姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説版?!

<<   作成日時 : 2009/12/21 22:27   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

イギリスにまだ婦人参政権もなかった時代、夫の遺した
ホテルを切り盛りし、せいいっぱい頑張っている女性がヒロ
インです。著者はケイト・キングズバリー、タイトルは
『ペニーフット・ホテル 受難の日』。

もちろん、たまに亡き夫を思い出しては涙にくれる愛らしい
女性ではありますが、これを読んでいて、どうにもワタシは
遠藤淑子の『マダムとミスター』が、頭の中でかぶって
しまって仕方がありませんでした(笑)。

やたらと奥様を心配するホテル支配人のバクスターは、
執事のグラハム、そして無茶をしつつも(いえ、そのせいで
目の離せない)何かと頑張ってしまうセシリー・シンクレア
が、あの元気な奥様、グレース・ジョンストン。読み進む
につれてこの4人がシンクロしてしまい、イメージが行った
り来たりで、かなり忙しい思いもしましたが、楽しめる作品
です。

このペニーフット・ホテルは、特に都会の真ん中にあるとい
うわけではないのですが、その静けさとプライバシーを求め
て利用するやんごとなき方々も多くいました。最後に正体
が判明する大物は、読んでのお楽しみ(笑)。

ところが、その宿泊客のうちの一人、エレノア・ダンベリー
が死亡してしまうのです。さあ、ホテルを預かる女主人と
して、セシリーの活躍が始まりました。
ワタシがお気に入りなのは、バクスターに葉巻を求める
シーン。2カ所あるのですが、両方ともいい感じです。

ホテルの常連客や使用人のメイド達とのやりとりもなかなか
笑えます。続きも出ているようですので、ちょっと楽しみ
な一冊です。





ペニーフット・ホテル受難の日 (創元推理文庫)
東京創元社
ケイト・キングズバリー
ユーザレビュー:
洒落た推理と笑えるド ...
エドワード朝の、リゾ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓ヘンリーを探せ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小説版?! 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる