姐さんの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS 体験学習

<<   作成日時 : 2010/03/22 22:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

上の表題から思い起こされるような、明るく平和なイメージ
からほど遠いようですが、映画にもなった『ぼくと1ルピー
の神様』、作者はヴィカス・スワラップをご紹介したいと
思います。

物語は、18歳のウェイター、ラム・ムハンマド・トーマス
が逮捕されたところから始まります。クイズ番組で不正を
した、というかどで(とはいってもTV会社側のでっちあげ
なのですが)警察にひっぱられていたのです。なぜ、一介の
ウェイター風情がクイズに答えられたのか……?その答えを
13問の問題それぞれについて、ラム・ムハンマド・
トーマスが説明していく、という筋立てになっています。

それにしても、過酷すぎるほどの経験を強いられてきた
主人公の精神の強さとたくましさには、圧倒されっぱなし
でした。劣悪なアパートに住んでいたり、親友とあやうく
障害を負わされそうになったり、強盗に襲われたり、普通の
人が味わう(かもしれない)苦労の何倍ものそれを、たった
18年の人生の中で嘗めつくさなくてはならなかったのです
から、度胸がつき、頭の回転が速くなるのも当然でしょう。
そうであっても、変な風に曲がらず、まっとうな道を進もう
としている姿から目が離せませんでした……結構なページ数
の本でしたが、次から次へと読み進めました。

彼が心のよりどころにしていた幸運の1ルピーよりも、
はるかに素晴らしいもの……賞金として得た10億ルピーも
そうですが、運は自分が作り出すものという気づきと、大事
な人をその手に取り戻せたこと……を得られたことに心から
良かったね、と言ってあげたい思いになりました。


ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
ランダムハウス講談社
ヴィカス スワラップ
ユーザレビュー:
映画より落ち着いて楽 ...
全ての子供達に。全て ...
映画よりもいい。今年 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



↓ヒンドゥー/イスラム/キリスト
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これ面白かったですね。

タイトル全然違うので原作本と知らない人も多いみたいです。

2010/03/25 22:54
あっという間に読み進められちゃい
ましたね〜。
なぜその答えがトーマスに分かった
のかという謎ときをしつつ、インド
の現況も分かる、得した気分に
なれます。映画はどんなふうなの
か、興味あります…!
小むらさき
2010/03/26 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
体験学習 姐さんの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる