姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康とは

<<   作成日時 : 2008/10/26 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トシを重ねて幾星霜、ハリ、つや、といったコトバなんて意識も
してなかった高校生のころとは違ってあちこちにメンテナンスが
必要となるお年頃となってきましたものですから、こういった本
には、ついつい手が伸びてしまいます。著者は奥谷まゆみ、
タイトルは『おきらく整体生活』です。

改めて意識し始めるとかえって悲しく、落ち込みそうになるので
なるべく考えないようにしているのですが、確かに代謝が落ちて
いるな〜、と思うのです。消化しきれずに残った飲み会の酒精や、
ほんの少しばかりのこすのもなんだから、と胃の腑に流し込んだ
夕食の残りなどが、確実に、もれなく脂肪に変じてついて欲しく
ない身体の部位に堆積していくのが感じられるのです。

その上日中は仕事で座ったきりほぼ動かない生活、筋肉も崩れ、
姿勢も猫背で、となりで貧乏揺すりをしているオジサマに酷似
していく焦りと恐怖……!かといって無理に運動し始めると腰を
いためてしまったり。自分の身体について、何が必要で、何が
不要なのかを、この本で整理して考えることができたように思い
ます。

正直言いまして、本の中のイラストは熊がモチーフで、足湯を
していたり、こんにゃく湿布を貼っていたりする姿は実際に
人間が行うためには不正確で情報が不足していると思うのですが、
著者の「生きているだけでカンペキ!」という言葉には勇気づけ
られます。

そのうえで、四季の変化のときの過ごし方や、カラダの声を聞いて
過食を理解すること、まずは排泄をうまく行える身体にしていく
こと、などなど、より良く生きるためのヒントをやさしく、分かり
やすく教えてくれるのです。あくまでも入門編といった感じで
しょうけれど、まずはとっかかりとして読んでみるのもよいかと
思います。

もう一つ現実的だと思えるのは、身体に悪いからと言ってあれを
摂らずこれを採らず、山奥にこもって自給自足、のような暮らしは
イヤ、といっていることです(笑)。昔何かで見たか読んだかした
「美味いものは体に悪い」といって葉巻やらワインやらをこれ見よ
がしに口にしていたお爺さんをふと思い出しました。例えこういう
悪いものを食べていたとしても、肝臓などの働きでうまく流して
いくカラダにしよう、と呼びかけている事に怠け者かつ享楽的な
ワタシは共感してしまうのです。








おきらく整体生活 (ちくま文庫 お 54-1)
筑摩書房
奥谷 まゆみ

ユーザレビュー:
身体に耳を傾ける整体 ...
カラダの力を実感しま ...
イラストが笑える数あ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康とは 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる