姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・料理とミステリ

<<   作成日時 : 2009/01/07 21:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

本来でしたら今日は1月7日ということで、七草粥のはず
ですが……実家ならともかく、わざわざこのお粥のために
七草をスーパーで買ってくるのも面倒だし、余ってしまって
悪くしてしまうのも気が引ける、と言い訳上手な(?)私は、
夕飯を今朝の残り物のアレンジとしてしまいました。

ですがせめて読むものだけは美味しいものを、と今回は前に
書いたフレンチレストランが舞台のミステリ第2弾です。
タイトルは『ヴァン・ショーをあなたに』、作者は近藤史恵
です。

奇しくも7つの短編からなる一冊ですが、私の一番のお気に
入りは「憂さ晴らしのピストゥ」です。ピストゥとは何ぞや、
と首をひねった私ですが、バジルとニンニクをオリーブオイル
と一緒に滑らかなペースト状にしたもの……という説明書き
を読んで分かった……とは言いがたいのが口惜しいところです
(笑)。プロヴァンス料理では欠かせないソースだとも
書いてありましたが、フランス料理ともプロヴァンス料理とも
縁遠い生活なものでさっぱりです。読んで想像するだけなの
ですが、なんとも良さそうな雰囲気の一皿に思えてきました。

が、このピストゥを話題にしたお客というのは単に流行に
乗っただけのベジタリアンなのですが、彼女たちがわがまま
放題に振る舞える別のフレンチレストランのピストゥには、
ある秘密がありました。

このビストロ、パ・マルのシェフ三舟さんと志村さんはその
秘密に気づいてしまいます。別のフレンチレストランのシェフ
が、お客に黙っていてくれたことについて一応お礼らしき
ことを言いにくるのですが、それに対して三舟シェフは、料理
人の誇りについて語りました……。彼のようなプロとしての
矜持を持った人の料理こそを味わいたいものです。





ユーザレビュー:
ごちそうさまでした! ...
温まります。『タルト ...
目指せ!ミステリ界の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓今年こそ料理にチャレンジ!
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
七草セット、毎年スーパーでこんな土手に生えていそうな物に298円も出すなんて…と思いながら買ってます(^_^;)


ビストュ…イタリア風ならジェノバペーストってやつですよね。
スパゲティのジェノベーゼに使われている。
フランスだとそんな言い方になるのでしょうか。
花曜
2009/01/08 21:19
花曜さん、季節の行事を楽しんで
いらっしゃいますね〜。
新たな年が始まったのをしっかり
確認できるような気持ちになると
思います。

ピストゥ=ジェノバペースト
ですね?! 勉強になりました。
食べる機会は別に譲るとして
(私にはそんな機会が来るの
かっ??(苦笑))料理の種類を
知っているというのは、格好イイ
ものですよねぇ〜。憧れですわ!!


小むらさき
2009/01/12 20:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・料理とミステリ 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる