姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 怖さからの訣別

<<   作成日時 : 2009/02/11 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

誰しも行くのがおっくうな医者の種類の筆頭に挙げるのが
歯科医、ではないでしょうか。私の場合は眼科の次に気が
重いところでした。そんな歯科医嫌いの女子大生を主人公
とした、日常のミステリを解きほぐしていくお話が、
坂木 司作、『シンデレラ・ティース』です。

母親の巧みな陰謀(?)によって夏休みの一ヶ月間、受付
として叔父のつとめる歯科医院にアルバイトすることに
なった叶咲子。院長をはじめとして、歯科医の唯史叔父さん
と、同じくドクターの成瀬吉人先生、歯科衛生士の歌子さん、
中野さん、春日さんに事務の葛西さん、そして歯科技工士の
四谷さんというメンバーで、やってくる「お客様」(この
クリニックでは患者さんはそう呼ばれるのです。ちなみに
「医者はサービス業」。この徹底した姿勢が好きです)に
まつわる小さな謎を解いていくのです。

歯科医、ということで様々な印象を持つお客様たちの心の
ケアを含めて話が進んでいくので、読んでいるこちらも
なんだか自分が癒されている気がします。本当に歯科
恐怖症、という病気があるのだと、この本を読んで初めて
知りました。

私はどうにもトラウマがない主人公には感情移入しにくい
タチで、何の悩みもなさそうな登場人物には、おシアワセ
でいいわネッ、とやっかみ半分で洟も引っ掛けないのです
が(いえ、半分どころか、九分九厘(苦笑))、この
叶咲子というヒロインは、何故か憎めませんでした。
それどころか、この何も知らない、苦労知らずのコが、
受け身の姿勢からだんだんと前に進もうとし、世間には
いろいろな人がいるのだ、と理解し努力して勉強していく
姿に、なんだかちょっと応援したいような気分になって
しまったのです。
……これは、私にしては非常〜〜ぉに珍しいことです。
彼女が無口な四谷さんに惹かれていくところも、また彼
自身も咲子さんとの関わりによって変わっていくところも
ほほえましく見守っていられる……そんな気にさせて
くれた、希有な一冊でした。




シンデレラ・ティース
光文社
坂木 司

ユーザレビュー:
大好きですヒロインと ...
理想の歯医者さんでミ ...
登場人物の・・・描き ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



↓芯のつよいお姫様への羽化
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
歯医者でバイトをしていました。
だからといって進んで行きたい所では有りません。

見ていて一番気持ちよかったのは抜歯ですね。
歯槽膿漏や神経を抜いた歯は脆くて途中で砕けたりするのですが、綺麗に抜けると見ていて壮快です(笑)

逆に一番嫌だったのが電気で焼き切るメスですね。
邪魔な歯肉を焼き切るんですけど臭いがもう…。
花曜
2009/02/12 21:16
花曜さん、勇敢なひとだ……!!
抜歯が見ていて気持ちいい、と
言える境地にたっしてらっしゃる
とは、すごいですねぇ〜。

歯肉を焼き切るとは、歯槽膿漏
とかの治療で、でしょうか?
想像するのすらもおっかな
びっくりですよ。貴重な経験
をされましたね(^o^;;)b!

小むらさき
2009/02/16 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
怖さからの訣別 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる