八百万+2名様

初めは古本屋で見つけるまで待っていたのですが、最近は待
ちきれずに書店で買うようになった数少ない漫画の一つです
(笑)。中村光の『聖☆おにいさん』第7巻をご紹介したい
と思います。

徐々にいろいろな神様が登場して来て、どの話を読んでみて
も楽しい限りです。
大物はギリシャ神話のボス、ゼウスでしょうが、わが日本の
八百万の神様たちも、イエスとブッダのアパートにちょこ
ちょこお邪魔しているようで、例えばトイレの神様(点検の
あとは景品進呈(笑))に畳の神様、竃の神様、etc。日常
生活密着型の神様もこうして登場した以上、太陽の女神、天
照大神はどんなお顔に描かれるのか(あるいは描かれないの
か?!)興味津々で、今からわくわくしています。

イエスのお母様と言えばかのマリアさまですが、彼女のお顔
を今回初めて拝見させていただきました。とても優しそうな、
素朴な感じの娘さん、といった感じにワタシには見えました
……それでいて、とある演歌歌手のコンサートに来ているお
ばさま達と仲良くなっていたりと、そのギャップが何とも可
笑しくてつい笑ってしまいます。

また、同窓会というのは、聖人男性にとってもツラいものだ
ということが判明(笑)。ブッダの悟りを持ってしても、他
人の嫉妬から逃れることの難しさや、その後の気疲れや後ろ
めたさは大きなもののようでして、彼の人間っぽさもまたツ
ボです。
居酒屋で別のグループの宴会に紛れ込んだペテロとアンデレ
の兄弟の盛り上げ役もなかなかたいしたものでしたが、やは
り、イエスとブッダにとっては気心の知れた弟子たちと呑む
のがいいお酒なのでしょうね(笑)。



聖☆おにいさん(7) (モーニングKC)
講談社
2011-10-21
中村 光
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖☆おにいさん(7) (モーニングKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



↓九十九神も追加
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック