姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 若旦那と妖たち(2)

<<   作成日時 : 2009/01/14 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

本屋に行ったときに引き寄せられるように手に取ってしまい
ました……しゃばけシリーズ第2弾『ぬしさまへ』、作者は
畠中 恵です。

今回は前回のとは違って短編集でした。まずは表題の「ぬし
さまへ」、若旦那の幼なじみが巻き込まれるお話の「栄吉の
菓子」、若旦那の腹違いの兄を描いた「空のビードロ」、
何やら怪しげな布団にまつわる「四布の布団」、千年の片恋
「仁吉の思い人」、そして若旦那が常ならぬ妖たちの様子に
とまどう「虹を見し事」の6編です。

私が好きなのは「ぬしさまへ」と「四布の布団」です。
何ともすごい金釘流の付け文が仁吉のたもとから出てくる
のですが、その差出人(?)と思われる娘さんが殺された
ということで、日限の親分がやってくるのですが、長崎屋の
手代は若旦那が一番で、女のことになんぞかまってはいられ
ません。ましてその殺されたという夜は火事が出て、一太郎
坊ちゃんを逃がすので佐助と仁吉は手一杯、疑われるなぞ
心外もいいところ、というわけで、妖たちが協力し(濡女
が初お目見え)真犯人をつきとめる……のが「ぬしさまへ」
というお話で、もう一つの「四布の布団」は、二人の兄や
たちから若旦那の父藤兵衛までの、若旦那への甘やかしぶり
がなんとも微笑ましい一編です。

何度か繰り返してはこの二つのお話は読みましたが、どう
にもため息が出てしまったのは「仁吉の思い人」です。
千年も報われぬ思いをよく持ち続け、しかもその相手の許に
とどまっていたものだと、なんとも胸塞がれるような
感じでした……とはいえ、こうして様々な人の気持ちを
味わえるというのも、読書の楽しみでもあるのですが。

次の巻がまた楽しみになってきました♪



ぬしさまへ (新潮文庫)
新潮社
畠中 恵

ユーザレビュー:
前作に増して軽快、愉 ...
魑魅魍魎好き前作から ...
しゃばけを読んだらこ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓ラブレターの字は読み易く(笑)
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しゃばけシリーズは人気ありますね。
やたらとにぽぽの周りではみんな読んでます。
映画の影響もあるのかしら??

にぽぽは出遅れていますが、このシリーズは読もうと思ってます〜(^^
応援( v^-゜)σ★

にぽぽ
2009/01/15 23:27
にぽぽさんの周りでも
読んでらっしゃる方多い
ですか(^O^)ノノ
しんみりする話もあれば、
若旦那とトボけた手代たち
とのやりとりでほのぼの
することもあり、本当に
おススメですよ。
ぜひぜひ読んでみてください
ませ〜(^O^)/""
小むらさき
2009/01/19 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
若旦那と妖たち(2) 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる