の特にお気に入り なのは、『ご近所の博物誌』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/10/18 22:58
凝りはじめたら……
「ダーティペア」や「クラッシャー ジョウ」の作者としてしか 覚えていませんでしたが、私が自転車に興味を持つようになって から、なんだか急に目につくようになってきました。このSF作家と 女流漫画家、高千穂遙と一本木蛮によるコラボ、『じてんしゃ日記』 を紹介したいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 22:08
目標その1
以前、コメントいただいたブロガーさんから紹介してもらった、 こなみかなたの『ふくふくふにゃ〜ん』を読みました。 まだ1巻目なのですが、これがまたツボにはまりそう!! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/08 21:56
屍山血河
かつて私は、かの鬼平こと長谷川平蔵さまが実在していたとは 知りませんでした。……で、この漫画の主人公、柳生十兵衛も架空 の人物だと思い込んでいたものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/27 21:34
ほろ苦さと甘さ
最近お気に入りの漫画家の初期短編集を紹介したいと思います。 オノ・ナツメの『Tesoro(たからもの)』です。初期短編集、と いうだけあって、やはり絵はさすがに今の『GENTE』の方が 洗練されているなぁ、とは思いますが、こちらのこぼれそうな 目の人物たちもなかなか味わい深いものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/18 22:40
悩むところ(笑)
愛想笑いのあとの顔というのは、私の場合、微妙に頬骨の 下のあたりが筋肉痛になることが多いのです。先週の金曜日に 会社の夏祭りというプチ苦行を遂行してからどうにもそこが 気になったので、思いっきり離れた世界の出来事の中で精神を 遊ばせてやることにしました。……ま、はっきり言えば、 逃避ですネ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/04 21:26
パワーをくれる姫
たとえ微妙に絵がヘタ、という評価があっても、私には とても味のある絵とストーリーだなぁ、と思わせてくれるのが、 遠藤淑子という漫画家です。その中でもとくに、ちょっと ヘコみ気味かも、などというときにサプリ代わりに読むのが 『王室スキャンダル騒動』です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/30 21:43
気合い入れて
絵の感じは原作の方の「風の谷のナウシカ」に雰囲気が 似ているかな、とも思いますが、とにかく力強い感じの漫画 です。タイトルもそのままズバリ『魔女』(第1集と第2集)、 著者は五十嵐大介です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/23 22:03
刮目して待て!!
小説やドラマだけでは飽き足らず、書店で見つけて迷わず 買ってしまいました……劇画版、『剣客商売』1巻、原作は もちろん、いわずと知れた池波正太郎、作画は大島やすいち です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/14 20:21
こちらにも惚れぼれ
以前小説の方についても書いたのですが、今回はその 漫画バージョンについて書きたいと思います……原作は 田中芳樹、絵のほうは垣野内成美の『薬師寺涼子の怪奇 事件簿短編集SP』。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/23 22:49
珈琲とインセンス
ぽっかり空いた昼下がりとか、物寂しいけれども だからこそひとりで過ごしたい、などと思う日に よく合うのでは、と密かに思っているのがこの本…… というか、詩と絵の融合のような、やまだないとの 『Coffee and Cigarette』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/01 21:41
至福の一時
今日は会社の友人に連れて行ってもらって、創作料理の レストランで夕食にしました。外から見た感じは戦国時代の どこかのお館のようですが、中に入るとアジアンチックで、 どこかバリを思わせる(……行ったことはないのです。 ただの私のイメージです)雰囲気に、カーテンで仕切られた 個室が、蜂の巣のように立体的に配置されていて、なんとも 不思議な雰囲気でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 22:48
いや8割かも
会社の会議というものは、多分その下準備で5割がた片付いて しまっていると思うのです。 紙の資料を準備し、プロジェクタ用にエクセルでも何でも、 とにかく電子データを用意し(円でも棒でも、グラフがあるとなお よろし)、コーヒーの手配をして弁当の数も確認しておけば、 そして遠方からの参加者のために、帰りのタクシーの手配を終え れば、ほぼ終了……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/14 22:20

トップへ | みんなの「漫画」ブログ

姐さんの本棚 漫画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる